~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年02月12日 (土) | 編集 |
おお
区切りのいい30回レポがイベントでしたか
こりゃ張り切ってまいりましょう~!


ポッカポカ麺ロード 5 : 
旨味噌 Wシークレットまぜそば@たんろん


前日、たか和さんと連食の予定でしたが
出直してチャレンジしに参りました


名前の由来はブルース・リー
たんろん さん

お客さん多く、ヲタ臭も濃いねぇ
エエこっちゃ♪(笑) (←コイツも、その一部)


せつめ

たんろんさんの限定麺は
仕掛けが色々もりこまれておりました。

コールは「竜田3枚」
(コールしないと1枚ですよん)



W
旨味噌 Wシークレットまぜそば(950円)

「秘密の味がふたつある」
というイベント性の高い一杯
別添えの油がある変化系の和え麺なのですから
秘密を仕込むのは、「タレ」と「別添えの油」しかないでしょう。

そこでまずザックリ混ぜる
中から湯気と共に味噌ダレの香りが湧き上がる

やはり味噌ダレの中には
明らかに普通ラーメン屋さんでは嗅がない香りを発見
「○○○」まずひとつ

味噌ダレの旨味・塩分
ミンチの旨味・脂
秘密食材の「○味」を合わせ
豊満で万人ウケする味わいを出している


アップ
具は、
ネギ、糸唐辛子、チャーシュー、ミンチ、竜田、メンマ、ニラ、コーンと
ボリューム、香り、旨味、食感面で
祭りのような勢いがある豪勢な和え麺


めん
極太麺はしっかり茹でられ
麺の旨さ・存在感が、
この遊び心のあるタレと具を受け止める


別添え
「別添えの油」を途中から加えるのですが、
入れる前に香りを嗅いで、ここでもうひとつ発見
「●●●」~♪


この油、かなり●いのですが、
これを入れて完成される一杯です。
個人的には、
1/3~1/4ほど食べてから油を入れるのがオススメです。


ウメ━━━(゚∀゚*)━━━ッ!!!!!


たんろんさんらしい
ガツガツ食べれる一杯
最後にライスを投入し、よく混ぜて
タレと油を余すことなく食べて大満足でした!

正解者は、
2月5日夜の段階で、私が6人目だそうだ。
正解発表はあと数日後だそうなので、
まだ食べてない方・まだ当ててない方は是非

ちなみに、
当たらなくても恥ずかしくないですよ。
自信を持って応えてくださいませ
お店側としては
楽しんで欲しくてこんな形にしているのです
決して、恥をかかせたいからではありません。
その辺を、誤解しないように。

たんろん
   住所 : 西宮市城ヶ堀町2-13
   TEL : 0798-36-7222
営業時間 : [平日] 11:00~14:00
             18:00~25:00
          [土] 11:00~25:00
        [日・祝] 11:00~22:00 
  定休日 : 月曜日
   席数 : 12席
  駐車場 : なし
  ブログ : 「たんろん公式ブログ」

ブログランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
  ↓



過去の「たんろん」さんのレポ
1、鶏白湯 塩
2、鶏骨ラーメン
3、新麺バージョン&油そば
4、冷やしラーメン
5、鶏塩つけ麺
6、冷やしラーメン
7、情熱のカレーラーメン
8、汁なし担々麺
9、鶏レンジャー
10、鶏レンジャー 麺大盛り野菜特盛り肉増し
----------------<ここから定番のスープが劇的に良くなった!!>
11、たんろんらーめん塩
12、煮干ラーメン
13、トロミン旨そば
14、つけ麺
15、俺のとりとん
16:手羽先醤油つけ麺
17:ななまる・たんろん 淡麗塩コラボ
18:冷やしラーメン
19:麺処 若松「江戸つけ麺」
20:にっこう×たんろん 冷やしコラボ「冷やしぶっかけ 鮎白湯まぜそば」
21:冷やしメカブつけ麺
22:たんろんラーメン+カレミン旨そば
23:北の漁師の秋鮭ゴロゴロつけ麺+食べなきゃSON! (西宮 秋の麺華祭)
24:麺処 若松「江戸つけ麺」2 (11/7)
------------------<ここから小鍋を使い始めた>
25:鶏白湯博多麺
26:たんろんラーメン+牛すじ煮込みつけそば
27:魚介鶏豚
28:俺からのメリークリスマス
29:鶏白湯博多麺 + 煮干魂
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。