~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年05月26日 (木) | 編集 |
なに?
神戸に12時?

所用でそうなった私
だったらお昼は…(キラーン)
というわけで、ほぼ2年ぶりの、

周りに「ラーメン」って看板あることもあるので、間違えないようにしてくだされ
麺道しゅはりさんへ


藤本さんは、農業の道に進み引退
藤本さんとタッグを組んでいた男性もおらず
(休みだったのかな?)
名物おかんと、若い男性が一人
この方が新しい店主、木戸さんか…

調理は、藤本さんを思わせる
ストイックさが出ており
見てる方に安心感を与えることでしょう。

まず、お願いしたのは  (←まず?)



SH3K0700
とりそぼろの冷潮(850円) 

「梅ネギ」「ピリ辛ネギ」「ノーマル」があり
ノーマルで注文

混ぜる、すする…

インパクトよりも
優しい口当たりを重視する「しゅはりカラー」
そして、バランスを保ちながら
舌の上に味が蓄積されていき
強く長い余韻を与える「しゅはりカラー」


SH3K0701
潮ジュレが素晴らしい!

魚介の旨みが濃縮されたような感があり
綺麗な塩を先頭に
味わいが舌の奥に向かって
色々な場所を刺激しながら上ってくるのがわかる!

筍とネギで食感
ひき肉は、ジュレを壊さぬよう少しだけボディ
素朴な旨さを称えるチャーシューは
思わず動きが止まり、
ゆっくり噛むことに集中させられる。


(*´▽`)お・み・ご・と♪


やはり行かねばなるまい2杯目を   (←やはり、の基準が分からないって…)
外に並んでいる人がいないことを
チェックしたうえで注文


SH3K0702
潮らぁめん(700円)


基本同じ
代替わりして、まだ2ヶ月たっていないのに
同じであることが素晴らしい。

少し間違えると
もろ刃の剣になりそうなワカメも
味の付け方・食感で
とってもイイところでキープされているし
チャーシューは、これまた
じんわりじんわり来る旨さ。

そして
海苔を液面につけないところがいい
もちろん食べるときは触れますが
海苔の風味が、より強く…というか残される。
これこそ海苔のアクセント
これらが組み合わさって


ウメ━━━(゚∀゚*)━━━ッ!!!!!


チェーン店ですら、人変われば味変わる
それを無添加のお店で成し遂げるのは
相当な努力もさることながら
しゅはりさんの味に「心酔」レベルで
惚れ込んでいないと無理ではないかと感じます。

兵庫を代表する名店の味が
一子相伝の如くに受け継がれた事を
とても嬉しく思います。

麺道 しゅはり
  住所:神戸市灘区桜口町5-1-1
       ウェルブ六甲道5番街1番館 → 地図
(1番館の最北西の店)
電話番号:078-843-1806
営業時間:11:30~14:00
       18:00~23:00
  休日:月曜
  席数:9席
 駐車場:なし

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓



過去の「しゅはり」さんレポ
1:潮らぁめん
2:冷潮らぁめん
3:海老塩ワンタンメン
4:大人の灘潮らぁめん
5:冷潮つけめん
6:禁断の味噌らぁめん
7:潮らぁめん (新麺)
8:塩ざるそば
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。閲覧は常時していますよ(笑
3月の引退日に堪能して以来こちらさんも御無沙汰ですが、一子相伝というか継承されていることは仰せのとおりなかなか出来ることじゃありませんよね。ぜひ行って確かめてみたいですね!
2011/05/29(Sun) 02:50 | URL  | ぶらいあん こと silence_suzuka #I4t1ZHtI[ 編集]
>silence_suzukaさん

ご無沙汰しております
私はホントご無沙汰でした
ずっと季節限定とかやってたのに
それすらも行けてなくて
西宮で完璧に足止めされてました(笑)
2011/05/29(Sun) 15:08 | URL  | 麺多浪 #oDLmhaF2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。