~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年11月27日 (日) | 編集 |
高槻の一発屋さんで、
23.24日に年一回の限定が出る

という面白い情報を頂きました。


七夕みたいね…(^▽^;)


と面白半分ではありましたが
そろそろ原付はパッチが欲しいな…
と思いながら行った、高槻の


SH3K1832
一発屋さん


SH3K1833
シャッター半開きにして
限定に興味の無い常連さんが
分かりやすいようにしている…親切だ…!

大将&男性スタッフさんは
とても気の良い笑みで出迎えてくれる

水は綺麗で飲みやすい
カウンターには
今回の限定の説明書きがあったのですが
私が見ていたら、スタッフさんが
その紙の一枚を私にくれた…親切だ…!(笑)


SH3K1834
第五回
素材にこだわる100食限定のラーメン
「六白黒豚」(1000円)


写真ミスってスマソ!
でも、かなり白いスープ
香りをかぐと…脂ではない!
これ、出汁系豚骨だ!
たまらず、ひとくちすする


(((( ;゚Д゚)))うおおおおおお!?


脂が少ないのでインパクトこそないものの
すーっと入ってくる
極めて滑らかな出汁系豚骨!

魚介も入っていると書いてましたが
あくまで味の幅を広げるための隠し味程度
メインとなるのは豚の味


SH3K1835
麺はやや高加水の中太平打麺
小麦感は乏しいものの、食感の存在感あり。
これはまだOKでしたが
具のもやしがもったいない
クチの中で薄まってしまう…!

チャーシューは
部位の違う物を入れたり
豚つくねがあったり。
しかもどれも素朴な旨味があり
とってもナイス!

出汁感のあるスープは
量も多く満足感がありました。


帰りしな大将に
「初めて来たのですが、また定番を食べに参ります」
と言うと
「今回ほどではないですけれど
 少しはマシな物を出せてると思います」
とにこやかな顔で御謙遜。
ならば
ひととおり食べにくるとしますか♪


やっぱ限定って大事ですね
確実にキッカケになるし
そこから、
後日の売り上げを生む事もある。

定番が美味しいお店ならバッチシですが
定番が今一つであっても
限定を続けることで突破口が開ける事もある。
限定は大事…!


というわけで
次の日さっそく再訪
限定やって良かったですね~(笑)

普段のお店構えは、こんな感じの


SH3K1838
一発屋さん


SH3K1839
定番メニューを見たら、色々やってるんですね…
激辛ラーメン、夏には冷やしまで



SH3K1840
博多長浜ラーメン(650円)


紅ショウガやめてー!
(((( ;゚Д゚)))がーん



人によって、ラーメンの禁忌ってあると思うんですが
私にとっての禁忌のひとつ「ラーメンに紅ショウガ」

ちょっち気落ちしたのですが(笑)
スープはやはり骨の出汁感がしっかりと出ています。
脂はほとんどなく、あっさり仕上げ。
タレはシンプルにして
出汁感ひとつで勝負をかけてきている。

ライトトンコツというと
とあるお店をいつも想像していましたが
そのお店は「アレ」頼りで出汁感皆無。
これこそがライトトンコツと呼べる物ですね。


SH3K1841
麺は少々頼りない
「へにゃ」っとした食感
そしてこちらも、モヤシが入る。

これが長浜かと言われれば
首を縦に振ることはできませんが(爆)
ライトトンコツというジャンルの中で考えると
素晴らしい一杯であると感じました

一発屋
   住所 :  大阪府高槻市城北町2-14-23
   TEL : 072-661-6061
営業時間 : 11:30~27:00
  定休日 : 火曜
   席数 : 9席
  駐車場 : なし

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。