~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年07月08日 (金) | 編集 |
3年ぶりに行った

SH3K0888
秀一らあめんさん


SH3K0887
運がいいのか?
ちょうど行った日から提供開始だったとか…


SH3K0885
草食系キムラくん+チャーハン


( ・_・)「和風と韓流どっちにしますか?」


とオネイサンに聞かれ
「和風」と言ったにもかかわらず
差し出されたのは「韓流」のタレ(爆)
それにしても…


SH3K0886
写真と比べて
量も盛り付けも違くね?
(((( ;゚Д゚)))がーん



味付は普通に美味しいが
タレ少量でも、麺が飲まれてしまう。
パキパキの細麺ではなく
もう少し太い弾力系だとバッチリだったのかな…


キムラ君創始者たる釜たけさんの真意は
ボディを持たせるためのラー油
引き締めてバランスを取るためのキムチ

つまり、意味があるから入れている

これはタレ主体の食べ物になってしまい
キムチの意味がない
そこで


SH3K0884
このサービスキムチを使ってみた
これでやっとアクセントが出てきました。

でも
秀一さんは秀一さんで
自分のアイデアを盛り込んでいた。
これは素敵なことだと思います。



それにしても
創始者の理想とはかけ離れて
ただ単に、キムチとラー油を入れただけ
の物が増えそうですね。
今回の「キムラ君ブーム」を通して
「ブームに乗っかるだけのお店」なのか
「想像力・腕前で魅せる事が出来るお店」なのか
多くの方に理解してもらえるのではないでしょうか



秀一らあめん


住所 : 吹田市穂波町21-23
TEL :06-6338-0312
営業時間 : 11:00~15:00 
       18:00~22:30
定休日 : 日曜日
席数 : 13席
駐車場: 路駐はやめたほうが・・・(笑)

過去の「らあめん秀一」さんのレポ
1:つけ麺
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。