~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月24日 (水) | 編集 |
<初来訪>2008年9月21日

二条駅から、そう遠くない場所に
多くのラーメン好きを魅了しているお店があると聞き
のこのこやってきた私。

場所は、
三条御前の交差点から、南へ30m

志のある拳で、「こぶ志」なんですって♪

こぶ志

写真が中途半端ですみません。。。
なにせ、こちらのお店の暖簾は



 ̄ ̄ ̄こ ̄ぶ ̄志 ̄ ̄ ̄ 「麺」


と、なっておりまする・・・
四角い「麺」のマークを覚えていただいた方が
雨の日や夜に初来訪の方は楽かもしれません。


店内は、カウンター8席対面式
元うどん屋さんだったのかな?

御主人は、優しそうな雰囲気の方です
店内の端に送風機?空気清浄機?を設置
それを扇風機でカウンターへ送るという。
なんとも嬉しいお心遣い♪

まぁ、そうしないと
厨房の熱がモロに来るんでしょうけどね・・・(^▽^;)

さて、こちらでもお目当ては和え麺です
(9月30日までやってくださいます)

目の前にある「おいなりさん」の誘惑を感じながら
御主人のお仕事ぶりを拝見しておりました。

御主人は、丁寧に大きなコロッケを揚げ・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・




(((( ;゚Д゚)))コロッケ!?


はい、そうです
でてきたものは、こちら!

一見イタリアンに見えるが、別物っす

えびちゃんドロ参号(800円)

この名前・・・
遊び心もあるとは思いますが
付けた本人は、間違いなく真面目に考えて付けたはず

えびちゃん : 「海老○○」とするより
         「えびちゃん○○」の方が、注目度は断然高くなる 
    ドロ : 商品と、食べる側のイメージのブレを少なくするため
    参号 : 各店、季節限定麺が多様化する中
         1,2,3・・・と付けたほうが、
         食べるほうも心に残りやすいし
         特に御主人には、大事な思い出として
         どんどん胸に刻まれていくことでしょう

では、食べるといたしましょう。
コロッケの中は、トンコツクリームだそうで
ソース代わりに・・・との事でした。

お皿の大きさが大きいので
麺が少なめに見えるのですが、普通の量です。
(120gくらい??)

自家製麺?特注麺?
どちらか判断はつきませんでしたが
平均的な加水率の中太麺には
すでにクリーム(タレ)がまぶされておりました。

ややさらっとしたクリーミーさ
なめらかでしっかりとした、海老のいい香りがいたします

コロッケを半分だけ割って混ぜてみました

これぞアイデア!

コロッケの中のクリームは
結構しっかり目のクリーム度合い
なので、さっくり混ぜるくらいで食べました。


うん、今まで食べた和え麺とは
また違った感じで、クリーミーさが楽しめるし
桜海老と麺の食感もいいし
コロッケは・・・

( ・_・) 衣?

そう
衣が、少しだけ「もちっ」としているのです。
そしてクリームは、もちろん旨い

普通のクリームコロッケの中身は
小麦粉と牛乳ですが
これは小麦粉に豚骨スープ!

よく考えるよなぁ~(^▽^;)

(ここで私、気がついてなかったのですが
 ドロとコロッケは、同じ豚骨スープを使用
 だから、コロッケを混ぜたときに全く違和感がなかった)

赤玉ねぎは、薄く極わずかに「しゃり」っとさせており
エンドウ豆の茹で加減・塩加減は完璧!

エンドウ豆を旨いと感じたのは久々です
(ラーメンバカやってると、普通エンドウ豆には出会いませんし・・・^^;;;)

残り半分のコロッケも、崩して混ぜる
食べていて気がついたのは、舌触り

舌触りと食感を考慮して
背脂・あん・少し固形が残ったトマトソースってのは
これから和え麺熱が高まることによって
どんどん出てくるかと思います。

ですがこの方は
麺にまとわせた、さらっとしたクリーム
コロッケの中の、しっかりめのクリーム
この2種類を入れることにより
舌触りにも幅を持たせているのです


そして食感ですが
野菜やら肉やら
麺より食感のアクセントのあるものが多い和え麺が
どんどん出てくる中で
麺よりもアクセントの弱い、軽くもちっとした衣・しっかりめのクリーム
これを入れることによりさらに食感の幅を広げている


つまり・・・

これが口の中で全て合わさって
歯と舌で存分に楽しめるひとくちになる!!



ウンマァァァァァ(゚∀゚*)ァァァァァイ!!!!!

これは凄い!!

ネーミング・見た目・味わい・歯と舌を楽しませる多様な食感
全てにおいて
度肝を抜く一杯です!!

残ったソースは、パンに付けていただきました
ごはんじゃなく
パンってのが、ソースにあってて良いですね


私以外に誰もお客さんがいなかったら・・・
御主人が後ろを向いていたら・・・

私は誘惑に逆らえず、
お皿をペロペロペロペロしてしまったことでしょう。。。(^◇^;;



食後、お話をさせていただけました

衣には、なんと「あられ」を入れているそうです!
あられ・・・つまり元々は餅・・・なるほど・・・

小麦粉だけだと、どうもしっくり行かず
アーモンドスライスなんかいれると、アーモンドが勝ちすぎる
行き着いたのが「あられ」なんですって。

また、この参号だけでなく
壱号、弐号も毎回自分でテーマを決めて挑戦しており
壱~参は、全て同じ豚骨スープがベースだそうです。

目的は、定番の塩と醤油のレベル向上と
自分自身の腕の向上のため

そしてこれだけの個性ゆえ
かなりの賞賛・かなりの批判の声があるようです。

この一杯には、ラーメン屋さんにもイタリアンにもない
この店・こちらの御主人ならではの長所が、
あまりにもたっぷり詰まっております

どうか、その長所を存分に楽しんでくださいませ

このラーメンバカは
ここに多大なる「賛」の意を表明いたします!



通うべきお店がまた増えた
ニヤニヤしながら「困ったなぁぁ」と
つぶやきながらお店を後にするのでした。。。

こぶ志

   住所 : 京都市中京区壬生中川町10-6 川島ビル1F
   TEL : 075-841-9419
営業時間 : 11:30~14:30
         18:00~23:00
  定休日 : 木曜日
   席数 : 8席
  駐車場 : なし (すぐ南側近くにパーキングあり)

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

    ↑
また、最近は関西勢が押されております・・・
私だけでなく、関西勢の皆様への
応援も、是非是非御願いいたします~
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
最近、京都のお店も頑張っていますね...

ここもまた訪問しないと...
2008/09/26(Fri) 08:50 | URL  | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
私、京都に行き始めてまだ日が浅いので
昔の京都ラーメンを知らないのですが
正直かなり凄いと思ってます。
今回の「和え麺サミット」に触発されて
大阪や兵庫でも、ハイレベルな和え麺が続々出ることを
すっごく楽しみにしてるんです(^-^)
2008/09/27(Sat) 05:27 | URL  | 麺多浪 #oDLmhaF2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。