~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年05月02日 (日) | 編集 |
<初来訪>2010年4月28日


( ・_・) 「伊丹でラーメン屋をしたいんです!」


昨年夏、
とある飲み会の席でお話をさせていただく機会があり
その際に熱く語っておられましたのは
池田の「麺野郎」さんで修行をされていた前田さん

それから1年もしないうちに
前田さんが独立オープンされるというお話を伺いました
(麺哲さんの支店ではございません。独立です)
もちろん、初日に参りました。

場所は、
ドンキホーテ伊丹店から北へ㌔くらい
「焼肉は小倉優子」の道路挟んで向かいです


前田さんのお店、大きくなーれ大きくなーれ
らーめん つけ麺 大前田


歩いていける距離なので、
前々からやってみたかったことをしてみました。


初グハり
ハートランド(500円)

私、ラーメン屋さんでビール飲むの初めてなんです。
すきっ腹にきくわぁ!(笑)

ありがとう前田さん
有限実行のナイスガイ!


オープニングメニュー
こちら、オープニングメニュー
お伺いしたのが10時だったため
つけ麺は売り切れ
まぁ、度々顔を出すのでしょうから
今日は特に決めてませんでした
なので


完成度高し!
醤油(700円)

麺は真空麺ではないです。
噛んだら小麦の味が
ふわっと広がる中細縮れ麺

動物系の複雑な出汁感メインのスープ
それに
分厚いチャーシューに椎茸・シメジ・舞茸が加わり
最初肉の存在を意識させ
肉がなくなった時に、
キノコの風味を意識させる
飽きさせない仕掛け


ウメ━━━(゚∀゚*)━━━ッ!!!!!


スープに浮かせた玉葱の微塵切りや
大葉のアクセントも一役買ってます!
しかも
ネギの切り方は超好み!    (正直細長いの苦手なんです)
ショートペンネのような切り方
ありそうで意外と無かったですね~♪

のんびりさせていただきながら全汁
これは飽きない!!
何度でも食べれる美味しいラーメンでした。


もはやこれはインスパではなく、
個たる「大前田」の味。

関西において
「ラーメン界の覇者のひとり」でいらっしゃる麺哲さんの
血筋をくみながら、
さらに温故知新たる一杯を作り上げてくるとは・・・!

あっさりと
私の想像を超えてらっしゃいました。
おいしかったです!


今回のレポは、
個人的に凄く嬉しいレポとなりました。

御存知の方もいらっしゃるでしょうが
伊丹市は「旨いラーメン屋さんが1軒しかない」と言われていた市
非常に残念ですが、その通りでした。

実際、私がラーメンブログを始めて4年。
その間、レポを載せさせていただいた伊丹市のお店は
「麺屋 巧」さん、ただ1軒のみ

4年は非常に長かった・・・・・・・・・・・
でも、やっと2軒目が出来てくれました!!
前田さん、本当にありがとうございます。
心より御礼申し上げます。

らーめん つけ麺 大前田
   住所 : 兵庫県伊丹市瑞ヶ丘 1-19
   TEL : 072-786-6428
営業時間 : 18:00~23:00(LO)
  定休日 : 月曜・火曜
  駐車場 : 数台あり
   席数 : 10席くらい


ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓


こちらに交通機関で来られる方の為に
ちょっとご紹介
JR伊丹駅、阪急伊丹駅から
こちら方面にバスが出ています
2番のバスライン(2系統)の
「荒牧バラ公園行き」がそうです

各麺系を絡めてご紹介しますと

伊丹駅:イオン、ちゅらそば(沖縄そば)
 ↓
阪急伊丹駅:麺屋巧
 ↓
桜ヶ丘2丁目:蔵(亀王インスパ)
 ↓
桜ヶ丘8丁目:麺道士
 ↓
大鹿口:夢屋台、ドンキホーテ
 ↓
瑞ヶ丘公園前:大前田
 ↓
瑞ヶ丘:大前田(こっちの方が少し近いです)
 ↓
スポーツセンター前:こんぴら亭(老舗うどん店)
 ↓
(間3つ)
 ↓
西池:千舟屋
 ↓
桑田:鼓六家(尾道系)
 ↓
(間2つ)
 ↓
荒牧バラ公園:デートスポット♪

是非行ってみてくださいませ



それにしても、
最近の関西の麺系店からは目が離せません。
・伊丹市で言えば、昨年末からラーメン屋さんが6店もオープンしたり移転したり
・阪神間で言えば、尼崎に玉五郎さん。6月には塩元帥さん
           チェーンでも、一風堂さん(171)、魁力屋さん(山幹)
・関西で言えば、関東系の進出。6月には京都に「せたが屋」さんまで
・うどん屋さんの台頭(新店の数、多すぎて把握できてません・・・)

迎え撃つお店の皆様
がんばってくださいませ!
美味しいものを作るだけではダメです。
さらに、
自分から情報を発信しないと飲み込まれかねませんよ。
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。