~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月20日 (月) | 編集 |
亜喜英さんに行ったとき
次はどこへ? との話になり

個人的には
亜喜英 → はなふく → 久保田
亜喜英 → 晴れた一日 → 吉田屋
亜喜英 → こぶ志 → 坦坦

の3コースを考えてました
(一応、3件目までは考えて行動してます)

この話に、亜喜英さんが
( ・_・) 「是非、こぶ志さんへ!」
とのことでしたので、急行しました。


場所は
三条御前の交差点から、南へ30m

志のある拳で、「こぶ志」なんですって♪

こぶ志

昼営業が2時半まで
個人的には
営業の終わる30分前までに入るのが理想だと思っているので
ギリギリ間に合って、胸をなでおろしました。

以前
こちらの御主人には
「次は、定番メニューをいただきます!」と言っていた私なのですが

今回、椅子に座るなり

( ・_・)「4号をください!」




ゴ・・・




゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o ゴラァァァァ!!



・・・そ・・・そうなんです
10月限定メニュー「ドロ4号」の誘惑に負けたのです(笑)


普通のラーメンが出てこないのは承知しているので
調理をじーーーーーーーーっと見ておりました。

オマエ同業者か!?
って言われんばかりのガン見です(^ワ^;;


あああ・・・魚のいい香りが・・・
おおお・・・ドロスープのドロ具合が、またなんとも・・・

「目が離せない」とは、まさにこのこと


あれは・・・(¬_¬)!

もっとも気になったのは、御主人が最後にかけた油
香ばしそうな色、フライパンで火を入れられた油

なんだろう・・・

チャーシューそそる色!

醤油系ドロ四号・魚恋味(800円)


(* ̄▽ ̄)おおお・・・おおお・・・

なんてふっくらとした魚の香り・・・
例えるなら、
魚を「せいろ」で蒸して、カパッと開けたときのような香り
魚粉の香りは、一切ありません。

加えて
名物「塩釜チャーシュー」のミディアムレアな色が
食欲をそそります!

軽くトロンとしたスープを、クチに運び・・・


(*^ω^)「ウマッ・・・」


軽く声に出てしまった、お恥ずかしい・・・

それほどのスープだ!
豚と鶏と魚を、白湯化させた?

一般的な鶏白湯・豚骨白湯よりかは
少し軽やかなイメージ
それに、魚のまろやかな味わい


そして、気になってた油!


魚粉をラードで炒めた?

いや違う!
魚粉の香りはしなかったし・・・

でも、魚の旨味がつまってる。
ただのラードにしては、後口も良い。

ラードなのは間違いないと思うのだが・・・


このパンチのある旨い油が加わって、
旨味のいろどりが広がります。
まるで、
16色から64色になったテレビゲームのように・・・!!

さすがに麺にスープが良く絡む (←真空麺だそうです)
すする動作とともに、
魚の香りが鼻に抜けていく

夢中ですすってしまいます!

細く綺麗に切られたネギ
さりげなく添えられた海苔
チャーシューを持ち上げるために、
チャーシューの下に仕込まれたモヤシ

そして、塩釜チャーシュー!

これがまた
「ド」が付くくらいのストライク!
噛みやすく、肉の旨味がクチの中に広がり
味は、線一本通ったかのように、
スパッと塩が利いている!


ウメェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェェ!!!!!


だめだぁぁぁ!!
ここで理性が飛んでいる!

ずびずび・ずばずば
すすり、飲み、にやにや笑い、すすり、飲み、ニヤニヤ笑い・・・

気がつけば、お稲荷さん(2個150円)も平らげ
スープを全汁しておりました。


ボー・・・(∵)

後に残るは、空になった丼を
呆然と見つめる私 (爆)


御主人の手が、少し空いたようでしたので
お話させていただきました。

スープは、鶏と豚を煮込んだものと
別に、魚のアラをドロドロになるまで煮詰めたものを
ブレンドして作ったそうです。

やっぱ気になったのは油!

ラードなのは合っていた
魚粉ではないのも合っていた

ですが
さらに話をお伺いしたら・・・



う・・・・・・

絵文字で表しにくい・・・




調子に乗って、今回も絵を書いてみました(笑)




(Yさん・・・すみません・・・
 アナタ様に、あまりにも似ていない・・・・・・)



えええええええええ!?

衝撃の答えが返ってきました。
ギャグ漫画の如く、目が飛び出そうな驚きでした

な・・・
なんて事を考え付くんだ、このヒトは・・・!!

しかも、その油を作る事になった経緯がすごい!!

私も少し疑問に思っていたことなのですが
「ではどうしたらいいのか?」って自問自答で
答えを出せていなかったこと。
まさか、こんなやり方があったとは・・・!!

油の答えは、ここでは書きませんし
他で言うつもりもございません。

実際、こぶ志さんへ食べに行って
感動してくださった方は、御主人に尋ねてみてください
(教えてくれるかどうかは、別の話ですが・・・)

鼻をフンフン言わせながら
その後の御主人のお話をお伺いしましたが
驚きの連続です。

この方は、流行に流されず
自分のものさし+客観的に物事を見ることが出来
そして
自分の豊富な「引き出し」を駆使し、
見事な一杯を仕上げる力をお持ちです

しかも、そんな事を
月に1度、必ずやって限定麺を仕上げる
常に自分に厳しい課題を設ける。

私は小売店に勤めるものですが
この姿勢を、見習わなくては!! と感じました。

また、今日食べたのが
定番メニューでなかったことを笑い混じりでお詫びすると

限定麺は定番のメニューの向上を目的としたものですから
今食べる物より、半年・1年先に出る物の方が
絶対おいしくなってます!

的な頼もしいお答えが帰ってきました。
誘惑店の多い京都市ですが
こぶ志さんだけは、月に1度は
必ずお伺いしようと、心に決めた私でありました

(ハラも心も大満足したため、3軒目には行かずに帰りました♪)

こぶ志

   住所 : 京都市中京区壬生中川町10-6 川島ビル1F
   TEL : 075-841-9419
営業時間 : 11:30~14:30
         18:00~23:00
  定休日 : 木曜日
   席数 : 8席
  駐車場 : なし (すぐ南側近くにパーキングあり)

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

    ↑
また、最近は関西勢が押されております・・・
私だけでなく、関西勢の皆様への
応援も、是非是非御願いいたします~

スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。