~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年10月25日 (火) | 編集 |
バタバタしていて
「わくわく和え麺ろ~ど」の2周目制覇は、
ほぼ絶望的か…?

ならば、いっそのこと割り切って
まだ食べていない10月限定和え麺を食べに…


ししんでんししんでん♪
麺匠 四神伝さん へ


SH3K1607
四神伝さんでは
偶数月に限定を出されています
今月の限定はこちらの


SH3K1608
秋のクリームまぜそば(850円)

豚骨とタレを混ぜ込んだ
ベシャメルソースは
非常に滑らかな舌触り

さらに粉チーズも仕込んであり
混ぜると麺の熱で
麺にソースが綺麗に絡む
黒胡椒での、ちょっとしたパンチも忘れない。


ウメ━━━(゚∀゚*)━━━ッ!!!!!


濃縮感のある
ミルキー豚骨のような味わいが
手もみ形状の麺(和周醤油の麺)に絡む。

・乳製品(牛乳・バター・粉チーズ)
・豚骨スープ
・タレ

の3者が、どれも飛び出すことなく
絶妙なバランスをもつ味わい


SH3K1609
一見、
ソースの量が少ないように見えるのですが
食べてみると
ソースの旨さを感じさせながらも
麺の食感と味を一切マスキングさせていない。

1本の麺に、1杯のラーメンが
濃縮されているかのようだ!

そして
キノコ、鮭、細かく切った端っこチャーシューなど
具が意識せずとも絡むので
食感面で飽きさせる事が全くない。

隣に置かれた鶏ガラスープは
スープとして飲むのもアリですが
個人的には
残りが1/3くらいになったところで
レンゲ1杯だけ、かけて混ぜて食べると
最後が少しあっさりして
後口が、より良い完食具合になります。

男性ターゲットの「油そば」ではなく
女性にも食べてもらえる「まぜそば」
を目指したそうですが
見事何度もリピートされている
女性がいらっしゃるとか…

麺を全部食べ終わったら
具がほとんど残らなかったのも
御主人ならではの
バランス感覚がなせる業なのでしょう。


<少し脱線>
言葉の使い方は、
皆様あるとは思いますが
私は、「油そば」「まぜそば」など諸々を合わせて
「和え麺」と呼んでおります。
つまり

・ラーメン
・つけ麺
・和え麺

と、食べさせ方のスタイルで分けております。
その「和え麺」を細分化すれば

<油そば>
「油」or「脂」をしっかり使い
タレの塩分と油味のボディで食べさせるもの

<まぜそば>
油は少量
タレ・ソース(タレ以外のプラスアルファ) or タレ・極少量のスープで
混ぜた時に麺に味がのるもの

などなど
分けられてくるという意味合いです。

<脱線終わり>


さて、
少しお話させていただいていたら
やはり我慢が出来なくなり、もう1杯(笑)
2年3ヶ月ぶりの…


SH3K1610
和風醤油らーめん(600円)


ウメ━━━(゚∀゚*)━━━ッ!!!!!


基本的な感想は、この時と基本同じ (←はしょった 爆)

2年3ヶ月前と比べると
麺の味だけ若干変わったかな?
(同じ種類の小麦であるかどうかの自信は無いが
 同じ小麦であっても
 農産物なので、微妙な変化はあるかもしれない)

それにしても
スープ、美味しいタレ
そして何よりバランス感覚
そのあたりの立ち位置が全くブレる事が無く
小麦高騰などの色々な事がありながらも
未だに価格を保っていることに
正直頭が下がりました。

そして御主人は
私の和風醤油を作った後
夜の限定の為のベシャメルソースを仕込んでいたのですが
私と話している間中
ずっと、ベシャメルを一定リズムでかき回していました。
あの手間が
今回の滑らかさを生んだんだな…(゚ω゚=)スゲ

麺匠 四神伝
   住所 : 守口市藤田町3-20-12
   TEL : 06-6904-0888
営業時間 : 11:00~14:00
         18:00~23:30(LO)
  定休日 : 水曜
   席数 : 16席

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓



過去の「麺匠 四神伝」さんのレポ 
1:和風しょうゆ
2:豚骨醤油らーめん(スパイシーレアチャーシュー入り)
3:豚骨塩
4:炎のカレーつけ麺
5:和え麺
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。