FC2ブログ
~ほほえみ めんゆいき~
2013年03月03日 (日) | 編集 |
大前田さんに行った次の日
早速私は南に向かいました。

LABOさんの天中華を頂き
さらに南下して、某店で「ざんない生卵和え麺」を食べ(笑)
そこから北に戻って、昭和町で降りました。


SH3K5059
麺屋彩々さん

移転後初訪問(笑)
こんなに駅近で便利だったとは…
隣のイタリアンも美味しそうね(笑)

15人待っていても20分かけない素晴らしい回転率
見れば調理は3人、齊藤さんはフロア担当。
柔らかい雰囲気でフロアをする齊藤さんは、
スタッフの方への接し方も柔らかい。

スタッフさんの動きはキビキビされており、
キリッとした顔つきは、
齋藤さんが調理をされていない不安感を一切感じさせない。

耳にしやすい言葉で表現するならば
「鍛えあげられた」といったところでしょうか。


SH3K5060
こちらがメニュー
駒川時代に定番を切望されていた
つけ麺がリリースされているのは
昔からのファンにとっては嬉しいことでしょう。


SH3K5061
辛味噌和え麺(800円)

ミンチたっぷり入った肉味噌ダレ
動物のムワッと感はちと弱い。

麺の湯切り・野菜の湯切りは
齊藤さん、かなりしっかりされていたので、その辺の差かな?
いきなり齊藤さんと
同じ物が出てきたら逆にビビるって(笑)

動物がそうなると、
ニンニクと生姜の香りのアクセントが目立つ。
これはこれで面白いです♪


SH3K5062
麺は中加水の太縮れ
しっかり茹でてあって、具とタレがガシガシ絡む。

香辛料のパンチ
それに負けないタレ(+油)
麺と具の目まぐるしい食感

これこれ♪

食べたいものを食べて満足しました。
齊藤さんから「もう一杯食べます?」と聞かれるものの、
正直に3杯目だったことを言って辞退(笑)


齊藤さん、手や腰を痛めたり、
麺の事で色々あったそうですが、
にこやかにお仕事をされている姿を拝見し、
こちらもにこやかにお店を後にしました(^◇^)

麺屋 彩々
   住所 : 大阪市阿倍野区阪南町1-46-8
電話番号 : 06-6628-5999
営業時間 : [月~金] 11:30~14:30
            18:30~20:00
       [土・祝] 11:30~15:00
(夜は売り切れ次第終了、夜営業がない場合もあり。
 店主さんのブログ、ツィッター等をチェック)
   席数 : 13席
 駐車場 : なし 
 定休日 : 日曜

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓



過去の「麺屋 彩々」さんのレポ

1:味噌ラーメン
2:味噌つけ麺
3:31醤油つけ麺
4:辛味噌和え麺
5:カレーらーめん+味噌らーめん
<↑ 駒川時代 ↑>
<↓ 昭和町 ↓>

スポンサーサイト



テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2013年03月03日 (日) | 編集 |
レポは久々になっちゃいましたね
色々あった・何があったのかは聞いてます。

手を振り切った人もいれば
手を差し伸べた人もいる。
店主が手を出していないのに
無理やり引っ張っていった人もいる。

阪神間でも屈指の実力店であるのに
阪神間でも数少ない遠征クラスのお店であるのに
そのことを忘れているんじゃないのか?
なにか勘違いをしてるんじゃないのか?
周りに対して言いたいことはありますが
それは私の役目ではありません。

個人的には、ひとり静かに歩き始めた店主さんが
堂々と胸を張って「自分」を述べてくれることを
強く期待いたします。

「No」と言える日本人ってやつです(笑)

というわけで、


SH3K4754
らーめん つけ麺 大前田さんです



SH3K5050
現在のメニューは、こちらと…


SH3K5045
こちらです。
まずはこっちから食べ始めるとしましょう。


SH3K5046
穂先メンマの中華そば(700円)

鶏主体のインパクトが舌を流れた後
舌の上で湯気が出るイメージで
昆布の香りと味が「ふわっ」とあらわれる。

辛味で軽く引き締める部分もあり
これが、次のひとくちを促進してて


ウメェ━━━(゚∀゚*)━━━ェ!!!!!


派手さがないから、軽視する人がいそうだが
力強く根の張った木の様に
土台のしっかりした出汁感。

定番の醬油とスープの色を
クッキリと分けてあるのも仕掛けですね。

食べ進めると
熱を入れたチャーシュー、メンマの味も加わり
そして、ネギの小気味よい食感でアクセント。
ナルトは、魚肉の旨味がやさしく出てくるもの。


SH3K5047
麺は、やや加水の高いストレート

合わないことはないが…
という違和感に襲われる。

そう、違和感です。
なんでだろう・・・と考えてみました。

思いついたのは
その原因が大前田さんではなく
私自身にあったこと。

この手の清湯は全国的に多く見られますが
一番私が好きなのは、尾道・笠岡エリア
中には京都と言う方もいらっしゃるだろう。

その麺は全て低加水

つまり、気づかぬうちに
自分の中にある好きなものと
比べてしまってたわけです。
それゆえの違和感。

だから、私のような物よりも
ラーメンをあちこち食べ歩いていない方

ヲレはラヲタぢゃない!(キリッ)

と言う方には特にオススメ。
そして、業務用メンマに飽きた…って方も
ぜひ食べてみてください。


さて、
麺の話が出たのですから
「つけ麺」を食べずして帰れませんね。
ちょうど、この日はラスト1杯だった模様


SH3K5049
鶏白湯のつけ麺(1100円)

麺の味わいが、キテますねー!
噛んだ時に、分かりやすく味が広がります。

大前田さんは、3月中旬に製麺機を買われ
製麺が落ち着いてきてから自家製麺にされるでしょうが
それまでは、麺屋彩々さんの打った麺を使われてます。

今回の大前田さんの一件で
麺屋彩々さんの齊藤店主は「漢」であると再認識。

基本、行列店は避ける私ではありますが
この麺を食べて
未訪である「移転後の麺屋彩々」さんに行こうと思いました。


SH3K5048
もうひとつ注目である「つけ汁」ですが
焼いて強火で炊き上げた鶏肉の
肉と脂の旨味がガンガン襲い掛かってきます。

そしてそれをバジルで引き締める。
粘度よりも、旨味を前面に出していて


ウメェ━━━(゚∀゚*)━━━ェ!!!!!


真面目に炊いた鶏白湯は
お店の数だけカラーがあります。
それが本来あるべき姿

白湯≠粘度

という正しい認識をお持ちの方は
是非とも、狙ってみてください。
皆様のナンバーワン鶏白湯に
なれるかどうかは別の話として

ここの鶏白湯も面白い~!

というご感想を
持っていただけると思います。


そして…
大前田さんへ行った次の日に
早速、麺屋彩々さんに向かったのは
言うまでもありません(^◇^)

らーめん つけ麺 大前田
   住所 : 兵庫県伊丹市瑞ヶ丘 1-19
   TEL : 072-786-6428
営業時間 : 11:30~14:00
        18:00~22:30
       (麺切れで早仕舞する日が多いです)
  定休日 : 月曜
  駐車場 : 2台分あり
   席数 : 10席くらい


ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓



過去の「らーめん つけ麺 大前田」さんのレポ 
1:醤油
2:脚赤海老塩つけ麺
3:つけ麺 (トッピング、牛ハツ)
4:赤ワイン煮ぶっかけ
5:肉醤油 
6:つけ麺 (トッピング、鶏せせり)
7:塩つけ麺(限定トッピング・鶏肝)
8:牡蠣のクリームソースぶっかけ
9:脚赤海老塩つけ麺+盛り合わせ
10:
11:M・K (らーナビ限定麺)
12:肉醤油
13:知覧鶏笹身のひやかけ + M・K
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ