~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年02月05日 (日) | 編集 |
2月29日まで
味噌ラーメンイベント



img87c610e3zikbzj
Smiles for MISO 開催中~!!






Smiles for MISO ①
北海道風 味噌らーめん@みつか坊主




SH3K2231

2月3日(金)夜
残業を終えて「みつか坊主」さんへ
だいぶ時間過ぎちゃったから
限定無理かな…と思ったら、何と行列無し!!

(よー考えたら節分で
 大抵の御家庭では恵方寿司を食べるため
 多くの飲食店がヒマだったそうな…)

待ちかまえていた林さんに早速オーダー!

待っている間
隣の方が英語で林さんに話しかける。
何とか必死で答える林さん。

後ろでアルバイトの美人さんが
そのしどろもどろの返答にツボって
けたけた笑っている。

すると隣の方は
(英語で)「何で彼女は笑っているんですか」と
林さんに尋ねる。
少し間をおいて彼の出した答えは


(i゚∀゚)あ…あいあむ・くれーじー



       ぎゃはははははは!!(^∀^)


ここで私もツボった
ってか、全員大爆笑!

やるなぁ~♪

普段なかなか見られない光景
みつか坊主さんで喜んだ事は多々あれど
爆笑したのなんて初めてですよ(笑)


SH3K2233
北海道風 味噌らーめん(950円)


野菜のビジュアルで北海道風かな?
ミンチは途中から混ぜて欲しいとのこと
では、
ミンチ部分を避けてスープを…


(((( ;゚Д゚)))ウメェェーーーーー!!


な…なんだ?
予想を超える物が
クチの中に侵入してきたぞ!!(滝汗)

もうひとくち飲む

まずインパクト!
動物がしっかり利いたスープなれど
脂に頼ることなく、
味噌ダレとの組み合わせで与えるインパクト
(多量の脂≠インパクト です。
 勘違いしている作り手は、改めましょう)

煮込んだ野菜の旨味と香りは
そっとバックボーンとなり
味噌と動物の濃度あるタッグが
一気に喉の奥まで浸透。
飲み込んだ後、
きゅっと引き締まる部分もあったため
後口はまったくしつこくない
そして残るは、味噌のふくよかな香り…

なんと気持ちの良い剛速球か!

音楽で言えば
「魅せるドラマー」ではなく、まるで「和太鼓連打」
間近で聞く花火のように
ドカンと轟き、力強く気持ち良い余韻をもたらす。

前回の和え麺ろ~どの時は
香辛料の使い方に、旨さの理由がありました。
でも今回は違う。

味噌ダレ

冬源郷ほどブレンドはしていないでしょうが
奥行きの広い味わい
動物系とのマッチ感。
かなり試行錯誤をした上で
ブレンド比率を決めたのでしょう。

味噌主体型
そんな簡単な言葉では言い表せない
深味ある味噌ダレ…旨い!


SH3K2234
そして
合わせてきた麺は低加水の中太麺
これがまた、スープとベタピンで
スープの濃度を感じさせながらも
麺の存在感を旨味を、
しっかりもたらしてくれます。

スープの濃度
麺の食感
キャベツ・モヤシなどの野菜の食感
角煮のプルトロの食感

味のみならず食感も豊か
そこに、「ピリ辛ミンチ」を溶かします。

自分で叩いたミンチ
噛んだときに肉の味がしっかりと出て
ほんのりと、香りが優しく広がる。
辛さはさりげない程度にとどめて
あくまで主役は味噌であることを忘れない。
そして新たに加わるミンチの食感


ウメェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェ!!!!!


やられたぁぁぁぁぁぁぁ!!
麺とスープだけでも
最後まで持っていく力があるのに
それに加えて、具の味と食感
それを2段階で豊かにしている。

これ…凄いな!

斉藤店主が味噌の世界に目覚めたのは北海道
「北海道の味噌ラーメンは作らないんですか?」
と、人に聞かれる事もあるそうですが
今のラーメンとは、明らかに物が違う。
北海道は(客数事情によるものですが)
原価率が日本有数の低さなのです。
だから、
作りたくても作るわけにはいかない。

作ってみたいという気持ちは
お店の中で、誰よりも強かったはず。
だが、その大役を一番弟子に託した。
斉藤さん自身
林さんが、どう表現するのか
見てみたい気持ちもあったのだろう。

だが斉藤さん、嬉しい半面
ちと悔しい部分もあるはず(^▽^;)

この1杯にはドラマがあった
忘れられない1杯を頂きました。



続いては
私にとって逃す事の出来ない限定


SH3K2235
冬源郷(900円)

こちらのスープは
ただ滑らかと言うのではなく
木目の細かさが半端ない。
色鉛筆で言えば、8色ではなく36色

その滑らかさに乗ってくる
動物・魚介の出汁感が
すーーっと喉の奥まで入って行き
ついつい何度もスープを飲みたくなる。

やや低加水の中太麺なれど
麺のツルツル感が心地よく感じ
その舌触りに乗って
出汁感がクチの中に波紋を広げる。


SH3K2236
そして肉よりも存在が目出つ
人参・牛蒡・分厚い大根
大根の優しい染み込み加減は
毎年食べていますがたまりませんね!


SH3K2237
ってか
この大根を目当てにしている自分がいます(笑)
旨いわぁぁぁ!


この2杯を食べて思った事
スープのインパクト・濃度で言うと
北海道風味噌ラーメンの方が上ですが
北海道風味噌らーめんは
冬源郷と同じく
毎日でも飲める後口でありました。

賛辞を述べて帰ろうとしたら
林さんが


    辛口でお願いします(-_-*)


と言ってきたため
細かいところでツッコむところあったかな…? 
と考える。



( ・_・)…










( ・_・)…つ…










一切ツッコむところ
見当たらないんですが!!
(((( ;゚Д゚)))がーん







参った
参りました



どっかの番組のように
「参った」の置き物でも作って
プレゼントしてあげても良いくらいでした(笑)

まぁ、そんなモンは無いので
かわりに、ピッタリのふたつ名を差し上げます


「剛にして轟の味噌らーめん」


「豪」ではなく「轟」
ここに私なりの敬意を込めました



4ヶ月ごとに行われるラーメンイベント
私は
お店の良い部分が広く注目されたり
店主さんが気が付いていない良い部分が表に出たり
新たなブロガー・レビュアーが増えれば良いな…
なんて思っていましたが
彼に関しては想像を超えましたね。
ひょっとして
斉藤さんは狙い通りだったのかな?

林さん自身の熱き想いまずありき
そして熱い方を育む環境を整えた
斉藤さん・西さん
改めて凄い方々だと感じました。



SH3K2232
ちなみに
みつか坊主さん2月営業は12日まで
13日から2週間の改装休業に入りますので
御注意くださいませ


つまり、このラーメンは
2月12日までしか食べれないという事です!
味噌イベント回る事をお考えの方は
みつか坊主さんを優先をオススメします(^◇^)

みつか坊主 
   住所: 大阪府豊中市蛍池北町3-3-13
電話番号: 06-6850-3532(FAXも同じ)
営業時間: 火曜~土曜 18:30~25:30
     日曜、祝日 12:00~21:00
 定休日: 月曜日(祝日の場合翌火曜)
 駐車場: なし (東隣にコインパーキングあり、でも狭いのでお気をつけて・・・)
  席数: 15席くらい
 ブログ: あり → みつか坊主日記


ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓



過去の「みつか坊主」さんのレポ
1、赤味噌ラーメン
2、白味噌ラーメン
3、辛味噌ラーメン
4、みそ菜-COOL菜-豆乳.men
5、冬源郷
6、Kansai (関西)
7、つけそば 11番極太麺 つけ汁1号 (お試し期間中)
8、つけそば 池村3号 つけ汁3号(お試し期間中)
9、つけそば つけ汁4号(お試し期間中)
10、白味噌ラーメン
11、つけそば つけ汁8号
12、次世代だし味噌らーめん・秋 (kansai Ver2)
13、次世代だし味噌らーめん・秋 (kansai Ver2) 卵入り
14、つけそば つけ汁6号
15、赤味噌ラーメン全部乗せ+DONみつか
16、油そば
17:Kansai Ver3 「寒」(未完成バージョン)
18:冬源郷
19:ヴィシソワーズ温 みつか坊主仕込み 
20:Kansai Ver3 「寒」
21:kansai Ver.4 黒丹波
22:つけそば つけ汁 十五号
23:つけそば つけ汁 十四号
24:kansai Ver5 梅酢鶏味噌ラーメン
25:白油麺
26:kansai Ver6 ウルメ鯖出汁のニラそば
27:つけ麺16号 + 浅利と味噌
28:赤味噌らーめん + つけ麺10号(雑煮風)
29:ぶっかけダイナマイト(ポッカポカ麺ロード限定麺)
30:冬源郷+kansai ver.1+ぶっかけダイナマイト
31:つけ麺17号 春キャベツとコク味噌ジンジャー + 黒龍味噌らーめん
32:kansai Ver5 梅酢鶏味噌ラーメン  + 次世代 超豪的 味噌Rahmen ザンギF
33:汁なし味噌担々麺
34:Kansai Ver2 + 和え麺 辛
35:kansai Ver.4 黒丹波

スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。