~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年11月25日 (日) | 編集 |
「西宮大勝軒」さんが移転をされた。
小売業によくある「方便移転」ではなく
本当に東京でお店を立ちあげられ
関西と関東の醤油の使い方で、苦戦されている模様

その跡地は必ずどこかが狙ってくると
周りと話していたのですが、
なんと手を挙げたのは…青森!?

西宮のヲタ密集地帯に「煮干し」が来た
耳がピクリと動きます。

その前に来た「無添加」を唄うお店には
それを唄った時点で興味はわかず
(スープ製造業者が簡単にできるほど。
 もはや、魅力的な単語ではないので)

ところが「煮干し」となれば気にはなります。
ビジュアルを見れば
藍色の丼に、ロースのチャーシューがデデン!と
色使いはいい感じで気になります。
これは行っておかねばならないでしょう。


SH3K4345
お店の前に立った時
「青いがな!!」という突っ込みを一応入れて(笑)

(実際、大勝軒の事を聞いていなかった友人が
 「青いがな!」と言って、バイクを思いっきり北上させた 爆)


SH3K4346
なかた屋さん


食券機で1枚購入
水はセルフ、綺麗な水でOK!
厨房を拝見すれば
ベースのスープは2種類かな?
奥に製麺機があるが、ちゃんと使ってる製麺機だ(爆)
(フェイク製麺機は見たらすぐ分かる)



SH3K4349
メニューを見れば「背油」の文字もあるが
ベースの出汁感を見るのに、背油は邪魔。
ゆえにそれ以外で選ぶことに…


SH3K4347
あじ節塩中華(中、600円)


鯵…鯵…鯵?

ベーススープは鰹の厚削り節の香りが
ビンビン来てるんですが!(爆) 

タレを探ってみても
正直、鯵・昆布の味は出てるとは言い難い
となると、ベーススープと言う事になるんですが
現状だと「ただ使っただけ」で、利いてはいない

ってか、これ動物入れてないな…
魚介だけで作ったスープなので線が細いけれど
タレをキツくしていないのがマル。
ただスープがほんのり紅い


SH3K4348
(((( ;゚Д゚)))紅て!!


よく見れば砕いた桜エビがタップリ入っている
後入れではなく、ベーススープに入れていた模様
その色が少し移ってこの色に…
食欲はそそらない色ですね(笑)

低加水ストレート麺は
使っている粉は普通ですが実直に作っており、
この細いスープに良く合っている。

麺とスープだけ見たら
綺麗なバランス感覚を出している1杯
うどん好きの方も取り込める程
個人的にはアリな物でした。

それだけに惜しいのが具
・メンマ:特徴がなさすぎて埋もれる
・ネギ:青い部分は要りません
・チャーシュー:獣臭が目立ちます

梅が入ってましたが
これはどっちでも(爆)

そして素晴らしいのは麺量
チャーシューをめくったら
その下に麺がびっしり!
600円でこれなら、昼時にはいいですね(^◇^)


うん

思ったより良かったです
もう1杯食べる事にしました(爆)


荷物を置いて席を発つ
奥さんらしき方が明るく
「ありがとうございましたー」と言ってくれるが
私はその御言葉を耳に入れず食券機の前へ(爆)

もう1枚購入し、渡す。
御主人が「おおっと…」的に面喰らっていた。
麺が選べるので「縮れ」でオーダー

このタイミングでミクシィに呟こうと思ったが
なんと、オーダーして1分半立つ前に出てきて
今度は私が「早っ!」と面喰らった(爆)



SH3K4350
煮干し中華(中、600円)


こっちは、ほんの少しだけ脂がある…が
ベーススープ自体が細い
塩中華ほどではないが細い。
チャーシューの煮汁少し+魚介

ここで「魚介」としたのは
ベーススープで煮干しが主張していないから、と
塩中華ほど単調でもなかったから。


SH3K4351
動物の味は、ほとんどしない。
表面の脂が、足した香味油ではなく
最初からスープに入っているものと判断したから
「チャーシューの煮汁」と書いているにすぎません。

ただ、タレは美味しい
タレには煮干しが結構入っており
煮干しの香りと苦みがここにある。
利いてない事はない・ネガでもない
でも、ニボシストの心を沸かすことはできない。

(青森の本家を食べた事のある方には
 是非ご感想をお伺いしたいものです)

それでも、この1杯の印象度を
上げてくれたのが麺でした。

塩中華よりも、少し番手の細い縮れ麺
存在感もあり麺に絡みすぎないのがマル
バランスはこちらもいい!
具は、チャーシューの獣臭以外はマル


SH3K4352
そしてやはり
チャーシューをめくった下にある
びっしり入っている麺がそそります。


今回の2杯を総じて言えば
まだまだな部分はあるけれど、バランスがいい!
ヲタ…特にニボシストにはウケ無いけれど
ヲタでない方(にわか・白々君を除く)には
確実にウケると思いますし
中高年・子供連れには人気が出る事でしょう。


まわりの方の感想をお伺いする限り
日々魚介のブレがあると思われ。
ゆえに、また行く事もあるかと。

なかた屋
   住所 : 西宮市城ケ堀町6-11
   TEL : ?
営業時間 : 11:00~20:00
  定休日 : 木曜日
  駐車場 : 無
   席数 : 20席くらい

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰です!
麺多浪さんにこのお店を取り上げていただけるなんて非常にうれしいです。
実は、私は青森の津軽地方に6年住んでおりまして。。。
まさか、関西で青森のラーメンのお店が開店されるとは夢にも思っておりませんでした。
ニボシスト・・・まさに津軽はそれにつきます。
特に弘前の高○中華そばと青森の○尾中華そば。これを知らずして青森のラーメンを語ることなかれ!なんて言ってみたり(笑)
まだまだ粗削りだとは思いますが、末永く見守ってください☆
2012/11/25(Sun) 23:41 | URL  | ちゃん #-[ 編集]
>ちゃんさん

私は青森に行った事がないので語れません(笑)
まぁ、お気持ちはよくわかります。
私は、尾道・笠岡が大好きですが
現地で食べた事もないのに
「ふじい」さん・「いまい」さん・「山長」さん
を食べただけで尾道・笠岡を
語る人を見ると、正直不快ですし…(; ̄3 ̄)

なかた屋さんが
今後どう進んでいかれるのかが
非常に楽しみです(^◇^)


2012/11/26(Mon) 23:01 | URL  | 麺多浪 #oDLmhaF2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。