FC2ブログ
~ほほえみ めんゆいき~
2008年09月11日 (木) | 編集 |
良く晴れた休みの日

ニヤニヤしながら
五輪のスプリンターのごとく
京都へぶっ飛んでいきました。

9日に発売された、「関西1週間」で
約2週間の限定ラーメンが載っていたからです。
(9月9~21日)

ミーハー丸出しですが、何か!? (-_-メ


着いた先は
地下鉄丸太町から、竹屋町通を東へ3分

合戦中って・・・

麺屋○竹(まるたけ)

着いたのが、12:20
さすがに5人待ち状態

ですが、お店側は6人で回しており
5分くらいで座ることが出来ました。

相変わらず、カツオを中心とした魚介の素晴らしい香りが
店内にあふれています。
蕎麦だろうがラーメンだろうが
綺麗な魚介の香りを充満させているお店に、
まずハズレはありません!

前回来訪時
お水は粉っぽかったのですが
今回、そんなことは全くなく
実に綺麗な浄水器の水でした。

店内を見渡せば
著名人のサインとともに
子供たちが書いた「麺屋○竹さんへ」的なぬり絵が
多く貼られており、顔の表情がゆるみます。

そうする間に、
私の前に入った方のラーメンが出てました
各店員さんの動きは早い!

手を止める方が誰もいないし
ヤイヤイ指示を出す人がいない

これは、各々が自分のすべきことを
的確に出来ていることを意味します
昼の盛況時に、実に見事な連携です。

連絡事項は、耳元でボソボソ(しかも素早い)
厨房で一番大きな音といえば
チャーシューをあぶる時に使うバーナーの音

うーん、調理音しか聞こえないのは
実にそそる!

そして、出てきました!

見た目でも楽しませてくれます

チャンプルー和えそば(1000円)


和え麺(汁なしラーメン)です

私の丼を見た隣のカップルが
「これください」と店員さんに頼んでいましたが
な・・・なんと、一日限定10食で
私の分で今日は最後だったとの事・・・




( い・・・いただきまーす・・・(-_-;;  )



麺にはすでにタレがまぶされており
具が多彩ながらも、卵黄も相まって
結構混ぜやすい。

ぐっちゃんぐっちゃんにかき混ぜて、クチの中へ

麺は、極細ストレート麺
コンニャク粉がブレンドされた自家製麺らしく
カタ麺のような歯ごたえ
そして、歯で切ったときのプチプチ感が良く感じられます。

これ・・・
もしかして「よく噛んでね♪」ってことかな・・・?(・_・ )

ふた口目から、よく噛んでみました。

少し甘辛さを感じるコチュジャンベースのタレが
麺に絡ませてあり
具は、サニーレタス、大葉、刻み海苔、卵黄
スライスした生の玉ねぎ・ゴーヤ、トマト、カイワレ、レモン
生のマグロのユッケ    (ユッケ:日本で言う「ヅケ」のこと)
そして冊状に切られた「島パイン」

島パインは、沖縄のパイナップルだそうで
私、初めて食べます。

その味は、まことに素晴らしく
普通のパイナップルよりも酸味が控えめで
甘味が、かなり上品です。

上白糖と三温糖くらいの差が、両者にはあります
よく噛んでいると
口の中に、プシュっと甘味が小さく広がる瞬間がある

(*^ロ^)「お!今、島パイン噛んだな!」

そしてこれは
麺も具も、ぐっちゃ混ぜになった和え麺

例えば、箸でつかんだそのひとくち
麺の割合が大きければ、麺を楽しむひとくちとなり
島パインが少し多ければ、甘味を楽しめるひとくちとなり
トマトが少し多ければ、酸味を楽しめるひとくちとなり
ユッケが少し多ければ、旨味を楽しめるひとくちとなる

つまり・・・
ひとくちひとくちが、
微妙に違うことを楽しむことができる
これが和え麺最大の長所です



ラーメンでも麺と具を一緒に食べますが
ラーメンの場合、 (麺と具が混ざったものを「混ぜ」とするならば)

混ぜ、混ぜ、スープ、混ぜ、混ぜ、混ぜ、スープ、・・・

のように、スープが間に入ります。
ゆえにスープが美味しいと、高評価を得やすい


つけ麺の場合

麺、麺、麺、箸休めの具、麺、麺、箸休めの具、・・・

こう書くと、
麺を楽しむ食べ物だというのが、よく分かります。
(混ぜにさせてるお店もございます、つけ汁重視の店もございます
 一概にこの型には当てはまりませんが・・・)


ですが、
和え麺の場合は

混ぜ、混ぜ、混ぜ、混ぜ、混ぜ、・・・・

ひたすら「混ぜ」
「混ぜ」しかないし、「混ぜ」が全て
ですから
「とびぬけた旨さ」なり「具」なりで
飽きさせることなく、ひとくちひとくちを楽しいものにさせなくてはいけないし
麺と具のバランスが、特に大事になってきます。


この、「チャンプルー和えそば」は
「具」そして「麺と具のバランス」の両方がバッチリです。
1000円の価値があります!


もはや、私の手と歯は止まりませんでした。

モグモグ・プシュー・モグモグ・ジュワー・モグモグ・まったり~ (←!?)

( ゚∀゚)旨いぞぉぉぉぉぉ!!

隣のカップルさんに悪いので
声に出すことはしませんでしたが・・・

いや、これは本当に素晴らしい
私の中で、「麺屋○竹」さんへの印象度が急激に上昇~♪

微笑みながら、1000円札を
かわいい店員さんに渡すことに
何のためらいもありませんでした。

ごちそうさまでした!

麺屋〇竹
   住所 : 京都市中京区竹屋町通堺町西入ル和久屋町101
   TEL : 075-213-1567
営業時間 : 11:00~16:00頃 (売切れ次第終了)    (←こちらに変更になってます!)
  定休日 : 月曜、月1回だけ火曜
   席数 : 15席弱
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
器も涼しげでいいですな♪

確かに1,000円は高く感じるかもしれないけど、手間などを考えると
納得してしまいますよね...パスタが1,000円を超えて平気なのに
中華麺ではダメみたいな感じがあるでしょ?納得できないです。

ま...安いにこしたことはないんですが...
2008/09/12(Fri) 09:12 | URL  | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
v-275ちょっと小腹がすいたのでフラフラとこちらに来てしまいました。
今回はレアなラーメンを試したんですね。
限定2週間で限定一日10食。しかもその日最後をGETとはついてましたね!!
あーうまそうです!!
でも京都・・・見て楽しませていただきます!
2008/09/12(Fri) 14:55 | URL  | you太郎 #oUPgpoCM[ 編集]
今日もコメントありがとうございます!
ハシダ・メンさん
まぁ、その安さも
ラーメンをここまでの市場に押し上げた
ひとつの要因なのですから
イタリアンの方も頭がイタイのではないでしょうか(^▽^;)

ラーメンで1000円は、まさに境界線ですね
それより上に行くのであれば、
より結果が求められると思いますから
今回の麺やら「まりお流」の創作ラーメンなども
本当に凄いと思っています。


you太郎さん
ラッキーやら申し訳ないやら・・・
12:30で売り切れなのですから、後日
お店側も、もう少し仕込みを増やしたかもしれませんね
2008/09/12(Fri) 21:59 | URL  | 麺多浪 #KMgDTATY[ 編集]
○竹の営業時間はお昼と夜の2部に分かれているんでしょうか?
8月に行った時は通し営業だったんですけど・・。
夜の部でもこれは食べられますか?
2008/09/13(Sat) 22:00 | URL  | なす #-[ 編集]
なすさん
私が行った時は、2部に分かれてたのですが
気になって、先程調べてみたら
営業時間が変更になっておりました!

営業時間 : 11:00~16:00頃 (売切れ次第終了)
  定休日 : 月曜、月1回だけ火曜

自家製麺だし、ロスは出したくないから
といったところでしょうか・・・
あやうく御迷惑をおかけするところでした
この営業時間だと、真剣に1日10食限定になります。
つまり
12時前には行っておいたほうが良いかもしれません・・・
(ハードル高めです・・・)

なすさん
もし行ける機会がございましたら
よろしくお願いいたします
コメントしていただきまして、
誠にありがとうございました <(__)>
2008/09/14(Sun) 00:29 | URL  | 麺多浪 #oDLmhaF2[ 編集]
>麺多浪さん
ありがとうございます。
でも一週間も経っていないのに営業時間変わるかなあ??
2008/09/14(Sun) 12:50 | URL  | なす #-[ 編集]
言葉が足りませんでした・・・
なすさん、すみません
「私が行った時」ではなく
「私が以前に行った時」でした・・・

私が前回行ったのは、半年くらい前のことなのです。
たびたびスミマセン・・・(T_T)

ちなみに前回行った時は、こちら
http://umairaamen.blog101.fc2.com/blog-entry-96.html
こちらも営業時間修正済です、ありがとうございます
2008/09/14(Sun) 13:35 | URL  | 麺多浪 #oDLmhaF2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック