FC2ブログ
~ほほえみ めんゆいき~
2009年05月30日 (土) | 編集 |
関西になくてはならない情報誌
「KANSAI1週間」
毎号毎号楽しみなコーナー
カンイチ限定コラボラーメン

いつも期間は2週間なのですが
カンイチには6月15日まで(つまり3週間)と掲載
ちょっちびっくりの

大通りから、西に10mです

洛ニ神さん

これで5月は、3回目の来訪ですが
当然食べたいに決まってるじゃないですか(笑)

私が来訪したのは、
開店直後の11:35分
にもかかわらず、私が5人目!?

しかも全員「魚濃つけめん」食べてる!!
すげーな・・・

私も「魚濃つけ麺」の旨さにノックアウトされた一人です。

あれが出た当時は、
ついていけない幾人かが、
批判する記事を書いていたのですが
魚濃いつけ麺が原因で、
洛二神さんのコアなファンになった方は多いと思います。

今や「なくてはならない存在」になりました♪

そんな魚濃いつけ麺の誘惑を感じながらも
私が注文したのは、もちろんこちら!!

なんていいかほり・・・
カレーつけ麺(900円+替え飯50円)


(*´▽`) ええ香りやわぁぁぁぁ~


やはり魚介の香りをしっかり感じます
スパイスの香りは、衣をまとうがごとく
(邪魔してないってことね)

麺は加水率の高い
ツルツルプリプリの極太麺
小麦の風味満載です♪

つけ汁は・・・・・・衝ーーー撃!

口の中でモグモグ噛んでいたら
感じる味が3段階に変化していきました

しっかりした節系
  ↓
舌全体で感じる、芳醇なスパイス
  ↓
小麦の風味


これは、慌てずよく噛んで食べてください!


舌全体でスパイスを感じるのは
かなりの多種類ブレンドされているから
しかも、
ビリビリ感じるのではなく
ピリピリくらいにとどめているので
次のひとくちも、味を存分に感じることができます。

さらに驚くは、やはり全体のバランス
これが素晴らしく良いので
食べる手は止まらず、箸がドンドン進む!


ウンメェェェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェェッ!!!!!


さらに「具」という名優が控えております

ウチの子発見(爆)

チャーシュー、うずら、ネギ
ヤングコーン、無添加ソーセージ




( ・_・) 「無添加ソーセージってあるの!?」

ちょっと食品のことをかじった方なら、そう思われることでしょう。
なにせ、ちまたに並ぶ
ハム、ソーセージ、ベーコン、いわゆる畜産加工品は
「添加物の宝庫」と呼ばれるほど
化学薬品・化学調味料がいっぱい入っております!


でも、
心から食の安全を憂い 
完全無添加の畜産加工品を作ってらっしゃるところもあるのです
それがこれ

「革命」です!!

山のハム工房 ゴーバル
ウィンナーソーセージ


完全無添加ウィンナーです!
(成分表示に御注目)
肉は荒挽き、外皮が噛みやすいので
食感がたまりません!!

しかも、いらん混ぜ物が一切無いので
舌先ではなく、
舌の根元で肉の自然な旨味を存分に感じることができます!!

この素朴で旨いソーセージ
しっかりと銘脇役を演じております。


そしてやっぱりチャーシューが旨い!
麺・つけ汁が凄いので
存在感はひっそりしてますが
チャーシューを食べてる瞬間は、やっぱ「旨ぇぇ!」です

このふたつが象徴するように
具は全て、麺・つけ汁を邪魔しない優しいアクセント


そんな、ウマウマなつけ汁なので、
「技ありキムチ」が乗った「割り飯」を入れたら
これがまた反則並みに旨い!
少し柔らかく炊いてある御飯
それゆえ、手は加速度を増して
サカサカサカサカ食べれます~

最後の一滴まで、楽しませて頂きました♪


M店主に半年振りにお会いできた・・・
昼の来店回数少なくてスミマセン(^▽^;)
魚濃もあるから
しばらく「つけ麺ラッシュ」だと思いますが
頑張ってくださいませ~

洛二神
   住所 : 大阪府大阪市北区浪花町4-22 → 地図
電話番号 : 06-6371-1088
営業時間 : 11:30~14:30
         18:00~25:00 (土曜は、12:00開始)
  定休日 : 日曜
   席数 : 約10席
  駐車場 : なし

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

    ↑
(((( ;゚Д゚)))がーん!!


過去の「洛二神」さんのレポ
1、スペシャル
2、魚濃つけ麺
3、冷やし○韓
4、魚濃まぜそば
5、塩スペシャル
6、燻し醤油そば
7、NCS(ニボチャッチャ醤油)
8、中華そば
9、塩 (煮卵入り)
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック