~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年03月27日 (木) | 編集 |
<初来訪>2008年3月7日

旨いラーメンを食べたい!
車で食べに行きたい!

でも・・・・・・

それでも・・・それでも・・・! 

って思わせるお店ってやっぱ凄いって思います。


交通機関の方は
阪急中津西口から南西へ歩いて10分

駅からは遠い・・・

大吾郎商店

駅からはちょっち遠いのですが、
さすがにこの近辺は会社が多く
平日の集客は事欠かぬと見えます

店内は、もんじゃ焼きやっててもおかしくなさそうな
地域密着型の大衆食堂的な雰囲気でしたが
店内の香りは、魚介とトリガラの香りに包まれております。

店内はあわただしく
1時半だというのに忙しそう・・・

頼んだのは

店内混雑中

塩つけ麺(900円)

同じ価格で3玉まで頼めます
(写真は1玉です)

簡単に言えば「鶏塩」のつけ麺バージョン
綺麗なトリガラ、そして少し魚介の臭みがあり
塩の雰囲気を高めています。

旨味よりも鋭角的な塩分を先に感じます
(もっと塩分が濃かったら「一条流」になりそう)

鶏は、かなり柔らかく食べやすいですが
旨味にかけます。

たぶんですが、日本のものではないと思います。

価格のこともあるのでしょうが
全ては麺の印象度を高めるためだ、と私は感じ取りました。


そう・・・

麺が凄い・・・!

中太のストレート麺
少し加水率が高い麺を、やや固めに茹でる
それによって生まれる
モッチリ感、麺の旨味、そしてコシ!

すさまじいまでの麺主役型!


こ・・・この麺は・・・(゚〇゚;)

麺哲と同じく、真空ミキシングのできる製麺機だとは聞いておりますが
麺哲よりも麺に重点を置いているスタイルにしてるんですね。


この麺は、ハマって通ってる方多いんだろうなぁ・・・
本当にお見事でした!!

大吾郎商店

   住所 : 大阪府大阪市北区大淀中4-15-15
   TEL : 06-6458-5236
営業時間 : 11:30~14:30
         18:00~22:30
 定休日 : 日曜 (祝日は昼のみ営業)
   席数 : 約15席
 駐車場 : なし!!  車で来る方、リスクは覚悟の上で・・・
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年03月27日 (木) | 編集 |
<初来訪>2008年3月12日

京都御所・・・
散歩がてら来られる方が多いと思います。

結構歩いた後で、美味しいラーメンはいかがですか?

この近辺の名店といえば、ここでしょ!

合戦中って・・・

麺屋○竹(まるたけ)

メニューを見たら
チャーシュー丼の他に
数量限定「地鶏の親子丼」もある
これは良いですね!


水は・・・・・・・・・粉っぽい!?


頼んだのは、唐揚げと

ごぉぉぉぉぉぉ!

おおお?

コックコート着た人が、ガン見してた

チャーシューをバーナーで焼いてる!


そして
麺を器に入れた直後の動きが素早い!
これは嬉しいです


卵にも焼印が

中華そば(730円+煮卵100円)


お、香りがいいぞぉ!
動物系は鶏の香りと味が多め
そして、カツオやら昆布の魚介系の香りと優しい味わいが素晴らしいです。

全体的に見ると、魚介と鶏を意識するスープ

濃厚なコクではなく
あっさりとした中に各素材の風味を生かしている
これぞまさに「中華そば」です

字の書いた海苔、味わいよい焼印つきの煮卵
少し細めで食べやすいメンマ、軽くゆでたモヤシ、ネギ

そして、プリンプリンのチャーシュー
使っている豚は「無菌豚」
冷たいチャーシューをバーナーで焼いてるので
旨味がそのまま閉じ込められたチャーシューに仕上がってます。


唯一惜しかったのが「麺」

中細ストレート麺(自家製麺かな?)
スープがあっさり目なので、麺の旨味がハッキリ出やすいのです。

加水率は普通、茹で加減も普通
スープに合わせているのでOKです。
ただ、小麦の質の問題でしょうか?
麺自体の旨味が、あまり無いのです。

最初、水が原因か? とも思いましたが
やっぱり小麦ですね。

旨味について
これと同じ感想を持った自家製麺は
富田の「きんせい」

見た目は良いのですが、麺の味わいがもう少しほしい・・・


最近製麺機を導入するお店が増えましたが
お店によってここまでハッキリ違うのは
食べた結果はどうあれ、正直楽しいです。

麺屋〇竹

   住所 : 京都市中京区竹屋町通堺町西入ル和久屋町101
   TEL : 075-213-1567
営業時間 : 11:00~16:00頃 (売切れ次第終了)  (←こちらに変更になってます!)
  定休日 : 月曜、月1回だけ火曜
   席数 : 15席弱
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年03月27日 (木) | 編集 |
ラーメンマニアをやってても
たまに
「めっちゃカレーが食いたいねん!!」ってときもあります。

そんなときは、ここへ直行しましょう

場所は
地下鉄南森町、JR大阪天満宮駅より西へ徒歩5分

めだちます!

カレーラーメン専門店
ミスター・パピー

今回は、マスターの岡本さんがいらっしゃり
何度かマスターのブログにコメントしてしまったこともあったので
御挨拶させて頂きました。


さて、マスターのオススメで今回は

ネギの鮮度がよさそう♪

ポークカレーラーメン(700円)


おおお!
良い香りです!!
カレーのスパイスの香りに加え、もち豚の脂の香りがマッチング♪


まずはレンゲに、スープとネギを入れてすすります。
うん!
ネギの水気をしっかり切ってあるので、
カレースープがネギにまでしみこんで・・・(ハート)

私の実家は、昔からポークカレー派だったので
豚の香りがするカレースープは
母の味のような安心感があります。
しかも、このもち豚は
臭味も全く無いので、豚肉の旨味や甘味が
凄く良く感じられるのです

そして麺は「中細ちぢれ麺」
安心感を覚えるし     (←皆様、何故だか分かりますよね?)
スープをたっぷり持ち上げてくれる

「とどめ」とばかりに
超薄切りの「もち豚」がドたっぷり~(^▽^*)

もちろん、カレースープを持ち上げてくれるので
旨い旨い!

これだけ多いと、「肉はいつ食べようか・・・?」
なんて考える必要もなし。
本能の赴くまま食べれます

さらに
普通にハシでつかむだけで
麺、ネギ、肉を一緒に持ち上げれる

からんでます!

こんな風に♪
これが旨いんだ!

気がつけば完食してしまった!ってくらい
おいしいひとときでした。

食後
カウンターで「イカスミカレーラーメン」を食べていらっしゃった
焼肉「くにや」のYさんとマスターとの3人で
ダベらせていただき、色々お話をお伺いしました。


アツイ方

ご自身のブログをYさんに披露するマスター
「いい絵」とばかりに、1枚拝借・・・

ちょうど今日のマスターの日記を見ておらず
しかもネタは「デザートはじめました!」


ほっほー、デザートっすか( ̄▽ ̄ )

聞いた瞬間、私とYさんの準備はOK
Yさんは、チョコアイス
私は「ゆずシャーベット」(180円)を頂きました


ライムがある!

おお、ライムまで添えられて・・・


普通に食べてうまいのに
ライムを搾ってかけて食べたら、
少し酸味の利いた大人のデザートになって、また旨い。

大げさに言えば「ダブルテイストのデザート」
これで180円は安い!

とっても満足させていただきました。
マスター、スタッフの皆様、Yさん
ありがとうございました。


ミスター・パピー


   住所:大阪市北区西天満3-6-27
   電話:06-6311-0086
営業時間:11:30~24:00     (←ここポイント♪)
 定休日:日曜・祝日
  席数:22席

テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年03月21日 (金) | 編集 |
この日は急いでました!
昼営業が終わりそうだったから・・・

最高速度の競歩で

店舗兼自宅って建物ですな

らーめん弥七

お昼の営業終了間際でしたが、まだ並んでる。
大変ですねぇ

今日の店主さんは風邪気味の模様
お体御自愛くだされ・・・

んな訳なので、速攻食べて出ることにしました
今日頼んだのは

華が咲いてる・・・

塩らーめん(700円)


おお
花穂紫蘇まで添えられて・・・

鶏白湯スープの濃度は軽め、紫蘇が入っており
また違った雰囲気が楽しめ・・・・・・・・・・・・・じゃない!!

違う!
もうひと味なんかある!

どんぶりを探ると・・・干し海老と魚の干物っぽいもの・・・


ふた味だったか!!(`▽´;;


なるほど
塩の雰囲気を高めるための魚介系の仕掛け、というわけですか。

このため、塩に玉ねぎは入っていません。

何度も書きますが
こちらの自家製麺は、本当に美味しい。

スープが絡むことも意識した茹で加減
コシがあるのではなく、歯切れが良い♪



弥七を3回食べて、一番の好みは「醤油」です。

また食べよう・・・・・・・・ってか先日、携帯の画像が良くなったから
今度は綺麗にとってあげたいのがホンネか・・・(; ̄3 ̄)

らーめん弥七
   場所 : 大阪市北区豊崎3-4-8
   TEL :  06-6373-0035
営業時間 : 11:00~16:00  (←4月1日から、この時間になります)
 定休日 : 土・日・祝日 
   席数 : 12席  
         (内、カウンターは4席なので、テーブルでの相席に御協力くださいませ)
  駐車場 : なし     



追伸
今回の店主さんは、明らかに体調不良でした
いずれもう一度食べたいと思います。
ですからその1杯しだいでは、評価があがるかもしれません・・・
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年03月21日 (金) | 編集 |
中4日で、すでに我慢が出来なかった・・・・・・

世間は「ひな祭り」の日でしたが
私の頭の中は「麺祭り」

明かりをつけましょ ちょうちんに~♪
スープをあげましょ 割りスープ~♪
五人マニアと 湯切り音~♪
今日は楽しい麺祭り~♪

こんな歌を歌いながらやってきたのは
またも大阪市中津

そう・・・

店舗兼自宅って建物ですな

らーめん弥七


前回より、1時間早く11時半にきましたが
すでに10人並んでいました。
(店内に5人待ちだから、実質15人待ち)

凄いな・・・
月曜で休みのラーメン屋があるからということを考えても
やっぱここは行列店だ

このお店は、どこか雰囲気が違う。
御主人を始めとした、奥様や男性スタッフの動きのよさもあるのですが・・・
音楽が流れていないからか・・・?
御主人の髪型がモヒカンだからか・・・? (爆!)

こんなことを前回思っていたのです。



ささっ・・・□_(-.-*)




( ・_・)え!?



その理由が分かったのは、御主人が中華鍋から肉をよそったときでした。


お・・・・・・音を立てない・・・!



そう、こちらの御主人
調理音をほとんど立てないのです。
一番大きな音は、「ざっざっ」という麺の湯切り

そして客側は
たまに複数で来られた方が話す声が聞こえますが
基本大きな音は「ずずずー・・・」という麺をすする音




麺の音がBGM!!


前回、「口の中から麺の歌が聞こえる」という表現を使いましたが
あながち間違いではなかった!

ただ、店全体から「麺の歌」が聞こえてくるのです
なんて、心地の良いお店なんだ!!

弥七に行く御予定のある方
ぜひ店内での待ち時間に
目を閉じてみてください。

待ち時間を忘れさせてくれる「麺の歌」が
あなたをリラックスさせてくれるでしょう。


(これゆえ、お店側の会話の全ては普通の音量です。
 女性一人でも安心して入れるお店)

さて、今回私が頼んだのは

心置きなく、ガッツリと・・・

つけ麺大盛(800+120円)
へためし(280円)


麺が・・・綺麗!
つけ汁はモチロン鶏白湯!
カツオの香りも鮮明に感じられ
「もう我慢できない!!」


ずずーっ・・・
ずぞぞぞぞぞぞ・・・

ウメェェェェェ━━━(゚∀゚)━━━ェェェッ!!!!!


ほんの少し加水率の高い中太麺
麺の旨味、モチプリの食感

つけ汁の中には、タマネギと1.5cm角のチャーシュー
スライスで旨いチャーシューは
角になると、旨味がホントよく分かる。

ずぞぞぞぞーっ
ずぞぞぞぞーっ!


だめだ!
ハシがとまらねぇぇぇ!

存分に麺の歌を奏でてしまいました・・・ゞ( ̄▽ ̄;)



麺を全て食べたら
つけ汁にスープを足してもらい
鶏白湯スープを楽しみながら「へためし」をがっつく!

これは、チャーシューの端っこの部分です。
それを中華鍋で焼き色をつけ、余分な脂を落として
ネギ、タレを入れたもの。


(i゚〇゚)や・・・やばすぎる!

塩分よりも、肉の旨味が咲きに口に広がり
口の中で噛む回数が、間違いなく増えてます!

うまい・・・うまい・・・!

間違いなく私は、今幸せです!!
こんな気分を味わえるから
長生きしたいし、健康でいたいし、日々の仕事も頑張れる!

完全に満腹です!
ありがとう・・・弥七の皆様、ありがとう・・・!

らーめん弥七
   場所 : 大阪市北区豊崎3-4-8
   TEL :  06-6373-0035
営業時間 : 11:00~16:00  (←4月1日から、この時間になります)
 定休日 : 土・日・祝日 
   席数 : 12席  
         (内、カウンターは4席なので、テーブルでの相席に御協力くださいませ)
  駐車場 : なし     
  
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年03月13日 (木) | 編集 |
<初来訪>2008年2月28日

よく私は塚口まで献血をしにいきます
そのあと原付でどこか食べに行くのですが
ちょっとこの日は疲れ気味でした。


だったら電車でどこか行こ・・・(; ̄3 ̄)


そこで思い立ったのですが
塚口から、阪急中津まで
たったの12分
そこから歩いて5分で
あのお店にいけたのです。

店舗兼自宅って建物ですな

らーめん弥七

そう
昨年末の「関西1週間」に掲載された
「関西ラーメン大賞」で
グランプリに輝いたお店です!



同じく
「関東ラーメン大賞」では「なんつっ亭」がグランプリになり
主催者の大崎さんのブログが炎上しかかったほど・・・

私は両方のラーメン大賞の記事を拝見させていただきました
「なんつっ亭」の面々は、普通にカメラ目線で載ってましたが
「弥七」の御主人や皆様は、すっごく嬉しそうな顔が載ってました。

それを見て
この「弥七」さんの記事は、信用できるものだと判断
ようやく時間・タイミングが作れ
今回、伺ったしだいであります

私が行ったのは、昼の12時半
満席なのはもちろんのこと
すでに店内4人、店外6人並んでました。

まってる間、換気扇からは良い香りが流れてきます。。。

並んでいる途中
役人の偉い手さんか、企業の偉い手さんらしき
マナーの悪い人たちがいて
正直私「ぶすっ」としながら待ってました
(御主人はすでに慣れているのだろうか、無表情でラーメンを作ってた・・・)

ラーメンを頼み待っていたら、
製麺機、そして熟成してある、ねった小麦粉を発見

そして水は
オフィス街中津とは思えないほど綺麗な水・・・
顔は「ぶすっ」しながらでしたが、期待は高まってました。


照明、少しくらめだったので・・・

しょうゆラーメン(650円)

写真撮りながら、まだ「ぶすっ」としてました私

レンゲですくった
スープ最初のひとくちを飲んだ瞬間・・・


ずずず・・・・・・・・・・・・うまぁ!(゚∀゚*)


あぶねー!
あやうく、声になるところでした!  (小声で「う」は出てしまった・・・)


ってか、これ旨すぎ!!
まぢで!?

おおおおおおおおおお!
もっと早く来るべきだったか!!

無添加の鶏白湯です!
「みなとや」や「旨蔵麺」とは少し異なっており
あっさり、ややクリーミー

鶏の綺麗な旨味と鰹節のアクセント
口の中へ、素直に広がる旨味
そして、その旨味を邪魔しないくらいの
香味油や黒胡椒が、極わずかに入っております。

そして、若干加水率の高い中太麺は
ツルツルで少しだけモッチリ

噛むと、プチプチと麺の歌が聞こえてきそうです!


す・・・すげぇぇぇぇ!
麺とスープだけで、この価格を出す価値がある!!

チャーシューも、もちろん無添加
良い肉質であり、旨味もあり
ホロホロと崩れそうな繊細な食感

煮卵は普通
主役は麺とスープであることからか
あえてそうしてると思います。

あとは、
糸唐辛子、ネギ、白髪ネギ、生の刻み玉ねぎ

ここだけ少し疑問を感じました。
水は綺麗、下処理は完璧な鶏白湯
なのに、ここまでネギ系を入れる必要があるのだろうか?

麺・スープ・ネギ系のバランスを考えると
青い部分のネギを最初から入れないか
刻み玉ねぎは、生ではなく熱を入れた方が良いのか・・・?  と感じました。

にしても
誰も並んでなかったら
間違いなく連食したくなる旨さ

(実は私、同じ店での連食は、まだやったことが無い・・・)

うーーーーーーーん
うまかったぁぁぁ!( ̄▽ ̄*)

丼を上に上げて、満足して立ち上がった私



おや・・・?

さっきまで無表情だった御主人が、
こちらを見てニコニコしてる・・・


ニッコニコ ニッコニコ♪


そういえば以前、
「すっぽんラーメン太尊」の「くまりん」さんに

「本当に美味しそうに食べてるから、
 ついチラチラ見てしまいましたよ・・・」(* ̄3 ̄)

って言われたことがありましたが・・・

・・・そうか・・・
またニタニタ笑いながら食べてたんだな・・・

分かりやすい顔は、
お店側にとってはハッキリしてて良い・・・・・のかも・・・

らーめん弥七
   場所 : 大阪市北区豊崎3-4-8
   TEL :  06-6373-0035
営業時間 : 11:00~16:00  (←4月1日から、この時間になります)
 定休日 : 土・日・祝日 
   席数 : 12席  
         (内、カウンターは4席なので、テーブルでの相席に御協力くださいませ)
  駐車場 : なし     
  
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年03月10日 (月) | 編集 |
<初来訪>2008年2月28日

中津・・・
以前、「○や○」という水の質の悪さを
全く意に介さない店に入ったのがきっかけで
正直避けていたエリアです。

この近辺の水に対し、何とも気にならない方には良いのでしょうが
田舎暮らしの長かった私にとって
水の質の悪さだけは、どうにも我慢なら無い部分があるのです。


そんな避けてたエリアなのに
よく耳に聞こえてくるのが、この前に御紹介した「弥七」と、ここ

目立つなぁ・・・

総大醤(そうだいしょう)

今、こちらの2件目となる「塩元帥」が話題を呼んでいるので
そこに行く前に、基本となるこちらに来ておきたかったのもあります。

水は・・・・・・・・・かなりカルキです・・・
この近辺の、「○や○」より若干マシ
でも、良いとは言ってあげれません。

悩みながら頼みました・・・・・・

待ちながらお仕事ぶりを拝見していたのですが
こちらの店長さん(ごっつい顔してる方)は
ほんと実直な仕事ぶりです

スープやタレのすくい方は丁寧だし
麺の湯切りは、腰を入れて細かく優しくしている。

この点では、安心感を与えてくれます。

出てきたのは「Cセット」(750円)

弥七でご飯物食べとくんだった・・・

醤油ラーメン(600円)+チャーマヨ丼(300円)
が、ランチタイムでチャーマヨ丼半額

少し多めのスープ
トリガラ、酸味、揚げニンニク(結構入ってる)・・・柚子の皮も少し

うーん・・・
乱暴な言い方をしたら
甘味の少ない鶏南蛮の香り・・・


やはり水か・・・(; ̄3 ̄)


コクはそんなに無い綺麗なスープ
水の影響をマスキングするために
酸味と、揚げニンニクの香りと旨味をを入れざるをえなかったのか・・・

麺は、標準加水率の中太ストレート麺
麺がもう少しスープを持ち上げてくれたら・・・と思います。

ザクザクメンマ、ネギ、のり、ナルトは普通
チャーシューの肉肉しさは良いです
(噛むとキュッキュ音がするのがちょっと・・・・・・)

チャーマヨ丼は、そんなチャーシューに
舌触りマイルドな「自家製マヨネーズ」
ランチタイムでお安くなるのは、正直嬉しいですね。


ううううううううううううううう・・・「水」だけ!

「水」の問題がクリアになれば
仕事ぶりの良い部分が、もっともっと鮮明に丼の中に現れるのに!


ただ、
水に対する店側の挑戦は、ひしひしと感じることが出来ました。
水を気にされない方には、間違いなくお勧めの名店だと思います。

(だから、今回載せました)

総大醤  

   住所  : 大阪府大阪市北区浮田2-4-16
   TEL :  06-6375-8260
営業時間 :  11:00~15:00
         17:30~24:00  (日祝は11:00~24:00)
  定休日 : 水曜
   席数 :  12席
 駐車場 : なし
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年03月10日 (月) | 編集 |
この日は、職場関係でラーメンを食べることになり
「あの店」に行こう!って話になりました。



そう・・・あの店・・・



ライトアップOK

神戸ちぇりー亭!!!!


そうです!
男4人で!!

頼んだ物も想像つくと思いますが・・・

わくわく♪
わくわく♪


きたきたぁ!

でんでんでんでん・・・







カッコイイ

ずばばばばばぁぁぁぁぁぁん!!


そうです!
4人して「男全盛」!!




でも私だけ・・・



卍解!


チャーシューもトッピング(爆!!)

これが「神戸ちぇりー亭」最強!
男全盛チャーシュー! (1722円)


チャーシューは、この大きさのが3枚!
御主人が、乗せるのに苦労してましたぁ!!

今回は、小皿をもらい
肉をとりわけ、野菜と麺だけでいただく
途中で、肉をスープにつけて肉を味わう

チャーシューも、バラ肉と同じ「茶美豚」
肉質のしっかりした、味わいのあるチャーシュー!

おお!旨いぞ!!
このチャーシュー、旨い(^▽^*)


相変わらず、キャベツの鮮度は良く
甘味すら感じる美味しさ

(このあたりは山の方だから、近くに良い野菜が揃ってるんだろうな・・・)

若い子には早さで負けましたが


12分もかかってしまった・・・


完食です!


征服感もつかの間
並んでいるお客さんがいらっしゃるので
席を譲って、板の間に移動

この辺は、ラーメンマニアの常識です
(一般の方もできましたら御協力のほどを・・・)


さて
もちろん、4人全員完食なので

記念写真です!

写真には、「みんな男前!」って書いてます。

皆で食べるご飯は美味しいし
皆でおバカなことやるのは楽しい

私にとっても、一生忘れない一杯になりました

3人の男前
ちぇりー亭の御主人・奥様
とっても楽しかったです
ありがとうございました!


ちなみに「ちぇりー亭」には
こんなのもございます

男よ、挑戦せよ!

私、食後に挑戦しましたが
全部しっかり握るのは
「男前」しか無理でした・・・

「究極の男」は、5ミリしか動きませんでしたよ・・・
硬すぎ・・・

そして、記念写真のときに来ても良い学ランですが
ボタンには「牙」って書いてます!
ホント徹底してる!

また来ます!
ごちそうさまでした(^^ゞ



神戸ちぇりー亭
 
   住所 : 三田市南が丘2丁目8-22
   TEL : ないかも・・・
   席数 : 12席くらい
  駐車場 : 少しございます
営業時間 : 木・金・土曜日の20:00~24:00
なんと週に12時間しか営業してない!
皆様御注意くださいませ!
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年03月10日 (月) | 編集 |
両親は今、山口に住んでいるので
帰省がてら、ラーメンを食べることにした私

ただ今回はあえて
山口までにあるラーメン名産地
笠岡、尾道をはずしました。

まず向かったのは、岡山駅!

ここには、そう
「麺屋 巧」 (←伊丹の名店)ではなく
「麺屋 たくみ」があるのです!

以前コンビニでカップラーメンが出ていた
あの店です!

岡山駅から
路面電車(清輝橋行き)に乗り
雲善寺(だったかな?)で下車

私の目の前にそびえ立ったのは・・・















神よぉぉぉぉぉぉ!!


いやぁぁぁぁぁぁ!!
(((( ;゚Д゚)))がーん


え?
月曜だけ、昼営業休み!?


い・・・


いきなり予定狂ったぁぁぁ
(((( ;゚Д゚)))がーん



く・・・
すばやく立ち直るんだ、麺多浪!!

岡山にはめったに来れないんです。
あきらめるなんて絶対にできるわけが無い!!




翌日(帰省の帰り)  (←我ながら執念だ・・・・・・・・・・)




<初来訪 2008年2月19日>

今度は、電話までして
開店時間を店の前で待ちました。

開店直後

麺屋 たくみ

午後6時、オープン!!
(写真に写るは、暖簾を出した直後の店主さん)

おおおおおおおおおおおおおおおおお
ついに来たぞぉぉぉぉぉぉ!!

崖の上で叫ぶ野良犬の如く叫びたいのを我慢して着席

水は微カルキ
こちらも「らぁめん丈」同様
旨味が残っているお水です。

こちらは大きく分けて麺メニューは2種
豚骨醤油の「しなそば」
 鶏醤油の「醤油ラーメン」


今回御願いしましたのは

夢にまで見た・・・ (←ホンマか?)


たくみそば(650円)

これは、こちらのオーソドックスな「しなそば(550円)」に
白髪ネギと味玉のトッピングがついたもの


か・・・香りが・・・( ̄ロ ̄lll)凄い・・・

カツオや昆布・煮干など
何種類入ってるのか分からないほど
魚介がふんだんに使われています。

味も豚骨だけでなく、魚介が出す濃厚な旨味が
幾重にも幾重にも折り重なっております。

なんて濃厚なコクなんだ・・・(゚〇゚;)

ビビりました!
味玉の黄身が、かすんでる!  (←味玉はもちろん旨い)
それほど濃厚な旨味をたたえるスープ
もちろん無添加です。

そして、麺は細いストレート麺でしたが
固くせずに、普通の茹で具合にしておりました。

これは、
麺がスープの水分を吸えばバランスが崩れるから
少し太めの麺を使っても、食べたときの感じ具合が良くないから

旨いスープだけでなく、麺もそこまで考えた上での構成です。

メンマは、ザックザクの食感
チャーシューは、プッルンプルン♪

うめぇぇぇ━━━(゚∀゚*)━━━ぇぇぇぇぇ!!!!!


旨いなんてモンじゃない!
岡山で1、2位って書いてた方もいましたが
こりゃ、もっと凄い!!

この1年の食べ歩きで、最も旨いと思った醤油豚骨!
この1年の食べ歩きで、トップ5に入る激旨ラーメン!


人様の評価を見ていたら、
「スープの量が少ない」なんて言葉もありましたが
値段高騰が続く中、この価格で
あれほどのスープを出すお店は、もう皆無です。
スープの量を減らして、値上げを防いでくれているのです。

これが、御主人のお心ですよ・・・


来て良かった!
ホント来て良かった!!

御主人に正直に申し上げました
・伊丹から来たこと
・伊丹にも「たくみ」の名を持つおいしい店があること
・凄くおいしくて、来て良かったと感じたこと
・必ずまた来ること

御主人、ありがとうございました。
帰省のたびに必ず来ます!

麺屋 たくみ

  場所 :  岡山市中央町8-12 (交差点西北西)
  TEL  :  086-222-0206
営業時間 : 11:30~14:30 18:00~23:00
  休日 :  日曜日、月曜の昼
  席数  : 16席
 駐車場 : 近くに有料駐車場あり
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年03月02日 (日) | 編集 |
<初来訪>2008年2月18日

この日は、帰省しました。
今実家が住んでいるのは山口
でも、ただ山口に向けてまっすぐ帰る私ではありません
私は、麺多浪なのです。

ラーメンしか頭にねぇ!!

ただ今回はあえて
山口までにあるラーメン名産地
笠岡、尾道をはずしました。

目指したのは岡山駅!

岡山駅東口を出てすぐ目の前の道を北へ300m


「じょう」ではなく「だけ」

らぁめん丈(DAKE)

あの文字に気合を感じる!
入店したら、目の前にラグビーボールの1.5倍くらいの
モンゴル岩塩が鎮座しておりました・・・


入ってさっそくお水を頂きましたが・・・旨い!
微カルキ、浄水器の水です。
ただ、基本的な水の旨味がしっかりしています。

水が生きています!


これが、岡山の水か!
駅前でこのレベルとは・・・!

期待は膨らみます

テーブルの上は、自由に「梅」「辛味噌」が取れるようになってます。

麺よりも、つけ汁の存在感がある!

紫つけ麺(800円)

ちぢれ麺、梅や肉質の良いチャーシューなど
丁寧な仕事ぶりが伺えます。

驚いたのが、「つけ汁」でした。

スープは、豚骨(チャーシュー用の豚も)、トリガラ、野菜等
魚介系も入っていそうな雰囲気。

明らかに一線を画しているのが、「醤油ダレ」
スープは控えめに、ちょっとピリ辛なタレの旨味が麺にからみ
なんともいえぬ旨味を出しています。
(無添加だと思います)

ただ・・・
味の決め手は、醤油の濃厚さではない。
醤油以外の物が、絶対的な存在感を放っている!


そこで、「つけ汁」の中を探り始めました



・・・!?

これ、なんだ・・・(・_・ )



じーーーっと見たら・・・・・・・・・・・・・・・・・・貝ひも?
貝ひもを細かくしたものが炒めてあります。


貝ひも・・・


辛味噌・・・



( ・_・)!!



え!?
ま・・・まさか!!


私は、テーブルの上の辛味噌の中を覗きこみました。




あった!
干し海老!!



やっぱりだ!

これ自家製の「XO醤」だ!!



もちろん、中華料理店で使うXO醤のような作り方ではないと思いますが
自分で炒めて作っている
いわば「XOラーメン醤」!

これが、あの存在感のある旨味の理由か!

素晴らしい!!
スープだけ考える店が多い中
タレにこれだけ工夫を見せるお店はなかなかありません!


感心しながら、替え玉です。

料金800円ですが、
替え玉ひと玉だけ無料なのです


しかも、ちぢれ麺、ストレート麺、平太麺の3種から選べ
冷たくするか、熱くするかの選択肢もある!


つけ汁がぬるくなっていたので
「平太麺」「熱い」を選択

熱いラードタレを入れて整えて出てきました

中は、めっちゃ熱い!

先日の「京都五行」のように
湯気は立ってませんが
中はめちゃくちゃ熱い!

しかも醤油ダレがしっかり絡まり
麺の表面は茶色になるくらい!


ずぞぞー!
ずぞぞー!

ウメェ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

麺に濃厚なタレと脂(しつこくない)がコーティング
食べ応えバツグンです!

しかも800円で、2杯食べてるようなものだ!
選択肢の豊富だし・・・
なんて素敵なお店なんだ!

駅から近いところに、ここまでハイレベルなお店があるのは
素晴らしいことです!

いつも岡山を素通りされてる方
時間がございましたら
是非立ち寄ってみてくださいませ

らぁめん丈
   住所 : 岡山県岡山市駅前町2丁目2−5
   TEL : 086-223-1355
営業時間 : 11:30~14:00 18:00~26:00
        (土日は昼休憩なし、毎日スープなくなり次第終了)
 定休日 : なし? (不定休かも?)
  席数 : 約15席
 駐車場 : なし
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。