~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月21日 (木) | 編集 |
<初来訪>2008年8月15日

よー晴れとる・・・

お盆の真っ只中、しかも炎天下
京都駅から、とぼとぼと歩くラーメンバカが一匹・・・

暑い・・・でも、汗かいてないな・・・


それって、やばいじゃん!!
(((( ;゚Д゚)))がーん



そこからは、何も考えずスタスタと歩きました。
熱中症になるのは、イヤー!!

着いた先は

ななめすぎた・・・

吟醸らーめん久保田

この店名・・・
酒屋に勤める私にとっては
ずっと気になっていたお店でした。

HPがあったので拝見しましたら
店主さんのお名前が久保田さん・・・なるほど♪

1回聞いたら絶対忘れない店名ってのは
商売をする上で、とても重要なことですね。

同じ京都なら「高倉二条」とか「ラーメン軍団」とかは
普通忘れない。

私、小売業に勤めているので
酒に食品など、色々商品を扱うのですが
やっぱ、お客さんに1発で覚えてもらえる商品ってのは
それだけで、店内にでっかくアピールしよう。って思いますしね
こういう「商売の鉄則」が出来てるお店って
それだけで好感を持ってしまうんです(^-^*)


そうそう、
今日来たのは
こちらと、しゃかりき、つるめん(今福鶴見)の3店で
麺屋棣鄂の
つけ麺用新麺「MTG」のつけ麺が出ていると聞いたからです。


ところが、
これは「夜限定」とのこと

なんでも、これだけWスープなので
もうひとつのスープを昼に仕込まないといけないから・・・だそうです
(ちなみに、「しゃかりき」も夜限定なんですって)

へぇぇぇぇ( ̄▽ ̄*)

関西に名だたる3店が、
昼営業も大変なのにもかかわらず
ここまで手をかける価値を感じた麺ってことですか。

ますます興味が出ました。
3店の内のどこかに
夜行くことにいたしましょう~(^◇^)/


店主さんは、
「味噌つけ麺ならございますが・・・」とおっしゃってくださったが
初めて来たお店でしたので、看板メニューを頂くことにしました。

水は、かなり綺麗な浄水器の水
きちんと手入れも行き届いているのでしょう。

水を飲みながら、ぼーっと店主さんの動きを眺めていたら・・・


えっ!?(・_・ )


私の目を覚ましたのは
店主さんが、魚粉をふったときでした。


パラ・・・


ひとつまみのさらに半分
ほんの少しの魚粉
驚きが確信に変わったのは
ごま油(山田製油?)を垂らしたとき

まるで、糸唐辛子を1本放ったかのごとく
細いわずかな筋のごま油


お・・・おおおおおお!!
なんて繊細な調理なんだ!! ( ̄ロ ̄lll)


それは、麺とスープを入れた器のキャンバスに
細いタッチで、1枚の絵を仕上げていくかのようだった。

その名にたがわぬ!

吟醸醤油らーめん(650円)

うん、いい香り~♪

ごま油以外に、もうひとつかけた油
トリガラ、魚粉(かつお節粉?)の香りが混ざり合っている

どれひとつたりとも出しゃばっていない、綺麗な調和


ほわ~( ̄▽ ̄*)


思わず目を閉じて、香りを楽しんでしまいます
香りだけで顔が笑顔に・・・

(でもきっと、バカ面だったことでしょう・・・
 店主さん、昼ごはん前に卑猥なものをお見せしてしまい、失礼しました・・・・・・)

麺が細麺であることに気がつき
慌てて食べはじめました。

メニューにスープの材料が書いてありましたので
あえて詳しく書きませんが
少し醤油の塩分を立たせた
キレの良いトリガラスープ

でも、ボディが薄いわけではないんです

1杯のラーメンの数値を「10」とするなら
その「10」の味に仕上げるのに
かなり多くの店で、「5」に匹敵する
チャーシューまたはスープを作りたがるんです。 
その「5」のチャーシューがスープの味を壊していても
その「5」のスープが、麺や具まで飲み込んでしまっていても・・・

ですがこちらは
手間をかけて
「1」+「1」+「1」+・・・・・・  で「10」に仕上げている

ですから、派手さは無いですが
きちんとした味にまとめ上げている!

まるで、良きチーム!
でしたら、御主人は良き監督ですねぇ~


麺は全粒粉(全粒粉ブレンド?)の細麺
ゆえにスープを軽く持ち上げ
口の中で噛むごとに、
また新たな香りと旨味が形成されます。


また、麺の湯切りなのですが
振りザルを細かく優しく上下させるのですが
なんと、腰のラインより下にザルを下ろさないのです
腰より下まで振れば、確かに湯は切れるが
力加減によっては、麺を傷つけてしまう。
それを防ぐ為の、腰より上での湯切り
ここにも、お心を感じずにはいられません!
       ↑
(この7行だけ半日後追記です、重要なポイントを書くのを忘れてました・・・)


チャーシューは、全体のバランスを壊さぬよう
細めに切っております。

噛む時の、プリッとした食感
麺と共に良く噛んだときの
優しい旨味の出会い

そして何といってもネギ!!

鮮度の良いネギ
これを炒め置きしたのだろうか?

ネギの自然な甘味が嬉しい!
ネギと麺を一緒にモグモグ食べるのが、凄く嬉しい!


これですよ!
ネギを切り置きして苦味を出して本末転倒ではなく
ネギを炒め置きして苦味を出さず甘味を残す。


<またもや脱線、失礼!>
久保田さんの、このネギが凄く気に入った私
後日自宅で、こんなラーメン作りました♪
1:冷やしラーメン
2:冷やし油そば
   ↑
お粗末なものですが・・・そのへんは気にしないでくださいね・・・ゞ( ̄▽ ̄;)
また、こっちの私の日記ブログには
私の名前も勤務地も顔写真もさらしております
暇な方(←!?)、探してみてくださいね♪
ちなみに、
このネギ油には、今まで作ってみたところ
九条ネギが一番です
<再脱線終わり>



最後少し残ったスープは
香りを楽しみながら、すべて頂きました♪

食べ終わって思いましたが
まったく胃に負担をかけないラーメン
昼からまた忙しい!って方には是非オススメ!
また
京都駅で、下手に並んで食べるより
ここまで足をのばして食べたほうが
絶対感動できますよ!

またもや、定期的に行きたくなるお店に出会えた
京都・・・いい街だぁぁぁぁ!!


そうそう
食べる前に香りを楽しむこと
良く噛んで、味のハーモニーを楽しむこと
この2点は、お忘れなく~ (^-^*)

吟醸らーめん久保田
   住所 : 京都府京都市下京区西松屋町563
   TEL : 075-351-3805
営業時間 : 11:30~14:30(LO14:00)
         18:00~24:00(LO23:30)
 定休日 : 火曜日
   席数 : 15席弱 

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

    ↑
また、最近は関西勢が押されております・・・
私だけでなく、関西勢の皆様への
応援も、是非是非御願いいたします~


スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
ここ...僕も好印象でした。仕事も実に丁寧でしたよね...
湯切りの動作なんて、けっこう感動ものでした。

なんとか夜に訪問したいんですが、ちょっと難しいですね...(苦笑)
2008/08/21(Thu) 09:24 | URL  | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
しまった!
ハシダ・メンさん
そうです!
湯きりのことを書き忘れておりました
追記しておきます、ありがとうございます~。

夜の京都
私、チャレンジしてみます
昼2・・・夜2・・・? (-_-;; ムボウカモ・・・
2008/08/21(Thu) 14:20 | URL  | 麺多浪 #KMgDTATY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。