~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年12月18日 (日) | 編集 |
岡山駅へ戻ってきた私
新幹線の時間まで少しあったので
駅内をのぞいてみたら、行列無しで速攻イン!

SH3K1909
麺屋 匠さん

ちなみに
「麺屋たくみ」→「麺屋匠」

奥さんは小奇麗な制服を着て
レジに立ってらっしゃった。
御主人は麺茹でかと思いきや
なんと仕上げを担当してはった。

麺茹では、キリリとした
気合いの入った男性がスパスパ茹でている
なるほど…いいスタッフさんに恵まれたんですね。
仕上げのビジュアルは大事だから
これを別のスタッフさんに教えているようにも見受けられました。
年中無休だから、スタッフさんが出来次第
御夫婦は安心して休みが取れるということかな?


SH3K1910
水はやや綺麗
メニューを見れば
当然かもしれませんが
限定とつけ麺が無くなっていました。
まぁ、ここの出来を見るのはこれが一番です。


SH3K1911
たくみラーメン(750円)

旧「たくみそば」のことです
相変わらず
まろやかな醤油豚骨…と言いたいのですが
さすがに少々味が薄くなってしまっている。


営業時間と仕込み杯数を考えたら
煮込み時間に差があるのは仕方ないのか

……ではない!

これは、厨房火器の変化によって
スープの出来が変わってしまっている
ぶっちゃけると
厨房の温度が下がっていると思われます。
だから同じ時間煮込んでいても
煮込みの足りないスープになってしまう。

これはタレにも出ていると思います。
もっと奥深いはずだった醤油ダレ、少し味が浅い。
(煮卵・メンマ・ネギに変化は無し)

こればっかりは
厨房を使い慣れて調整しないと無理です。
頑張ってくださいませ

まぁいずれにせよ、
新サイドに加わった「デミかつ丼」を食べていないので
結局私は未食扱いかな?(笑)
少し時間をおいてから再訪しましょう

今まで「実」で岡山最強と唄われたお店ですが
「名」の部分でも
そして新しい厨房を使いこなしての
さらなる「実」でのご発展を果たし
名実ともに岡山の顔となってくれる事を
ファンの一人としてお祈り申し上げます

麺屋 匠
  場所 :  岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山南館 2F
  TEL  :  086-222-0206
営業時間 : 11:00~22:00
  休日 :  日曜日、月曜の昼
  席数  : 20席ちょいくらい?
 駐車場 : なし


過去の「麺屋 匠」さんのレポ
1、たくみそば
2、つけ麺(鶏ベース醤油)
3、塩ラーメン
4:たくみチャーシュー
5:特撰しょうゆ
6:たくみのつけ麺(とりがら)

------------<↑ 大雲寺時代 ↑>--------------
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。