~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年06月09日 (日) | 編集 |
ラーメンとしては元々
昼に美味しい鶏白湯を出すお店
なのですが、
昼夜ともに「まぜそば」を提供しているため

まぜそばの美味しいお店

と認知している方もいるという
それはそれでアリな現象が起きている


SH3K5164
TORI TO NICKさん

この階段を下りると
軽くウェスタンな雰囲気に包まれる
この瞬間が何とも心地良いお店です。

夜は夜で、肉を焼く香りも加わって
雰囲気が倍増します!

そういえば、以前は夜に
「魔女の辛口カレー」なるメニューが出てましたが
あれは、鶏白湯スープも入っていました。
・・・が、ラーメンが好評で
カレーに回せるだけのスープが残らなくなった。
そのため

魔女は森に帰りました

という爆笑文字を残し
メニュー落ちいたしました。
大人の事情だな、ウンウン(笑)


さ・て・


SH3K5632
現在、昼営業の定番はこちら


夜は、こちらから
下のメニューが無いバージョン
つまり、鶏白湯は昼だけです。

夜はメニューこそ出てませんが
「魔女辛まぜそば」の提供もございますので
おっしゃってみてくださいませ♪



こうなると
両方食べないといけませんね(ニヤリ)

と言いましても「まぜそば」は
以前「月見まぜそば」という名前でした。
その時は、主に昼いらっしゃる前島店主バージョン
そのため、夜に伺ってみました。

夜にメインでいらっしゃるのは
インテリダンディーな雰囲気のある方
お名前を「木薮さん」とおっしゃるのですが
この方はこの方で
夜に清湯ラーメンを出したいと奮闘中です。

目指すは「木薮十割」!!

と、こちらもラーメンの魅力に
すっかり目覚めてしまったお方♪
そんな木薮さんにオーダーいたしました。


SH3K5451
まぜそば(750円)

麺にタレと脂は絡んでおりますが
さらに、日替わりの肉類で旨味と脂をプラス。
鶏のインパクトあふれる味わいになっております。

それ以上に素晴らしいのは
麺がアツアツであるため
全体を混ぜたときに、卵に熱が入って
その熱の入った卵が、旨味を麺にコーティングしてて


ウメ━━━(゚∀゚*)━━━ッ!!!!!



SH3K5452
「ぬらっ」とした艶めかしい色!!

やっぱこれですね!
生卵を入れたはいいけれど
麺が大して熱くないので、卵を混ぜたときに
完全に温度が下がってしまうと意味がない。

生卵がベシャベシャになって
ただの「卵混ぜ麺」になってしまう。
だから皆、たっぷりご飯を入れたがる。
麺よりもごはんの方が美味しいから。

下手なカレーラーメンと同じ理由です。

・ただ具を乗せただけの「のせそば」(←湖国の某氏命名)
・生卵ベシャベシャで、すべてを台無しにする「卵混ぜ麺」
・スープを入れてベシャベシャにした
 「汁無し」の意味が分かってない「論外麺」
・スープ代かかってないのに、麺量がラーメンつけ麺並で
 具も少なく、全然満足度が得られない「原価率最小麺」

和え麺(和え麺・まぜそば・油そば)で
お店が失敗するパターンは、主にこの4つ



TORI TO NICKさんは
昼でも夜でも、そんな「まぜそば」は出てこない。
それは「消費者目線」で他店で食べ
「消費者目線」で考えて商品を作っているから。
メニュー入りして、そんなにたっていないのに


まぜそばの美味しいお店


と認知される方がいる理由がここにある。
茹でた麺を北京鍋に入れて
「和えてあおる」という、面倒な手間をあえて行う。
全てはお客さんのために。

「美味しい手作りの1杯」は
作り手の心情を如実に物語る。


そして後日
今度は昼に伺いました。
勿論狙いは


SH3K5633
魔女辛まぜそば(700円)

一見、まぜそばと同じに見えますが
辛味はしっかり入っております。
混ぜるとこちらも


SH3K5635
ぬらぬらぁぁぁ♪ (←ヘソタイか!)
としております。
辛味が味を増し、かつ引き締めて


ウメェ━━━(゚∀゚*)━━━ェ!!!!!


まぜそば自体が
軽く「引き」のあるタレと脂と肉の旨味
それに加えて、ふくらみのある辛味もオン!

薬味も面白い!

大葉、ネギ、ミョウガ、と
華燕さんに感銘を受けたであろう組み合わせですが
「魔女辛まぜそば」において
一番絶妙な具は、カットたくあん

甘味は控えめにしているタレなので
たくあんの甘味が、味のアクセントとして素晴らしいし
カットしてあるため、軽い食感のアクセントも演出。

これだけでも飽きない食感ですが
さらに言えば、肉が毎日違う部位なので
より飽きない味になっています。

もちろんラストは


SH3K5636
ライスダーイブ!!

量が多いように見えますが
茶碗1/3くらいですので、女性でもなんとか…(笑)

ってか、ライスダイブって言葉を
彼らに教えたのは誰だ!
ライスダイブ付って書き方が
ウケてるぢゃないか!!(爆)


さてさて…さらに続きます。
そんなTORITO NICKさん。
ついにはイベントに参加されることとなりました。


辛 ポスター
「辛い」に工夫加えて
幸せ」にするコラボ

略して辛コラ

白魔法という言葉も気になりますが
もっと気になる言葉は
魔女の絶叫まぜそば
これは瞬時にロックオン!

この日は夜に伺いました…


DSC_0113
魔女の絶叫まぜそば(950円)


(((( ;゚Д゚)))あ…赤魔法!?


魔法の正体は、なんとメレンゲ!
それに辛味を加えているから、この色になるんですね。
となると白魔法は「マイルド増しバージョン!?」
これはこれで、後日食べないと!!

混ぜてみると
メレンゲが、すーーーーっと消えていく。
魔法に違いない!(殴打)


(スマホのくせに写真失敗したため
 載せれないのが情けない…)

混ぜて食べると、肉の旨味だけでなく
舞茸やシメジも組み合わさっている。
これに、魔女から以上の辛味が襲いかかって…


カラウメェェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェェ!!!!!


これはヤバイ!!
知ってしまった、この味を!!

これはクセになる!!!!!

辛味旨味をしっかり受け止める
池村さんの麺の凄さを再認識しながら
軽く食べた後、夢中にむさぼるのを抑え
先ほどの写真において、右下にあったものを投入

これなんと
山葵の茎の山葵和え
それ単体でも美味しいのですが
これを加えることにより
和の辛味も加わって辛さの幅が広がる!
それは清涼感のオマケつきで…


カラウメェェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェェ!!!!!


忘れたころにやってくる
たくあんのアクセントも健在。
これ、大盛・特盛やってくれないかな!?
それくらいに


(  ̄▽ ̄)ウマイッター!!



DSC_0117
こちらもラストはライスダイブ!!

最後の一粒まで大満足でした。
辛いの苦手ではない方は是非!

辛い物を食べて気持ち良く汗をかいた後は
心地良い清涼感に包まれます。
特に夜の場合は、この後にシャワーでも浴びれば
体内の余分な熱が、汗で出ているため
気持ちよく寝れることでしょう。

スーパーさんとかが
夏にカレーフェアをやるのが多いのは
ひとえにこれが理由です。

でもそれは、「夏」以前の「梅雨」でも同じことです。
温度の高い湿気の影響で、余分な熱は体内にこもっています。

万全の体調で真夏を迎えることも重要です。
夏バテ対策は、もう始まっているのです(^◇^)


今月のTORI TO NICKさんは
昼夜ともに、4つのまぜそばが提供されています。

・まぜそば
・魔女辛まぜそば
・魔女辛まぜそば 白魔法Ver.
・魔女の絶叫まぜそば


是非、全面制覇してくださいませ!!

TORI TO NICK
  住所 :  大阪府池田市石橋2-15-30
  TEL : 072-763-3300
営業時間 : 11:00~15:00(ラーメン・まぜそばだけ)
       18:00~24:00(ラーメン無し・まぜそば有り、肉系居酒屋)
 定休日 :  火曜日 
 駐車場 : なし
   席数 : 25席

ブログランキングに参加しております
ワンクリック・・・お願いしますー!
  ↓



過去の「TORI TO NICK」さんのレポ
1:鶏白湯ラーメン
2:ヨルトニック
3:月見まぜそば+魔女の辛口カレー
4:鶏白湯ラーメン+チャーシュー丼

スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。