FC2ブログ
~ほほえみ めんゆいき~
2008年12月21日 (日) | 編集 |
先日、情報を頂きまして
豊中市岡町の名物中華料理屋「来夢来人」さんにて
坦々つけ麺・カレーつけ麺・ちゃんこつけ麺    (←ちゃんこって・・・)
が始まっているとのこと・・・!

実は、夏ごろに行ったとき
来夢来人の御主人が
とあるお店でカレーつけ麺を食べたら
ウチでも出せそうなメニューなので
寒くなったらやりたいね♪  なんて話してらっしゃったのです。
(どのお店かわかる方は、立派なラーメンバカです^ワ^)

まぁ、来夢来人さんの場合は
息子さん考案の激旨麺があるので
つけ汁のネタが浮かべば、色々できるんですけどね(^▽^;)

2008年1月から変わってる暖簾

3ヶ月くらい御無沙汰しちゃってました。
相変わらずお元気なお二方。


限定メニューは、壁に貼られてます

おお、これですな!!
さっそく注文。
こちらのつけ麺は、200g・300g・400gが同じ価格
今回は300g。
そして、一品料理もお願いしました。

御主人が、つけ汁のベースを中華鍋で作り
そのあとで、1品料理にとりかかる
奥さんは、つけ汁の途中からと麺の茹でを担当

御主人が奥さんの動きをチェックしていると思ったら
なんと、1品料理とつけ麺が同時に出てきました!!
さすがベテラン!

豪勢でしょ♪

伽哩つけ麺(800円)
ニラレバー炒め(800円)



( ゚∀゚)栄養いっぱい取るぞぉぉぉ!!


気合い十分で食べ始める!
ニラレバは
人参、たまねぎ、ニラ、モヤシ、レバー
レバーは、軽く揚げており
臭みは一切なし

ザクッザクッ モキュッモキュッ♪
ザクッザクッ モキュッモキュッ♪

さすがに中華料理屋
食感バッチリだな~(^∀^*)ウンマイ!


そして、つけ麺!
軽くモッチリとした平打麺たる
特注麺の旨さは相変わらず!
やっぱ最初は、
麺だけよく噛んで食べたくなります。

写真で驚かれた方がいらっしゃるかと思いますが
特筆すべきのひとつが
つけ汁が「土鍋」で提供されること!!

土鍋のふたを空けた瞬間に
大量の蒸気と香り
そしてグツグツ沸きたつ「つけ汁」

これ、いいですねぇ~
麺が冷たくても、
最後までアツアツが食べれます。

つけ汁の具は、鶏肉とジャガイモ
しかもジャガイモは、
土鍋に火をかけている途中で、生のまま入れ
提供されるころには、火が入っている。
しかもネギは、注文が入ってから切るので
自然な甘味が楽しめ
とーってもナイス♪

ルゥの味は、
甘さは控えめ、旨味もやや控えめ
後からスパイスの味が、舌の奥に広がる。

意外だな・・・
もっとファーストアタックを利かせてくるかと思ったのに
かなりスマートなルゥだな・・・(・_・ )

カレーを好まれる方は御存知かと思うのですが
カレーにおいて、甘味ってのは
結構重要な物なのです。
ルゥに奥深さとコクを与える。

実際、カレー屋さんのカレー(カレーうどん、カレーラーメンも)は
結構糖分が入っているんです。

だが、
麺をつけ汁に付けて食べたら
その疑問は霧散しました。

この麺
つけ汁に付けて温度が上がると
麺の自然な甘味と旨味が増大するんです!
つまりその分、つけ汁からは
甘味を旨味を引き算した。

さすが御主人!
自らの麺の長所を、よくわかってらっしゃる!!
麺だけよりも、つけ汁をつけたほうが
圧倒的に旨い!
そして、つけ汁をつけることにより
はじめてこの「つけ麺」は完成となるのですね。

さらには、甘味と旨味は
もともとは麺の自然なものゆえ
一般的なカレー等に比べると
断然カロリーが低い!!

(=゚ω゚)たまらんっす!!

ああ・・・麺が旨ぇぇぇぇ!!

これなら、「ひやあつ」ではなく
「あつもり」の方が、さらに良いのかも・・・
と思ったら
なんと!全てのつけ麺において「あつもり」可能とのこと!!

よし!
次回は、「ちゃんこつけ麺」の「あつもり」決定!
ご馳走様でした~!

来夢来人

 定休日:木曜
営業時間: 11:00~23:00
電話番号:06-6852-1316
  席数:16席
 駐車場:なし
  住所:豊中市中桜塚1-2-4 → 地図

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

    ↑
最近苦戦中ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!


過去の、「来夢来人」さんのレポ
1:焼鶏ラーメン
2:冷やし坦々つけ麺
3:冷鶏塩ラーメン
4:和風つけ中華そば
番外:冷やし坦々つけ麺 2
5:塩ラーメン
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック