~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年01月25日 (水) | 編集 |
地図で見て駅から凄く遠い所
正直行く気にならなかったお店にようやく訪問
頑張ってテクテク歩いて行きました。


SH3K2119
自己流ラーメン 綿麺さん


夜営業始まってそんなにたってなく
お客さんは二人
いつも行列の写真ばかり見てましたので
「らっき♪」ってな気分でした。

食べログによれば
御主人の厳しいルールがどうのこうの書いてましたが
まだすいている時間だったからか
特にそんな部分は全くありませんでした。
逆に奥さん(かな?)とにこやかに
ぼそぼそ会話するシーンがあり至って普通。

水は綺麗で美味しい
メニューは
和風とんこつ・つけ麺
の2種でしたが
このお水で和風は期待が出来ます。


SH3K2118
和風とんこつ(700円)

最初
豚骨と魚介のパンチが凄いです。
魚介に関しては出過ぎじゃね?と思うくらい。
それがスープを3クチ4クチと飲むにつれて
段々丁度良くなっていきます。

しかも豚骨は
骨感適度・髄の旨味とコラーゲンたっぷり
魚介は見事なまでのバックボーンで


ウメェェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェェ!!!!!


動物系をバックボーンにしている
洛二神さんとは逆パターンのスープ (と書いても分かりにくい 爆)
飲めば飲むほど、豚骨の素晴らしさが
メキメキと舌の上で頭角を現してきます。

凄い引き…!
豚骨で「引き」という言葉を使うのは一体いつ以来?
それほどまでの吸引力のあるスープでした。

麺…これも面白かったです。
最初すすった時に
あまりのツルツル感に、
丸刃か?…と思った程
よく見れば、正方形で角が丸い。

麺の味そのものは
スープの旨さにマスキングされてましたが
浮く事は全くなく・負けることなく。
それつまり、麺の味がしっかりしている証拠。

エッジを立たせて
麺をアピールするのではなく
必要以上にスープを絡ませないための仕掛けなのか
それでも綺麗にマッチングしているところに
麺好きとしては衝撃を覚えました。

ネギは鮮度良く
半熟卵はスープの邪魔をせず
バラチャーシューは
脂を適度に残しながらトロットロ!

その加減がスープとマッチしており
麺とスープのマッチだけではなく
チャーシューとスープのマッチングまで
しっかりと気を遣っているのだと感じました。


 
第二第四金曜日は
限定ラーメンを出しているそうで
「限定=自分のスキルアップ」というのを
しっかり理解しているお店なんだな…と
個人的に好感を覚えました。

「からあげ丼」なる物が気になりましたので
次回は
つけ麺+からあげ丼 でいってみましょうかね。
駅から結構遠いですが
テクテク歩いて行く価値のあるお店でした。

自己流ラーメン 綿麺
   住所 : 大阪府松原市松ヶ丘3-6-15
   TEL : 072-331-1777
営業時間 : 11:30~14:00 
       18:00~22:30  
   土曜日、11:30~スープ無くなるまで
  定休日 : 日曜日、水曜日の夜(←注意)
   席数 : 9席
  駐車場 : あり

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。