~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月13日 (水) | 編集 |
オープンから1ヶ月
そろそろ落ち着いただろうか・・・?


いや・・・少し外で待った・・・(; ̄3 ̄)

やっぱ看板は目立たんとな・・・

弘雅流製麺

店内には、ゆったりとした空気が流れている
オープン日すらテンパって無かった店主のKさん
完全に自分のペースをつかんでいるみたいだった。

真夏の麺哲の厨房では、
店内が暑く、かなりキツそうにしていたが
さすがにこちらでは気分よさそうです。

ただ、こちらとしましては
麺の湯きりが全身で見えるので
まだかまだかとソワソワしてしまうのは
麺哲とまったく同じです(^▽^;)


さて、メニューも増え
限定メニューも出てきてきました
(その情報を頂いたから、来たんです♪)

今日御願いしましたのは
数量限定メニューの

これが答えだな

鳥そば(900円)

なるほど、こう来ましたか・・・(゚ω゚=)

麺哲の鶏系は
ひとくち大で、ボコボコ乗っかっておりましたが
これは、鶏が細切り。

つまり、自家製麺とネギと鶏の形状を合わせて
食感を増やすのが目的ですね。

鶏は名産地鶏を使ってるわけでもないので
ひとくち大にすると、比べられる可能性が高い・・・・・
ゆえに
このコンセプトは、凄く正しいと思います。


スープは、鶏・ネギ・揚げネギの香りが
前面に出ております

そして味は、鶏・・・だけじゃないな・・・
塩ダレに昆布かな?
あともう1個、大きな要因があるけど・・・なんだろ?

かなりシャープな味に仕上がっております。

麺は、加水率がやや高い
中細ストレート麺
ネギのシャキッとした食感
鶏の程よい弾力の食感と重なって
食感の競演を楽しませてくれます。

ですが、この状態でも
麺の味や食感がマスキングされたりはしません
麺に自信があるのも、この形状にした理由なのですね

箸休めはなく、ひたすら
ズルズル、ガツガツ食べる


ある程度食べたところで

サブメニューは独自の道を歩むべし!

豚丼(300円)

こちらに手をつけました

チャーシューの端部分のサイの目切り
ネギはたっぷり、少し塩分がキツめ・・・

うーん・・・・・・・・・・・
サイドメニューは
少し違った路線を走って欲しいな・・・と個人的に思いました。


豚丼を平らげ、
残ったスープを飲んでいたら
底に黒い粒粒が


おや・・・?(・_・ )


あ、そうか!
スープをシャープに感じさせていた
もうひとつの要因は黒胡椒か。。。

よく上から黒胡椒をかけて
スープをダメにしてしまうお店を見かけるのですが
あらかじめ底にふっておくと
上手に働いてくれるんだなぁ~(^∀^*)

ほんの些細なことでも
丁寧に考慮しているお店は、来てうれしくなりますね。

また来ます~!

弘雅流製麺
   住所 : 神戸市東灘区住吉宮町6-14-12
   TEL : 078-843-0333
営業時間: : 18:00 ~ 24:00 (麺なくなり次第終了)
 定休日 : 未定
   席数 : 12席くらい
 駐車場 : なし!
        JR住吉駅から、歩いて2分です。電車が楽?

スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。