~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年01月24日 (日) | 編集 |
讃々さんを出た後・・・

川西市北部に来て、
私が伊和正さんに来なかった事などあっただろうか?
いいやありはしない!

…ってな感じの訳文を英語の時間に言ったなぁ~
ってのはさておき、やってきたのは畦野の


もう雪だるまが出てる♪
自家麺 伊和正さん!!

今回の巡礼では漏れてしまったのですが
(33軒のうち、いくら美味しくても
 情熱グループ4軒というわけにはいきませんしね…f^_^;  )
だからと行って行かない手は皆無~!

正午前というのもあってか盛況♪
アツアツで穀物の素朴な甘味を感じる
美味しいお茶を飲みながらメニューを見てたら、
とーっても気になるものを発見


鴨ねぎうどん…


実は私、鴨系は警戒してしまうのです
それは、
ラーメン・うどん・蕎麦問わず
噛み切れない鴨を出してくるお店が多いから。

噛み切れない食べ物に基本魅力は感じないのです。
でも
伊和正さんだったらどうくるだろう。
という興味が押さえきれず注文


澄んだ色に鴨が映える
            鴨ねぎうどん(880円)

茹でたうどんの上に鴨とネギと花鰹を入れ、
優しい出汁を張り、ゴマ・刻み海苔
と文章で書けば普通に思われるのでしょうが、
特筆すべき材料はゴロゴロ

何度も書いているので、
今更うどんと出汁の素晴らしさについては書きませんが、
まずは鴨から


おお…やはり(^o^*)


薄切りの鴨を程良く煮て、
簡単に噛み切れるようにしています。
脂は出汁に香りと味わいを与え、
噛めば肉のしっかりとした旨味と
食感の贅沢度を与えてくれます。

そしてバランス的に鴨が出すぎないように、
花鰹とゴマの香りと味をプラス


ウメェェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェェ!!!!!


伊和正さんのうどんって、
何度食べても飽きないんですよね…

理由が今更ながらに分かったのですが、
ラーメンにしろうどんにしろ、
普通「○○うどん」となったとき、
出汁やスープで100の物を作り、○○で20。
つまり120のものを作りたがる。

それは美味しいかもしれないが、
互いを合わせたとき合わない物も出てくるし、
飽きやすい。

対し伊和正さんは
出汁+○○
あわせて100にしている。
だから両者が合いやすいし、○○の良さは素直に出るし、飽きない。


さらに・・・


やすっ
            鶏天(100円)



(((( ;゚Д゚)))安っ!!


セルフのうどん屋さんみたいに
揚げたのをおいてるのではなく
注文とって、1人前1人前揚げてるんです。
それを100円とは。。。

なんて良心的。

しかも、薄い衣が「さく・・・・・・」
中はふんわりホカホカ

寒さでこわばってた体が
優しい味と優しいお心遣いで
ほぐれていきました。

ちと遠い場所にございますが
今年も自然と足が向くことでしょう~!

自家麺 伊和正
   住所 : 川西市東畦野(うねの) 5-3-10 
   TEL : 072-795-2377
営業時間 : 11:30~14:00  (←日曜日は、昼営業のみ)
         17:30~20:00
         麺がなくなり次第、営業終了
  定休日 : 月曜 (祝日の場合は翌日)
   席数 : 18席
  駐車場 : あり

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓



過去の「自家麺 伊和正」さんのレポ
1:すじ味噌ぶっかけ
2:カレー釜玉
3:野菜天あんかけ
4:揚げ餅うどん
5:すじ味噌つけ麺
6:とろろスタミナ生醤油うどん
7:カレー釜玉
スポンサーサイト
テーマ:うどん・そば
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。