~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年08月08日 (土) | 編集 |
再訪は、
やはり京都駅前の献血センターに入る前でした・・・
気になるんですよね~

元民家、半年かけて口説いたそうです♪
心龍さん♪

御主人によると
来た日がちょうど良かったらしく

ちゃんと許可とって撮ってますからね(笑)

今日から、「冷し担々麺」がはじまったんですって(^∀^*)
もちろんランチタイムは
+80円で、鉄火丼がついてきます。
(今回は頼みませんでしたが・・・)


クーラー全開についているので、席によっては少し肌寒いのですが
厨房の定番スープの素晴らしくいい香りが
冷風の隙間を縫うように漂ってきて
なんとも、心を奪われてしまいます(笑)

写真は苦労する照明だす・・・

冷し担々麺(700円)

味のベースとなるタレは、
ピリ辛酢醤油ダレ
そして、鶏ミンチとすり胡麻、ネギ
見た目だけなら、あっさりした感じです

麺は
細麺をキュキュッとシメて、少し固めにしてあります。
タレと鶏ミンチの丁寧なバランスが
最大のウリではなかろうかと感じます

味はしっかりあるし、薄いとは思わない。
しかも、甘味酸味辛味が全く尖っておらず、
綺麗なアフターを残して喉の奥に消えていく

自分でミンチした鶏肉
なんと味付けは、醤油と砂糖だけ!!
ミンチは鶏の旨味がバッチリ残っているので、
丁寧な味がクチの中にジワリと広がるわけです。

味玉は、ちょっと贅沢なアクセントですね。


しっかし・・・・・・
丁寧に作りはるよなぁぁぁ・・・・・・(。。;)



カラオケに例えると
ノリノリに歌うのではなく、丁寧に発声して歌ってる方のよう
思わず我に返って、「うむむむむ・・・」とうなって
その後に賞賛をしまいます。


正直言うと、最初メニューを見たときは、
「心龍」さんと「冷し担々麺」が
全く結びつかなかったのですが、
いざ食べてみたら
「丁寧さ」という心龍さんのカラー
より深く印象づけられました(*^-^)b

最初やってた夜のつけ麺は、もう終わったのかな?
それで、冷しを始められたのかもしれませんが
限定を定期的にされるのは、個人的に賛成です。

「飽きさせないため」というのもあるのですが
限定って
「自分らしさ」と「挑戦」のせめぎあいです。
毎回毎回状況によって、
どちらが強く出るか分かれるところですが
どちらにしても、お店のカラー・作り手の想いは
食べる方にしっかり伝わると思うんです。


次回もまた、献血前に来てしまいそう・・・
心龍さんで食事をすると、心が穏やかになるから
献血中、よく寝れるんですわ(爆)

京都駅から近いですし
乗る電車まで、まだちょっと時間があんねん!
って方にも、オススメですよ♪

心龍
   住所 : 京都市下京区東境町185-1
   TEL : 075-342-3090
営業時間 : 11:30~14:30
         18:30~25:00(L.O.24:30)
  定休日 : 日曜・祝日
   席数 : 5席
  駐車場 : なし

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓



過去の「心龍」さんのレポ

1:塩ラーメン
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。