~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月13日 (水) | 編集 |
ラーメン屋さん同士での、冷やし麺戦争
うどん屋さんの「ひやかけ」 VS ラーメン屋さんの「冷やし麺」
などなど各地でヒートアップ
ある意味、ラーメン屋さんにとって頭がいたいはず・・・

そんな中、
もう1個頭を悩ませる事があるお店もあります
それは
「細麺or中細麺のつけ麺をしたい!」

+アルファが「つけ麺」であるラーメン屋さん「麺野郎」さん
その「麺野郎」さんが出店された辺りから
関西のつけ麺は加熱の一途をたどってきました。

各店が「つけ麺」を出し始める中
一部のお店では
より濃厚に、より麺は太く、より個性的に・・・・・・
となってきたは良いのですが
今後を考えた上での問題点がふたつ

・濃厚or個性は、いくら美味しくても飽きられるときがくる
・太麺は待ち時間の長さゆえ、来店動機を失う可能性がある
 (特に、ビジネス街・周りに飲食の多い地域は・・・)

この解決策は
・飽きられにくい「つけ麺」を作る
  バランスが凄まじく優れている
  つけ汁だけでは物足りないけど、麺をつけたらバッチリ味が完成するタイプ
・細麺、中細麺のつけ麺&スピード感

ってクチで言うのは簡単ですが
これを実際やることの、いかに難しいことか・・・いかに悩ましいことか・・・!

そんな中、
以前からお話を聞いていて
行きたいと思っていたお店にお伺いすることが出来ました。


<初来訪>2009年5月9日
湖国の帰りで(この話は次回に・・・)
JRに乗っていたため、足を向けた私

場所はJR長岡京駅から、ひたすら東に10分くらい

パナソニックのお向かい

途中ツツジを楽しみながら、名神高速まで突き当たり
北へ向いたすぐのところにあるお店
風来房

入り口は、写真右側面にあり ←入り口はこちらの面
    ↑
これは入り口ではありません・・・

こちらはなんと「つけ担々麺専門店」

入ってみれば
いくら土曜とはいえ、1時半過ぎでも満席&店内待ち多数・・・
比較的若い方が大半
店員さんも、若い方4人で回してらっしゃいました。

しかも
あれよあれよと回転していき
そう待つことなく、座ることが出来るので
待つことは、苦にならないと思います。


メニューは分かりやすく
「白虎」(白胡麻つけ担々麺)
「玄武」(黒胡麻つけ担々麺)
「朱雀」(酸辣つけ担々麺)(読み方は「しゅじゃく」ですって)
「青龍」(担々ぶっかけ?) ←7.8月のみの限定

(あともう1個あったな・・・辛いの・・・鳳凰? 失念です・・・)

私はもち、一番の基本をみたかったので「白虎」を注文
「冷たい麺」と「熱い麺」が選べるというので「冷たい麺」を選択
水は、弱アルカリ性の綺麗な水
好感が持てます!

次々と替え玉が飛び交う中、
やはり、そう待つこともなく出てまいりました。

おもろー!
白虎(670円)

おお・・・
麺はやはり、中細麺(より心持ち細い)
そして、
卵の風味満点の低加水麺


つけ汁には、軽く桂皮がふってあります
粘度は軽めです。
基盤となる胡麻ペースト等は、さすがに「アレ」
これは、しゃーないっすかね・・・

(胡麻ペーストを自分で作るほうが鬼ってるわ ^ワ^)

それを、
鰹や昆布などのスープで割って
白すり胡麻をふって「つけ汁」にしています
まぁ、胡麻が前面に出ているので
鰹などは感じにくいですが、
つけ汁全体が、滑らかになるし飽きにくいです。

上手に個性を出しているのが「自家製ラー油」
山椒が結構効いており
最初滑らかな味わいを感じ
途中から、強烈な辛味が襲ってくる!

つけ汁の軽い酸味と、山椒の相乗効果で
「しっかりとした酸味が味を引き締めている」
と感じられる方が多いことでしょう。

チャーシューは太棒状で
少し八角が利かせてありました。

また
替え玉も「冷たい麺」と「熱い麺」が選べます。
(中には「熱い麺のカタメ」って注文してた方もいらっしゃいました)

たとえ冷たい麺で替え玉しても、
おそらく、つけ汁は冷たくはならないでしょう。
(私、替え玉はしなかったんです)

熱い麺は、軽く湯きりし
さっとだけ上から冷水をかけ
スープで割ったタレ?らしきものをかけてからしっかり湯きり

さらに盛られた麺を持ち上げたら
麺がくっつくことなく
湯気がホカホカたっておりました

(店内暑いのに、
 多くの方が「熱い麺」を頼んでいたのは、訳がある…・・・
 皆までは言いません)

そして、とどめ!とばかりに
カウンターに常備されたステンレスポットには、
カツオと昆布の熱い出汁が入ってるので
好きなときにスープ割が自分でできるし
店員さんも、手間がかからず回転が速いし
辛さが欲しい方のために
カウンターの上には「自家製ラー油」も常備


( ゚∀゚)天才!


このシステムを考え付いた方が凄いです!
元々の価格は手ごろ(店側も無理はまったくしてない)
替え玉まで選択肢があるので、お得感もある。
これだとFC展開などもしやすいでしょう。

店内待ち多数なのも納得
喜ばれるお店だと思います。

こちらの御主人
職人気質ではなく、経営者気質の方だと思いますが
見事なまでに、人々の心に刺さってます。

面白かったっす~♪

風来房 
   住所: 長岡京市神足大張8番地
電話番号: 075-951-1747
営業時間: 11:30~15:00
        18:00~21:00
 定休日: 不定休
 駐車場: あり
  席数: 10席

<お知らせ>
2009年5月の、風来房さんの休業日は
12日、18日、25日の模様です



ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

    ↑
更新速度遅くなってますけど
応援お願いいたします。。。
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
僕は以前に黒ゴマの玄武を頂きました~(^^ゞ
美味しかったですが、最期はちょっともたれてきた感じですね。。
麺を面と表記したりと面白い店だったなと記憶してます~(^^♪
2009/05/13(Wed) 12:59 | URL  | ken2 #-[ 編集]
ken2さん
まぁ、あんだけ胡麻ペーストがありますからね(^▽^;)
このお店が今後どう進んでいくのか
凄く興味が湧きました。

2009/05/13(Wed) 21:18 | URL  | 麺多浪 #oDLmhaF2[ 編集]
おおさか遊ぶろぐ事務局と申します
突然のコメント失礼いたします。

この度、2009年4月17日にユニバーサル・スタジオ・ジャパンが
プロデュースする大阪地域のクチコミポータルサイト
『おおさか遊ぶろぐ』がオープンいたしました。
↓↓↓
●おおさか遊ぶろぐ
http://www.osaka-asoblog.jp/

●リリース記事
http://www.usj.co.jp/company/news/2009/0416.html

おおさか遊ぶろぐは、大阪周辺に在住のブロガーさんや、
大阪周辺をよく利用するブロガーさんたちと一緒につくりあげる
クチコミ情報サイトです。

詳細につきましては、下記URLを参照ください。
↓↓↓
http://www.osaka-asoblog.jp/about/

是非、一緒に『おおさか遊ぶろぐ』を盛り上げてくださいませんか?

突然のコメント大変失礼いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。


おおさか遊ぶろぐ事務局
http://www.osaka-asoblog.jp/

※オープニングキャンペーン実施中※
http://www.osaka-asoblog.jp/campaign/
2009/05/14(Thu) 02:47 | URL  | おおさか遊ぶろぐ事務局 #-[ 編集]
  ↑
宣伝系は、基本消してしまうのですが
こちらは残しておきまする。
皆様も、どうぞ覗いて見て下さいませ
2009/05/14(Thu) 10:57 | URL  | 麺多浪 #oDLmhaF2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。