~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年08月02日 (木) | 編集 |
<移転のため、閉店しました>



<初来訪>2007年7月19日

いつもは原付で食べ歩きをする私ですが
今日は、JRと地下鉄を乗り継いでいきました。
降りた駅は、地下鉄「今福鶴見」

目的地に着いたのは正午でしたが
すでに7人の行列ができてました。


場所は、アサヒペンのから西へ30m

カドヤ食堂

情報誌のラーメン特集には必ず出てくるお店
こちらは、はじめから並ぶ覚悟できてたのですが
フロアに立つ奥さん
(おばちゃんではなく、奥さんって言うくらいのお年だと思う)
が本当にすまなそうに
並ぶ方々に対して「すみません すみません」と繰り返しています

行列店は数あれど
これができる店は、ほんと一握り


店によっては、若い男性店員が
人数だけ聞いてきて、いかにも
「ちゃんと並んで待ってろ」みたいな印象を受けます


それに比べ、カドヤ食堂の心配りたるや
なんと素晴らしきことか・・・!

(タイトルの意味は、ここにもあります)

結局
20分くらいで入れました。

張り紙がしてあったのですが
スープには「淡海地鶏」
焼豚には 「白金豚」


朝ごはん食べてなかったし、ここは思い切って行きました

素晴らしい!


中華そば(焼豚増量)
 (680円+400円)

チャーシューは普通2枚
増量で6枚です

でも見てください
脂がほとんどないんです。

見た目からして毎日食べれそうなラーメン


スープはさすがです!
鶏の旨味が主体のように感じるが
トンコツ、昆布、煮干も良いものを使っているのが良く分かる
(あとまだなにか乾物を使っているようですが、見抜けませんでした
 もう1回、ベストな体調のとき行くかぁ? ^ワ^ )

肉類しか主張してないのは、この店流の謙遜ですね。

麺は、中細ちぢれ麺
自家製麺だろうか?
スープとのマッチングが素晴らしい!

具は、ノリ、刻みネギ、ナルト、メンマ、チャーシュー

このチャーシューは、麺哲のように
脂身の脂はしっかり抜いて、脂身に歯ごたえを感じるタイプ。

スープで煮込む時間は短めにして
肉の旨味を損なわぬようにしているのだろうか?

もちろんスープ、具の味付けにおいて無添加です


良質な食材をシンプルに加工・組み合わせを行うことにより
素晴らしいラーメンを生み出しています。

普通の中華そばで680円
これ、かなり原価率高いんだろうな・・・
それを微塵にも出さないところ
これはプライドですねぇ

ワインで言うと、ボルドーの蔵元のようだ。


美味しかったです
伊丹から来た甲斐がありました♪



カドヤ食堂


 定休日:日曜
営業時間: 11:30~15:00
      18:00~20:30 
    (土・日・祝日は、11:30~19:00)
電話番号:06-6933-9323
  席数:約15席
 駐車場:なし
  住所:大阪府大阪市鶴見区鶴見4-1-18 → 地図
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。