~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年12月09日 (日) | 編集 |
すっげぇ久々に来た…
1年数ケ月ぶりだろうか…
こちらを逃すことはできませんでした。



SH3K4330
竹麺亭さん


SH3K4331
お、これイイネ!
早速お願いしました。


SH3K4332
鶏ポタージュそば(700円)


SH3K4333
しっかりと「とろみ」をつけていたので
店主さんが「濃さ大丈夫ですか?」と聞いてきたほど。

いいんですよー
「白湯」と名乗ってないですから
少々濃かろうが、この「とろみ」に問題なし。

昔から豚骨系が
「濃厚白湯」とか言いながら、しっかりと入れてる澱粉
その悪習を、鶏で真似るところが増えてきました。

私は「白湯」と名乗って澱粉入れるお店に対し
正直好意を持つことはできません。
(自分で「入れてる」と言ってるお店は、好意持ちまくり 笑)
入れるのなら「白湯」以外の名前
「とろみそば」とか、この「ポタージュ」とか
そういった名前を付けてほしい。

昔は、京都で「完全乳化」なんて言葉が出てたくらいなのに
最近の関西の作り手は、だれも発することはない。
嘆かわしい…

このポタージュさん
鶏の味自体は少々薄めですが仕方ないですね
この状況で鶏の味を出すのであれば
それこそコッソリ「味覇」のような
濃縮トリガラスープでも入れなきゃ無理です。

ただ唯一問題だったのはレアチャーシュー
チャーシュー自体は良いのですが
このスープの上に乗せると
熱で血が出てしまって
しかもスープと混ざり合う事がなく
赤い液体がスープの上を流れる。

これは、よろしくありません。
それ以外は良かったと思います。

レアチャーシューは見た目こそ良いかもしれませんが
合わない場合が結構あると思います。
これは、味以前にビジュアルから…


さて、
時間の関係上、2軒目行けなかったので
こちらでもう1麺


SH3K4334
濃厚和え麺(800円)

店主さんが200gも300g同じだから
と、300gを勧めてくださったのはいいのですが
具も結構あるので、量は圧巻


SH3K4335
混ぜるとこんな感じ。

とにかくタレと香味油が弱い…
タレに味が詰まっていない

塩分・辛味・甘味・酸味がメインで形成された
調味料系和え麺。
それが300gの麺で薄まって、単純にキツイ

悪いが、こういうのを「濃厚」とは言わない。

そして、薄まってしまったものに
レア多大チャーシューが来るから
誠に申し訳ないですが「○問系」と言わざるを得ない

こちらの店主さん
あまり食べ歩きはされてないのかな?
そういえば、大阪南部で
遠征クラスの和え麺を聞いた事がない。
逆に言えばチャンスだと思う。
頑張ってくださいませ。

竹麺亭
   住所 : 大阪狭山市東茱萸木4丁目2115-1
   TEL : 072-367-4900
営業時間 : 11:30~14:00
18:00~22:00
  定休日 : 火曜
  駐車場 : 2台あり
   席数 : 13席


ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓



過去の「竹麺亭」さんのレポ
1:塩ラーメン
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。