~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年04月15日 (日) | 編集 |
あーーーーっ、しまった!!
UPするの忘れてました!!



SH3K2713
「前号」のマチゴトです!


SH3K2715
北摂麺大使
5番目の登場はこちらでした!


自家製麺・濃厚な豚骨に挑戦したい…
お待ちしておりますよ♪


珍しく外観が
麺屋えぐちさん


前回中華そばだったから
今回は


SH3K2385
つけそば 特盛(950円)


ウメェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェ!!!!!



SH3K2386
えぐちさんの麺には、
いつもやられてしまいます。
麺の味自体は、飛び上るほどではないのですが
茹で方がピカイチに凄い。

「モチモチ感」「弾力」
きっと多くの方が、この言葉を使ったでしょうが
「歯で感じる旨さ」
これにいつもやられてしまうんです。

似たような麺を使っているお店は多いと思いますが
ここまで丁寧に茹でて
麺の利点を活かしているお店はそうそうない。
製麺屋さんが、満面の笑みを浮かべる「茹で・シメ加減」

そして、
分かりやすくしっかりとした味の鶏魚介なつけ汁は
難しい事を考えさせる事も無く、ストレートに旨い。
これは、食材の使っている量です。
食材の種類が多かろうと少なかろうと
結局、第一に左右するのは食材の総量ですね。


麺の弾力+つけ汁の旨さ=多大なる満足感


「麺の旨さ+麺を活かすつけ汁+バランス」ってのが
個人的に大好きなんですが
前者の方が、明らかに万人ウケします。

麺の茹でシメが出来ていないお店は
「つけ汁の旨さ=満足」だけです。
それはそれなんでしょうが
えぐちさんは、
「旨さ」を色々な角度からとらえてはるのが
良く分かる1杯ではないだろうか、と感じます。


つけ汁が残ったので、スープ割をお願いしたのですが
こちらのスープ割は
つけ汁を半分捨てて、スープを注ぐ手法だというのを
すっかり失念しておりまして


黒子の○カ!
黒子の○カ!
黒子の○カ!


と、我が額を
地面に打ち付けたい気分で
お店を後にしました(爆)


そこで
1ヶ月ちょい後になりましたが



SH3K2689
リベーーーーーンジ!!



SH3K2690
つけそば 大盛(850円)
昼のライス(100円)



SH3K2691
この日は前回以上に
麺・つけ汁共に素晴らしい精度で


ウメェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェ!!!!!


麺を全て食べ終わった後
今度は誤る事無く


SH3K2692
まずは飯割にして~♪
御飯を全部食べたら
丁度いい具合に、つけ汁が減っているので~♪


SH3K2693
スープ割にしてもらいました(^◇^)


とても気持ちよい昼でした。


麺屋えぐち
   住所 : 大阪府吹田市江坂町1-4-20
   TEL : 06-6338-0077
営業時間 : 11:00~14:30
         18:00~23:00
   (日・祝) 11:00~22:00 (全て、スープなくなり次第終了)
  定休日 : 月曜(祝日の場合翌日)、第3火曜
   席数 : 8席
  駐車場 : 1台

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓


過去の「麺屋えぐち」さんのレポ
1:中華そば
2:つけそば
3:中華そば


スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。