~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年03月10日 (月) | 編集 |
<初来訪>2008年2月28日

中津・・・
以前、「○や○」という水の質の悪さを
全く意に介さない店に入ったのがきっかけで
正直避けていたエリアです。

この近辺の水に対し、何とも気にならない方には良いのでしょうが
田舎暮らしの長かった私にとって
水の質の悪さだけは、どうにも我慢なら無い部分があるのです。


そんな避けてたエリアなのに
よく耳に聞こえてくるのが、この前に御紹介した「弥七」と、ここ

目立つなぁ・・・

総大醤(そうだいしょう)

今、こちらの2件目となる「塩元帥」が話題を呼んでいるので
そこに行く前に、基本となるこちらに来ておきたかったのもあります。

水は・・・・・・・・・かなりカルキです・・・
この近辺の、「○や○」より若干マシ
でも、良いとは言ってあげれません。

悩みながら頼みました・・・・・・

待ちながらお仕事ぶりを拝見していたのですが
こちらの店長さん(ごっつい顔してる方)は
ほんと実直な仕事ぶりです

スープやタレのすくい方は丁寧だし
麺の湯切りは、腰を入れて細かく優しくしている。

この点では、安心感を与えてくれます。

出てきたのは「Cセット」(750円)

弥七でご飯物食べとくんだった・・・

醤油ラーメン(600円)+チャーマヨ丼(300円)
が、ランチタイムでチャーマヨ丼半額

少し多めのスープ
トリガラ、酸味、揚げニンニク(結構入ってる)・・・柚子の皮も少し

うーん・・・
乱暴な言い方をしたら
甘味の少ない鶏南蛮の香り・・・


やはり水か・・・(; ̄3 ̄)


コクはそんなに無い綺麗なスープ
水の影響をマスキングするために
酸味と、揚げニンニクの香りと旨味をを入れざるをえなかったのか・・・

麺は、標準加水率の中太ストレート麺
麺がもう少しスープを持ち上げてくれたら・・・と思います。

ザクザクメンマ、ネギ、のり、ナルトは普通
チャーシューの肉肉しさは良いです
(噛むとキュッキュ音がするのがちょっと・・・・・・)

チャーマヨ丼は、そんなチャーシューに
舌触りマイルドな「自家製マヨネーズ」
ランチタイムでお安くなるのは、正直嬉しいですね。


ううううううううううううううう・・・「水」だけ!

「水」の問題がクリアになれば
仕事ぶりの良い部分が、もっともっと鮮明に丼の中に現れるのに!


ただ、
水に対する店側の挑戦は、ひしひしと感じることが出来ました。
水を気にされない方には、間違いなくお勧めの名店だと思います。

(だから、今回載せました)

総大醤  

   住所  : 大阪府大阪市北区浮田2-4-16
   TEL :  06-6375-8260
営業時間 :  11:00~15:00
         17:30~24:00  (日祝は11:00~24:00)
  定休日 : 水曜
   席数 :  12席
 駐車場 : なし
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。