~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月29日 (金) | 編集 |
<初来訪>2008年2月14日

平日の昼間はおとなしくても
夕方になれば、人の数・店の数が激増します。

さて、そんな中でも
落ち着いた雰囲気で食事が出来るのは・・・

五行

京都五行

結構前から名前を聞くお店なので
正直、気になっていたのです。


五行店内

店内はこんな感じ
写真奥が、カウンター・入り口です
反対側は「ラーメンバー」
おっしゃれぃな雰囲気

カップル用の連結イスまである・・・
(私と連れは、普通のテーブル席にしました) (←すぐに生ビールを注文・・・)


ここはラーメンダイニングで
なんと、まずお通しが出ます。

「焼きサラダ」お見事でした。
焼いた野菜にダシをはる・・・旨い!

「生麩とモチの揚げだし」(750円)も素晴らしい!
モチモチ感、揚げ具合、ダシの絡み具合・・・絶品!

漬物まで!

漬物まであり
大根系は、鮮度が良く
甘味すら感じる



そしてお待ちかねのラーメンがきました


連れは

つけ麺・・・

つけ麺(1050円)

加水率の高い、綺麗でややモッチリした麺
(自家製麺だそうで・・・)
トリガラメインの上品なつけ汁
塩分は濃くないのが、特に好印象
(どこかで同じ印象を受けたようなスープだな・・・) (←後で納得いった)



私は

くろ (ハート)

焦がし醤油(1000円)

マー油(焦がしニンニク風味の油)たっぷり
湯気は一切立ってないのですが
ラードにおおわれており
スープは激熱です!
(生のキャベツに火が通るほど)

うん・・・うまい・・・!

豚骨メイン、トリガラと野菜を加えていそう
魚介の香りはさすがに感じられませんでした。
(でも魚介は入れてると思います)

しかし、この黒いスープは
どうやって作ったのか・・・?

豚骨スープとマー湯を乳化させて
後から、トリガラ系のスープを加えて攪拌?
うーん、わかんない・・・
(でも無添加だと思います)

脂っこさを感じさせないのも魅力のひとつ

麺は、少し加水率の高い自家製中太麺
最後まで、すごくアツアツで食べれます。

麺とスープに意識が行って
チャーシューの存在感が薄くなってた程です・・・ゞ( ̄▽ ̄;)


素晴らしいラーメンだ・・・
見た目のインパクトだけでなく
味と印象の事まで、しっかり考えられている。


連れのつけ麺のスープ割りをお願いし
ベーススープが別容器で運ばれてきたので飲んでみると
トリガラの旨味が素晴らしく
カツオの香りが、素敵なアクセント。

(旨かったので、私がほとんど飲んだ・・・)


どんどんノってきて

カニクリームコロッケ♪

カニクリームコロッケ(1200円)

これもいい!


あと、梅酒、角煮、佐藤の麦(久々に旨い焼酎に出会った)
ラストに、和菓子デザートとお茶付き

お通し・デザート・お茶、
これでテーブルチャージ300円は超良心的!

お茶を飲んだツレ

( ・_・)「黒豆茶だね」

なるほど
京都だけに黒豆か・・・

店員さんに確認したら















「コーン茶です♪」(^-^)



・・・・・・・・・


うぉぉぉぉぉい!
(((( ;゚Д゚)))がーん


思いっきりコーンの香りやんけ!

これだけ飲み食いして、計8700円
とても良いお店でした!


五行・・・
気になったので調べてみたら
一風堂の系列

なるほど・・・
味も姿勢もバッチリ決まってるのは納得!
さすがですね♪

京都五行
   住所 : 京都市中京区柳馬場通 蛸薬師下ル十文字町452
   TEL : 075-254-5567
営業時間 : 11:30~15:00 17:00~25:00
 定休日 : なし?
  席数 : 40席以上あったと・・・
 駐車場 : なし
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年02月29日 (金) | 編集 |
<初来訪>2008年2月14日

久しぶりに、京都のラーメンを食べる機会にめぐりあいました

すっとずっと行きたくてたまらなかったのが
京都大丸東側の道(高倉通)を北上
二条付近にある

オーラを感じる・・・

高倉二条

あの「ちょうちん」がトレードマークのお店です

昼時だったこともあり、背広を着た男性が
出たり入ったりの状態です (食券制)

つまってる

味玉チャーシュー麺
(980円)

おおおお!
小さめのどんぶりに見えますが
中身が凄く詰まってる!

なんて芳醇な魚介の香り・・・
引き締まって旨味のあるスープ・・・( ̄▽ ̄ )

カツオがメインで、ほか2~3種類入っていそうです。
豚骨メイン、少しトリガラの動物系のWスープ

少し色が変わってるのは、酢が入っているからです
酢は京都だけに「富士酢」
そして味醂は岐阜の「福純来」

甘味の量は少なめです
酸味はしっかりしています(共に上品です)


麺は・・・・・・・・おおおおおおおおおおお!?

ウマァァァァ━━━(゚∀゚*)━━━ァァァイ!!!!!

なんと、全粒紛です
黒点が麺の中に見えます
(たしか自家製麺だったと思います)
加水率は少し高めにしてあり
軽くモッチリして、麺自体の旨味と香りが凄く分かりやすい!

よく「小麦の味」なんて聞きますが
分かりにくいという方はいらしゃるはず
この高倉二条の麺は、それがとっても分かりやすく感じられます。

これは旨いなぁ!
「麺野郎」の麺が好きな方は
絶対衝撃を受けるはず!

チャーシューは、肉厚でプリプリ
しかも枚数多い!

さらに味玉は・・・

ああ・・・キミは美しい・・・

プリン♪ じわー・・・

うほほーーーーー(ノ^∇^)ノーーーーーい!


濃厚プリトロ(ハート)

旨い!
旨すぎだよ、高倉二条ぉ!


やはりといっては何ですが
富士酢が効いてるため、胃がもたれない!
食べた後が爽やか!

初老の男性が一人でランチに来てましたが
それも納得の味です。

こういうのを「優しさがつまった味」って言うんでしょうね♪

京都らしい上品なラーメン
堪能させていただきました。

高倉二条
   住所 : 京都市中京区高倉二条東南
   TEL : 075-255-9575
営業時間 : 11:30~15:00 18:30~22:00
 定休日 : 不定休(←御注意)
  席数 : 約10席
 駐車場 : なし
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年02月12日 (火) | 編集 |
<初来訪>2008年2月8日

伊丹から原付で1時間弱
このめっちゃ寒い日に暴挙に出てしまいました、反省・・・

さて
必死こいてやって来たのは、
神鉄横山駅の北出口から東へ数百mのところにある

ライトアップしてない・・・

神戸ちぇりー亭


ご主人、ライト付け忘れか・・・?

御主人は人当たりの良いお方
奥様はすっげー美人・・・

ここは、とことん「男」色
音楽も男関係ばっかり!

隣は、右も左もラーメンブロガー様

「オス!」「麺です!」
御主人の気合の入った掛け声が飛びます

とあるラーメンを頼み
30分弱くらい待ったのかな・・・?

(結構入っていたので・・・)


スープをいれ、麺をいれ
炒めておいた野菜を、トングで盛っていき・・・

おいおいおいおいおい!








え・・・?








ちょ・・・をいをいをいをい!








神々しい・・・

ぎゃあああああああ!
(((( ;゚Д゚)))がーん





気を取り直して、横から撮影




美しい!

これぞラーメン界の
マッターホルン!
 → この山のこと

ド根性の醤油 男全盛(1407円)

なんて光景だ!
メジャーで高さを測っておくべきだったか!?

だが
ボーットしてる暇は無い
スープは結構熱め
ぐずぐずしてると麺が伸びる!

腕をまくり合掌
「いただきます!」


(●)Δ(●)がつがつがつがつがつ!

一心不乱に食べ始めました

豚肉は「茶美豚」
百貨店系列で、たまに置いてる店がある銘豚
臭みは無く、あっさりとした肉質

さすがに野菜の鮮度が良く
キャベツは甘味すら感じます。

麺は太麺
結構濃厚な醤油ダレがしっかり絡み
食べ応えバツグンです!

タレは、シンプルに仕上げてました
醤油(再仕込醤油か?)の濃厚さと脂の甘味
ベースのスープは、主に豚でしょうが
醤油に意識が行く味わいです


上の部分をある程度食べたら「天地返し」

(とある高名なラーメンブロガー様が考え出した必殺技
 上の具と、下の麺をハシでごっそり入れ替える)

これで、麺は伸びにくく
具にスープが絡み
固形物を全部食べた後のスープの残り具合が少なくてすみます


後は一気に行きました
もともと麺の量は300gなので問題なし
最後のスープで少しペースが落ちましたが
受け皿にたれたスープも含め完食です!!


おっしゃぁぁぁぁ(*`Д´)


男全盛を食べた人は、記念写真を撮ってもらえます
私は、お店の学ランを着て撮ってもらいました♪

(タックとめたら吐きそうだったので、前は全部あけたまま・・・)

その写真は、誰が見ても私だと分かるように
一筆書いてお店に貼っていただいております。


ちなみにお店のポイントカードがございます
その名も「男前カード」

そのカードのポイントがたまったら
「硬派カード」に昇格
裏メニューの「つけ麺」が食べれるようになります

(よく出来てるな・・・^^;;;)


ご主人・奥様ごちそうさまでした!
次回は電車で参ります・・・
176寒すぎ・・・

(帰りは氷点下でした・・・)


神戸ちぇりー亭
 
   住所 : 三田市南が丘2丁目8-22
   TEL : ないかも・・・
   席数 : 12席くらい
  駐車場 : 少しございます
営業時間 : 木・金・土曜日の20:00~24:00
なんと週に12時間しか営業してない!
皆様御注意くださいませ!
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年02月12日 (火) | 編集 |
<残念ながら、閉店しました>



<初来訪>2008年2月8日

大阪府茨木市
2号線から少し行けば
右も左も閑静な住宅街

そんな街に、このようなお店があるのは
本当にうらやましいと思ってしまったのが

かごがイタイな黒王よ・・・

ほんまの老麺屋

原付をとめるところを探していたら
奥様が出てきてくれて

  「どうぞ前に止めてください」(^.^)

中に入れば

  「真ん中があたたかいですから、どうぞ真ん中へ」(^.^)

私の眼鏡が曇ったのを見た瞬間
ティッシュを差し出してくれました

ああ・・・
なんか「旨蔵麺」のマスターを思い出させる心温かな御夫婦・・・


まずはお水を・・・



!!(゚〇゚;)


目が点になった私
そのまま御主人と目を合わせ・・・

「おいしい・・・」


このあたりの自然水?
いや、それはない・・・

これは・・・・・・?


御主人の後ろには手作りのタンク
お話を伺えば
なんと電気処理を施して (←私、理論的に詳しく知りませんが・・・)
水の分子を小さくしているとの事

たとえぬるくても、
ジワリと口に広がっていく水本来の旨味がある・・・

そういえば、
こういう水を商品としてだしてる会社があったたな・・・

期待は一気に高まりました!

綺麗だな・・・

チャーシューつけ麺(800円)


見てお分かりのように
ここの麺は、そばや、うどんのような作り方をした手打ち麺

キラキラ

見てください!
この光り輝く麺を!

つけ汁につけて・・・
おお、スープがよく絡むなぁ

ずずずずずず・・・

・・・・・・・・(゚〇゚;)え?

すすった瞬間
また私の顔色は変わりました!

こ・・・この「つけ汁」はいったい・・・!?


鶏はすぐに分かりました。

でも後は・・・?


脂はとても少ない・・・
醤油の旨味はしっかりしてる・・・
野菜・・・?・・・魚介・・・?
いや、どっちも感じられない・・・


夢中で食べました
チャーシューは冷たいのですが、
脂が少ないのと柔らかさがあって、
これもまた「つけ汁」に良く絡む・・・

なんだ・・・?
味のベースはしっかりしてるのに軽やか
もちろん無添加
だからなおさら謎だ・・・

すすむ・・・ハシが進む・・・


(御主人が、ご親切にも酢やらなにやら出してくださったのですが
 謎が解けなかったので、入れませんでした・・・・・・)



あっという間に食べてしまいました


ぽかんとしてしまった私
ここで御主人がスープの材料を教えてくださいました

豚・鶏がメイン
牛・鰹(少々)

これを、一度冷やして脂を取り除いて
小豆島のたまり醤油(小豆島では「豆醤」とも言ってたな)と合わす。



な・・・なんと!!
町田の胡心房
のように
同じように脂を取り除いた「とんこつ」はたまに聞きます。

だが、これをつけ麺に応用するとは・・・


ラーメンマニアが食べたら、物足りないかもしれませんが
蕎麦好き、うどん好きの方が食べたなら、驚愕の味わいです。


写真を撮り忘れましたが
蒸し餃子、3個で100円
これもオススメ!

皮はもちろん手打ち
綺麗な水で蒸してるから、ニラなどの具の風味が鮮烈に感じられます。

おもわず
「これ、値上げしたほうがいいですよ・・・」( ̄_ ̄*)
って言っちゃったくらい。
(人件費が出てないから・・・)


いやー良かったぁぁぁ
心から先に温めていただき
後から味で温めていただきました。

子供に人気があるというのもうなずける
いいお店でした♪

本間さん、奥様
ありがとうございました
伊丹から来た甲斐がありました!

ほんまの老麺屋

   住所 : 茨木市玉櫛2-22-18
   TEL : 072-636-8844
営業時間 : 11:30~14:30 18:00~20:30
         (金・土曜日は21:30まで)
  定休日 : 水曜日
  駐車場 : 店前にしっかりございます
   席数 : 15席・・・(くらいだったような・・・)
    HPあり → こちら
   ブログあり → こちら
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年02月12日 (火) | 編集 |
<初来訪>2008年2月8日

高槻駅、富田駅
どちらから来ても結構時間のかかる住宅街に
阪急オアシスを核とした商業広場がございます。

他のお店と同じくして
静かにひっそりとたたずむ

外見は地味

華燕(かえん)

中華料理のお店ですが、
関西ラーメン界を震撼させたという・・・

私のほかに、本格的なカメラを用意した
ラーメンブロガーさんらしき方も・・・

水は、ややカルキ
普通でした・・・・・・・・・・・・・・が
出てきた一杯は凄まじい物でした。

ワンダーランド!

ダブルスープ醤油 (700円)

スープを一口飲んで・・・


おおおおお!(゚〇゚;)


一般的に旨いといわれる名店ですら
ダブルスープは、魚介系か動物系のどっちかが
より強く香りやら味に現れています。

ですがこれは・・・・・・・同等!

しかも
醤油の旨味も綺麗に感じ取ることの出来る程良さ
なんてバランス感覚だ・・・!

「同等」なんて一言言うのは簡単ですが
これを作るとなると、生半可なことでは出来ない!

ちなみに、魚介は
結構種類を使っていそうな味わいでした。
(なおさら凄い・・・)

そして、スープのバランスを意識するということは
麺をしっかり感じてほしい、というメッセージ

若干加水率の高い中太麺
プリプチンという食感
スイスイ口に入っていく
これは、連食できる麺です・・・ゞ( ̄▽ ̄;)

それにしても、具が凄いな

ネギ、白髪ネギ(スープで軽く煮てる)、揚げ玉ねぎ、かいわれ
味のしみた味玉、やわらかく味わいのあるチャーシュー、水餃子
そして焼鶏・・・

しかも、ひとつひとつに手が込んでいる・・・
焼鶏は特に絶品でした!
弾力のあるモモ肉、肉のジューシーな旨味をしっかり封じ込め
少し焼いて香ばしくもしてある。

この「具ひとつ」をとっても
ご主人の実直なお人柄がうかがえるというものです。


いったいどれだけのラーメン屋さんが
この方のお仕事ぶりに感銘を受けたのだろう・・・

席を立つのが、ついつい惜しくなってしまう一杯でした


華燕
   住所 : 高槻市牧田町7-54-109
   TEL : 072-693-8808
営業時間 : 11:30~14:30 17:00~21:00
 定休日 : 月曜、偶数火曜(←御注意)
  席数 : 約25席
 駐車場 : オアシスで買い物をされるのであれば・・・・・・
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年02月12日 (火) | 編集 |
最近味噌に対する衝動を
抑えられなくさせてくれている
2008年、注目度NO1の味噌ラーメン専門店

入り口から、個性的

みつか坊主


ルイボスティを、「わんこそば」のように
ガブガブ飲みながら御願いしました


メインとなる3つのラーメンのうち
まだ唯一食べていなかったのが

ほっこり♪

辛味噌ラーメン(850円)

これは、いっそう酒粕のいい香りがいたします。

ひとくちすすって・・・


じわぁぁぁぁぁ・・・( ̄∀ ̄*)オオオオ・・・


これもまた見事な・・・
味噌の旨味・スープの旨味そして辛味、
全てがバランスよく
同じパワーで感じます。

メンマや鶏団子のおいしさは、何度も御紹介したとおり
今回のチャーシューも、ホロホロと・・・

旨い・・・(^_^*)

よく、みつか坊主の村長さんが
ブログにて「ほっこり」という表現を使ってらっしゃるのですが
これこそ、その「ほっこり」に当てはまるラーメン


Wスープと合わせ味噌と辛味
この3つのじゃじゃ馬を、綺麗に整列させる統率力
とでも言いましょうか
濃厚でバランスの取れたこのスープを、簡単な言葉で表すなら
全味一体


おそらくですが、オープンにあたって
このスープが、一番苦労されたのではないでしょうか?

辛さに対するとらえ方は
ラーメン屋さんだけでなく、
全ての飲食業において悩みどころ

辛さを引き出すところもあれば
こちらのように、辛さを包み込んで溶け合わせてしまうお店もある。

辛さは、お店の味に対する姿勢を知ることができる
パロメータです。


そしてこの辛味噌ラーメン
スープの包容力が大きいので
具を変えても、
上手く包み込んでくれると思います。



ほっこり・・・(^-^) (ハート)



余韻に浸ってたら、ついに我慢ができなくなって


洋梨自体食べるの久しぶり・・・

洋梨のシャーベット(250円)
も食べてしまいました。

私、デザートは自分で作らないので
添加物の有無くらいしか分かりません

けれど、このシャーベット
果肉は大きいし、甘さは綺麗だし、ジューシーだし・・・

ピリ辛の印象をアフターに残していた口の中の印象を
優しく塗り替えてくれました。


旨い━━━(゚∀゚)━━━っ!!!!!



大男がシャーベットをつついてニタニタするのは
周りから見たら、イタイくらい気色悪いかもしれませんが
旨いです!

まわりからどう思われてもいい
これは食べなくては損というものです!

季節によってシャーベットは変わるそうです
オープン当初は「いちぢくのシャーベット」だったとか

いちぢくのシャーベット・・・メッチャ旨そう・・・



ほっこり・・・いや、まったりだ・・・
ささやかな幸せが、ここにある・・・


みつか坊主 

   住所: 大阪府豊中市蛍池北町3-3-13
電話番号: 06-6850-3532(FAXも同じ)
営業時間:        平日 11時30分~14時 18時~25時
       日曜or連休末日 11時30分~15時 17時~22時
 定休日: 月曜日+第2火曜日
 駐車場: なし
  席数: 15席くらい
 ブログ: あり → みつか坊主日記
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年02月12日 (火) | 編集 |
肌に刺さるような寒い日でしたが
夜、一月半ぶりの五大力へ突進!

夜の五大力、入り口

麺屋 五大力


10時半前に行ったら、珍しく私一人でしたが
数分後、10人くらい
ぽろぽろぽろぽろ入ってきて
あっというまににぎやかに…

さて、この五大力で食べていなかったのが、これ

盛ってます!

坦々麺(750円…だったかな?)

冬限定のラーメン
自家製コンソメで作る坦々麺
まだ私が踏み込んでないタイプです。

ひとくち具の無い部分のスープをすすり…


(*^∇^)「お! シャープで鮮烈な辛さだなぁ~」


今度は、もやし付近のスープをすすりました。



・・・え?



……………え!?




ここでゆっくりと
私の顔色は変わりました。





辛いだけじゃなくて
もやしの優しい風味までもが、くっきりとした輪郭を持って感じられます。

「そんなの普通じゃん」思います?

考えてみてください
一般的なラーメン屋さんの坦々麺を考えた上で
もやしの風味を明確に感じられますか?




ここで麺を食べ始めました。
もちろん、デュラム・セモリナ粉を使った自家製麺
スープが良く絡みます。

具は、もやし、ネギ、、チンゲンサイ、白菜(炒め方上手い…)
そして、ほんのり甘味を利かせた「ひき肉」


これも・・・


これも・・・


す…すごい!
こんなに鮮烈な辛さなのに、
全ての素材の旨味をストレートに感じることが出来る!

そうか!
これが自家製コンソメスープ最大の利点なのか!

まるで、舞台に上がる人々を
明確に照らす光のような・・・・・・

7回来て、初めて気がつきました。


こんな坦々麺食べたことねぇ・・・(¬_¬;


このラーメンに対する一般的な感想は「普通に旨い」
ってのが多数だと思います。

旨さだけで言うならそうでしょう。

だが、すさまじくレベルが高い・・・
このラーメンの良さを分かる人が、どれだけいるのだろう・・・?

お店側は、もしかして試しているのかもしれない。
食べてる側を・・・

このラーメンを食べたことのないラーメンブロガー様
ぜひ食べてみてください。
坦々麺に対する世界が広がります。

私的には
とっても気が引き締まるラーメンでした <(__)>


麺屋 五大力


 定休日:月曜
営業時間:11:00~15:00
     17:00~24:00
電話番号:06-6857-5559
  席数:20席弱
 駐車場:少しあります
  住所:大阪府豊中市東豊中町5-30-25 → 地図
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。