FC2ブログ
~ほほえみ めんゆいき~
2010年05月13日 (木) | 編集 |
残業疲れの体にムチ打って
全力で遊びたく


らいどおん
快速にライドオン!!(←湖国流で言うとね♪)

新快速でもいいのですが
乗換えが嫌だったので
目的地の河瀬駅に停車する快速を選びました。

(JR尼崎から1本で行けるのはいいですね
 この時間に出ても、お店には12時半着でした)

河瀬駅を降りたら、相変わらず空気がいい
田舎暮らしの長い私にとっては
まるで、空のオアシスです

伊丹だと
車が横通っても、何にも気になりませんが
こちらでは、
車が横通ると、排気ガスが一瞬鼻につきます。
空気が綺麗だからこそ、感じる違和感です。


空のオアシス
田植えが始まっておりました
私、海よりも山が好きなんです(学生時代、山登りしてたので・・・)
こんな季節を感じる風景、好きだな~

さて
彦根方面に来るのは、昨年の花見以来。
まず向かったこちらに至っては、
まごころ味噌以来・・・
前回来た時は、2号店がまだ無く
西川店主のときでしたもんね。
ホント、すみません・・・(^^;;


本店
ラーメンni.co

ついたのが12時半だったので
さすがに外で待つくらい満席


麺はそう、あそこ
そうそう、麺が変わってるんですよ。
せっかくなので、バイト募集の宣伝も載せとこ
(私が載せても、何の役にも立たないですが・・・^_^;)

そんなに待つことなく入店
カウンターの回転いいですね
テーブルでは、前回同様
女性の団体さんが楽しそうに食べてらっしゃいます。

水はやや綺麗
安心して「塩」を頼めます


つい全景で
鶏白湯塩(700円)

私は、
西川店主が本店で出していた定番塩
柿町現店長が就任当時出していた定番塩
を知らないので
食べたまんまを書きますが

部類は、ややライトの白湯
鶏、野菜、タレの魚介の味が綺麗に出てて
小細工・小手先な事を一切しない
真っ直ぐな作り手であることが伺えます。

麺の茹で加減も良く、
味・食感・温度の三点で存在感を出し、良いマッチング
特に湯切りに気合いを入れており、
思わず手を止めてしまいました。

温度の存在感は湯切りゆえですね
正確な角度、気合一閃、そして短い時間
魅せる湯切りです♪

チャーシューは薄めなので、
とてもバランス良い。
(厚いと存在が浮いて良くない)

カイワレ、ネギで
引き算的アクセントをしているので、
最後まで飽きずに全汁させてくれます。

底から鮮やかな味玉が出てきて思わずニヤリ♪

うん
美味しいですね~(^◇^*)

結果的に
白湯=粘度・濃度 ではない
という良い見本かと思いました

こうなると、清湯が気になりますね
次回は、
そう間をあけることなく来ることにします。
ちと訳アリなので・・・(笑)


ラーメンni.co

   住所 : 滋賀県彦根市宇尾町894‐8
   TEL :  0749-28-2035
営業時間 : 平日 11:30-14:30
            17:30-21:00
       土日祝 11:30-21:00
  定休日: 月曜日
  駐車場: あり
  席数 : 20席弱

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓



過去の「ラーメンni.co」さんのレポ 
1:まごころ和えそば ~牛すじの土手焼き風~

1とはタイトル変えてます
あれは西川店主用なのでアクトツーに
柿町店長はこっち♪
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
訳ありって・・・まさか、関西から脱出されるとか?!毎回楽しみにしてるのでそうなったら悲しすぎます・・・
2010/05/13(Thu) 22:14 | URL  | ちょび #-[ 編集]
>ちと訳アリなので・・・(笑)
僕がライドオ~ンして3軒目にギャフソ(>_<)した訳と同じですね(笑)
2010/05/13(Thu) 22:56 | URL  | 賞金王 #2B3L1McM[ 編集]
>ちょびさん

そんなんじゃないですよ
ありがとうございます(^◇^)

早ければ6月に
このへんで面白いイベントがあるんです。
詳細決まったら、お知らせさせていただきますね♪
2010/05/14(Fri) 01:24 | URL  | 麺多浪 #oDLmhaF2[ 編集]
>ツョウキソオウさん (←湖国流?)

そそ、その理由
例のお店、夏は強いよ~
それはそれでどうかと思うんだけど(笑)

2010/05/14(Fri) 01:35 | URL  | 麺多浪 #oDLmhaF2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック