~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年07月04日 (金) | 編集 |
<初来訪>2008年7月1日

「ろぉじ」を出た後、出町柳駅までもどり
比叡電鉄なるものに乗る

風情だね

あ! ワンマン列車だ~( ̄▽ ̄ )~♪


いいね、風情だねぇ・・・



5分もせずに目的地へつきました
風情終わり(爆)


ついた駅は「一乗寺」
ここは知る人ぞ知る
一乗寺ラーメン街道があるのです
周辺に30軒以上のラーメン店があるとか・・・

実際、とある交差点から
東西南北どの方向を見ても
ラーメン店が軒を連ねています

そんな聖地の中で        (←すでに「聖地」呼ばわりかよ!!)
私が真っ先に行っておきたかったのがここ

先輩~(爆)

ラーメン軍団

このお店の御主人は、ラーメン食べ歩きを経て
自分で開業してしまった方
いわば、ラーメンマニアから先へ進んだ方です。

その御主人、とても明るい方
明石家さんまさんのように、ひきつり笑いをしながら
お客さんに一声かけてらっしゃいます。

お水は、浄水器のとても綺麗な水
水だけでなく、氷までも綺麗な氷
この水なら、魚介系塩ラーメンでも勝負できます。

メニューは2種類
今回御願いしましたのは

うまそー

重厚つけ麺(800円)

え・・・?
この細かい泡立ち方は・・・(・_・ )


レンゲでつけ汁を、軽くひとすくいして飲む


な・・・なんて濃厚な豚骨白湯!!( ̄ロ ̄lll)

上に浮いてる脂は強烈だ(笑)
ですが、メニューに書いてある
「スープ割りは、やっておりません」の文字が示すとおり
塩分は控えめ
ゆえに旨味が・・・



いやいやいやいや!!
そんな簡単な話じゃない(*- -)



・下処理の丁寧さ・水の綺麗さ
 その2点が、旨味を素直に力強くじんわりと感じさせてくれる

・醤油がいい!
 塩分はとんがっておらず、まろやか
 醤油の旨味が、豚骨の旨味に重厚感を与えている

・塩分は少し控えめにしているため
 旨味を存分に楽しむことが出来る

正確に書くと、こんなとこかな?


そして、存在感を放つ太麺は、
「しゃかりき」「ぱこぱこ」でも食べてた (←最近知った阿呆なオイラ・・・)
麺屋棣鄂(ていがく)なる製麺所の麺


麺だけで食べてみると・・・・・・旨い!(・_・ )


加水率は少し高め
軽いモッチリ感と、歯切れのよさ
そしてなにより素朴な旨味がある!

この素朴さを素直に感じさせているのは
やはり綺麗な水の功績でもある



<今回もよりみち・・・>
気になったので、帰宅後「麺屋棣鄂」さんについて調べてみた

1:ラーメン店の要望を受け、まずそのラーメンを食べる
2:店側の希望を取り入れながら、まず製麺
3:ラーメン店に試してもらって、微調整
4:特注麺の完成!

ってことをされているんです。
これは凄いことですよ!

ここまでしてくれる製麺所って、
関西に今いくつあるんだろう?

自家製麺が増える中、昔ながらに製麺業をされている方々が
覇を唱えないわけが無い!
豊富な経験はあり
製麺機が無くて、かつオンリーワンを求める店は多く
力を存分に試せる・ふるえる時代です。

関西の製麺所の皆様
頑張ってください!
<よりみち終わり>


前置きが長い!?
失礼しました!

その太麺をつけて食べてみました。





こ・・・これは・・・(((( ;゚Д゚)))





その瞬間、ぶっ飛びました。
麺とつけ汁、共にこれほど個性的なのに
あわせると、足し算ではなく掛け算のイメージ

決して、合わせる事により
「まとまりがよくなる」訳ではないのです。

でも
麺が勝つわけでもなく
つけ汁が勝つわけでもない
されど、両者の個性は楽しめる
両者の主張の仕方のバランスが取れているのです。

不思議だ・・・
こんな場合、普通しつこく感じるものなのに
箸がどんどん進む!


例えるなら、漫才コンビ
ボケ役・ツッコミ役
ピンでやっても楽しいけれど
やっぱり二人でやってくれるのが
最高に楽しい!

(余計分かりにくい・・・?)


夢中で食べていた私ですが
ふと・・・
違和感を感じて、箸が止まりました。




熱い?(゚〇゚;)

普通、冷や熱
しかも太麺だと
つけ汁はどんどん冷めていく。

でもこれは、底の方に
熱いエリアがあるんです!


なんだなんだ・・・?

箸で底をまさぐって出てきたもの
それは、アッツアツのチャーシューでした!


ウォォォ━━━(゚∀゚*)━━━!!!!!


素晴らしい心配りです
豚骨白湯だからってのもあるのでしょうが
これはやはり嬉しいです


これは・・・

チャーシューは、
さすがにつけ汁の脂でコーティングされるので
旨味のみ、って訳にもいきませんが
ビビッたのは卵!

味が軽くしみた味玉
されど、卵自体が旨い!!

黄身だけでなく白身まで旨い!
これは一体・・・?
まぁ京都だから、
名産卵があっても不思議ではないか・・・
(どなたか御存知だったら教えてくださいませ)


麺を全部食べたら、つけ汁は
ほんの少しだけ残りました。

脂はありますが、この旨いつけ汁を残すことは
我が道に反する!!

汁・完・飲!! (←御主人、ニヤリって顔してた)


いやー
本当に満足させていただきました。
一乗寺、いいところですなぁ


ここに住みたい(爆!)

ラーメン軍団  
   住所 : 京都府京都市左京区高野泉町6-74
    TEL : 075-712-3134
営業時間 : [月~金] 11:30~13:30
               18:00~23:00
        [土・日・祝] 18:00~23:00
 定休日 : 不定休
   席数 : 10席弱
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
えーっ!近場の旨いラーメン屋の貴重な貴重な情報源が・・・引っ越さないでください(笑)

13号線沿い(川西周辺)のラーメン屋でつけ麺があったので、初めて食べてみました。
結論から言うと、塩ラーメン以外で好きなジャンルができてしまいました(笑)
シャンプーハットのてつじさんが「つけ麺とラーメンとは別モンや」と言うのが少し解る気がしました。
スープに負けないように厚めに切られたチャーシューの旨さもですが、つけ麺での旨い卵の存在感は圧倒的ですね^^
ここのつけ麺も美味しそう・・・うちから遠すぎますが(笑)
2008/07/05(Sat) 02:11 | URL  | Ryo #-[ 編集]
わははは・・・
Ryoさん
つけ麺は、麺自体がおいしかったときに超感動モノです
次のお話は、我らが巧ですので
明日をお楽しみに~(^∀^)
2008/07/05(Sat) 14:29 | URL  | 麺多浪 #KMgDTATY[ 編集]
一乗寺まで行かれたのならば「亜喜英」の「純濃厚スープ」も、
重厚つけ麺をいただかれたのならば「しゃかりき」の「濃厚魚介つけそば」も良いですよ。
と、今回は「引越し」の誘惑だけに留めておきま~す。
2008/07/05(Sat) 23:37 | URL  | TGholic #3KrfhFaQ[ 編集]
そうなんです
TGholicさん
ここだけの話   (←ばれるって・・・)
最初に向かったのは「亜喜英」さんだったんです。
ところが
「通院のため、昼営業は休み」との張り紙があり
ならばと思い向かったのが「ラーメン軍団」さんだったんです。
「鶴はし」さんも興味津々だったんですけど・・・^^;
まぁ、一乗寺はこれから何度も行くことになると思うので
開いてるときに突撃します。
「しゃかりき」さんは、色々誘惑物があって
条件が合えば、再訪したいです。

やっぱ引越しかなぁ~(爆)
2008/07/06(Sun) 02:27 | URL  | 麺多浪 #KMgDTATY[ 編集]
こんにちわ!
京都で「つけ麺」といえば
ろおじ@百万遍 もいいですよね
最近、はなふく@伏見 という店で
たまたま限定のつけ麺をいただきました。
ピリ辛で最高に美味しかったですよ。
失礼しました。v-16
2008/07/06(Sun) 10:54 | URL  | ラーメン大好き #-[ 編集]
またも、はなふく・・・
ラーメン大好きさん
コメントありがとうございます!
そうです、この日は
ろぉじ→ラーメン軍団 のつけ麺コースでした
これの前の話が「ろぉじ」ですので
是非御覧下さいませ

それにしても、この短期間に
連続で「はなふく」のお言葉が出てくるとは・・・!
やはり突撃するしかないでしょう~(^-^)

2008/07/07(Mon) 00:38 | URL  | 麺多浪 #KMgDTATY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。