~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年01月24日 (木) | 編集 |
<初来訪>2008年1月22日

171号線も箕面を過ぎると、
ラーメンの名店がバタっとなくなります。

美味しいお店は、171号線から南にだいぶ入ったところに
ごろごろしているのです
今日行ったのは、そんなお店のひとつ・・・

高槻の手前「富田」から南東部にある

場所はちょっと分かりにくいかも・・・

彩色ラーメン きんせい


このお店の横に原付を止めたのですが
エアーダクトから、いい魚介の香りが・・・

入り口の左側(暖簾の左側)のスペースは「製麺室」です
経験上、製麺所の麺はスープによっては合わない場合があるのを
よく思い知らされているので
「自家製麺」には、魅力を感じる部分があるのです。


そして入り口を開けたら・・・


す・・・素晴らしい・・・
なんてかぐわしい「節」の香り・・・(  ̄▽ ̄)

鰹節がメインですが
魚介系の香りで、店内が充満しています。

最初の香りで、もう決まりです。
不味いラーメンが出てくるわけがない!

メニューを見たら、醤油・塩・つけ麺・・・
どれもうまそう・・・

店のおばちゃんに「オススメ」を聞いたら「塩」との事でしたので塩に
カウンターには、でっかいモンゴル岩塩(アンデスかも?)が鎮座しております

水は、とても綺麗な水
塩ラーメンをオススメする土台はバッチリなのですね。

また、カウンター目の前に「タレ」がおいてあり
とても綺麗な琥珀色
「タレ」に対する信用性、出来のよさを物語る重要な演出

後ろの壁には、麺哲寄贈の暖簾がありました
(互いに贈りあったのですね♪)

期待はどんどん膨らみます

でも卵の上部がごっそり欠けてる・・・。油断禁物!

こだわりの塩(700円)

いい色、いい香りです!
動物性は少し軽めにし、魚介の旨味・香りを重要視したWスープ

塩自体の味わいが丸いので
旨味が口の中に広がり感じやすい構成。

また麺は、加水率がちょうどなのです。
高いとも低いとも思わない。
(ゆえに、スープに意識が行きやすい)

具は、ネギ、かいわれ、のり、優しい味のメンマ、
控えめに鎮座するチャーシュー、煮卵(写真に・・・)
そして梅です

この梅のアクセントもそうなのですが
具は色とりどりであるにもかかわらず
全て控えめな脇役に徹しています。
スープや麺の印象を奪ってしまわないための配慮ではないかと思いました。

そして写真右下に写っているのは、「自家製えびせん」
コレをスープに入れると・・・


ぷしゅぷしゅぷしゅぷしゅ・・・


おおおおお!
スープに溶けて消えていく!
しかもその後に
ふんわり海老の香り
そして油の影響で、スープのボディがほんのり増して・・・

ダブルテイストなんて変化ではないです
誤解なきよう。

でも、面白い仕掛けです。
スープを半分くらい飲んでから入れたら
より変化の度合いが分かりやすくてよいのでしょう。

なるほど
昨年2号店を出されたと聞きましたが
それも納得! の旨さでした。


彩色ラーメン きんせい


   住所 : 高槻市栄町2-19-7
営業時間 : 11:30~15:00
        18:00~21:00
 定休日 : 月曜日 、 木曜夜 、第一日曜  (←要注意です)
電話番号 :  072-696-2448
  席数 :  20席くらい
 駐車場 : なし、歩いて5分のところにパーキング 

スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年01月19日 (土) | 編集 |
前回行って、1週間もたたずに再訪
それほど旨かったんです。
あの赤味噌ラーメンは!

そうです!
今注目度NO1の味噌ラーメン専門店

入り口から、個性的


みつか坊主

今回お願いしましたのは、もっちろん

香りまで写してあげたい

白味噌ラーメン(750円)+味玉(150円)

あ!
味玉が、アイスの器に乗ってきた。 

か・・・かわいー(ハート)

少し燻製香のする味玉(燻玉?)を、スープの中に入れて
まずはスープを堪能


いい香りだ・・・


白味噌なので、最初の一口目は
ほんの少し甘味を意識します。

されど、2口目、3口目とすすると
Wスープの旨味がどんどん感じられて
甘味を意識しなくなります。


アクセントにも気を使っているようです。
丁寧に小口切りにされた細ネギ
その右隣は、大根おろしか・・・





しゃく・・・♪




い・・・いや、大根おろしじゃない!
これは、玉ねぎのすりおろしだ!



う・・・旨い・・・( ;゚Д゚)マジッスカ・・・



さらにビビッタのは、
麺が加水率が少し低めの細ストレート麺!  (赤味噌は加水率の高い中太麺)

それをアルデンテのように茹でてあるから
最初のひとくちの後、具を楽しんでも
麺がスープを吸って印象は変わるし、もちろん最後まで伸びてない。

また、この細麺がスープに合うし
玉ねぎのすりおろしと上手く絡んで食感が楽しい!

やわらかなチャーシュー、柚子の利いた「つくね」の旨さは
もはや言うまでもありません。


そして卵!

かぷっと噛んだら・・・

黄身がトローン♪

とろーん

俺、これに弱いんだぁぁぁぁ!!
この濃厚な黄身の色と旨味
皆様、これメッチャオススメです

ちなみに
味玉、チャーシュー、メンマの3種トッピング300円
ってのがございます。
トッピングファンにとって、これははずせない!


この白味噌ラーメンは、食べてウキウキします。
こんなウキウキ気分になったのは、
「志みづ」の塩ラーメン「徳之島」を食べて以来です。

豊中市は良いなぁ・・・名店がいっぱいだ・・・


食後、村長さん(で良かったんですよね?)
とお話させていただく時間をいただけました。

チャーシューは毎日の肉質を見て
味わい(切り方も?かな)を変えているそうです

「味噌の細麺って珍しいでしょ?」(^-^)

とおっしゃってましたが
それを引き立てるために、玉ねぎのすりおろしを持ってくる
その「味の構想力・構成力」にこそ、脱帽をしてしまいます。

みつか坊主の皆様、ご馳走様でしたー!

一年中目が離せないお店が
年始から出会えるのは、ホント嬉しいですね。

みつか坊主 

   住所: 大阪府豊中市蛍池北町3-3-13
電話番号: 06-6850-3532(FAXも同じ)
営業時間:        平日 11時30分~14時 18時~25時
       日曜or連休末日 11時30分~15時 17時~22時
 定休日: 月曜日+第2火曜日
 駐車場: なし
  席数: 15席くらい
 ブログ: あり → みつか坊主日記
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年01月19日 (土) | 編集 |
<初来訪>2008年1月15日

本格的な寒さは、1月からやってきます

原付乗りにとっては
この時期、特に寒いので
夜にラーメン屋に行くときは
おもいっきし歌ってます!

最近のテーマは→これ
(ラーメン食べに行くときは、歌詞の内容ピッタシなのよ・・・)

さて、ノリノリ気分で行った今回のお店

場所を分かりやすく言うと
箕面のドンキホーテの交差点から東へ行き
3本目の信号を北へ
つづいて1本目の信号の交差点北東部にある

ひときわ目立つなぁ

マルハシ食堂


私、この店の存在は知っていたのに
ずっと忘れていたんです。

そう、私高知に15年も住んでいたのに
高知で鍋焼きラーメンを食べていなかったのです。

転がるように入店しました
中はテーブル3席、座敷のテーブル3席
ご主人のお姿はなかったのですが
ご家族で経営されてるのかな?

アットホーム間が出ております。

高知県須崎市と聞いて
期待していたのはラーメンだけではありません




そう・・・




脂のってます

トロカツオのたたき!(600円)


でたぁ!
玉ねぎスライスと大葉、そしてニンニクスライスのトッピング
これぞ高知流!

そして、ポン酢だけでなく、塩までついている。
心ニクイなぁ・・・。
(血合いの部分がなかったら、完璧でした)


私が今回頼んだのは

土鍋って癒される・・・

淡雪鍋ラーメン(800円)

土鍋開けたときの瞬間がたまらんね♪

須崎の鍋焼きラーメンなので
スープのベースは、もちろんトリガラです。
それに、白味噌と豆乳を加えています。


何も考えずにスープを飲んで
「ん? 少し甘味がある・・・なんだろう・・・・・・あ!白味噌か!」
ってくらい
気にならない甘味
旨味はあっさりシンプルに仕上げてるので、そう感じるだけです。

細ストレート麺だけでなく、カニとアサリも煮込んでました。

さらに、白髪ネギ、ネギの青い部分、
鶏のモモ肉を細かくして、坦々麺の肉のようにピリ辛の味付けをしたもの。

1日の数量限定麺らしいのですが
もう長い年数作っていそうな、完成された味わいです。

おお・・・いいですなあ~ /=( ̄▽ ̄ )

あったまります!
最後までポカポカ気分で食べれます!

ただ
鍋焼きだと、底の方の麺が熱いので
そこだけご注意くださいませ~

ちなみに「たくあん」が添えられているのは、須崎流です。
このお店は、まだ名物があるので
また来たいと思います。


マルハシ食堂

   住所 : 大阪府箕面市坊島1-2-5
電話番号 : 072-725-9777
営業時間 : 11:00~14:00、18:00~24:00
        (日曜、祝日の昼は~15:00、火曜の夜は17:30~22:00)
 定休日 : 水曜
 駐車場 : なし
  席数 : 30席弱
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年01月17日 (木) | 編集 |
<初来訪>2008年1月15日

隠れ家・・・場所が分かりくい良い店
そんな認識でいいのか・・・
と思ったりもするのですが
まさに、そのタイプの店がございます。

場所は、JR「さくら夙川」駅より    (しゅくがわ、と読みます)
南へ信号2つ目の交差点から
すぐ南にある一方通行の道を東に50m (←ここがポイント)


なぜここを選んだのだろうか・・・

つるちゃん

塩ラーメン専門だそうで
本で見て気になっていたんです。

スタイルは「ラーメン居酒屋」
おやじさんが一人でやってます。


意外と繊細な盛り付け

鶏塩ラーメン(海水塩) (650円)

+ぼっかけ丼(430円)

塩は、
アンデス岩塩、モンゴル岩塩、ぬちまーす、海水塩(シママース出してるメーカー)
この4つから選べます
モチロンそれぞれ価格は違いますが・・・。

スープは鶏の旨味がしっかり出ており
塩がシンプルなおいしさを、より好印象にしています。

さらに「山芋のすりおろし」を加え
少しとろみのついたスープでしています

鶏白湯のような、濃厚まろやかではなく
優しい滑らかさを出しております。

具は、ネギ、たけのこ、チンゲンサイ、
片栗粉をつけてゆでた豚肉 (←これも、とろみに一役買っている)


麺は、そうめんのような食感の細麺
麺をゆでてからの手際が少し悪かった印象は否めません。

そして残念なのは、大量のブラックペッパー
直前でガリガリ削るのは良いのですが
塩自身の旨味を感じ取りにくいほど振っているのが問題です。

これなら逆に無いほうがいい。
その方が、このお店のスープを好きになってくれた方が
塩の違いを存分に堪能できるはず。



おしい!o(><)o

手間かけてるし、繊細な部分も見える一杯なのに!
その部分さえ改善されれば
価格も考えて、かなり良いラーメンだと思いました。


ぼっかけ丼は、じっくり煮込んだものを小分けしてチン
よく煮込まれてます。
もう少し量が多いと嬉しいかな・・・?

ただ、とろみのついたスープのおかげで
凄く温まりました。





あとから知ったのですが
麺固めや、胡椒抜きもできるそうです。
お店側としては
はじめから、この手の説明は分かりやすく書いておくべきですね。
飲食の世界は「一期一会」なのですから・・・

つるちゃん
   住所:西宮市宮西町2-25
電話番号:090-9868-3842
営業時間:12:00~14:00
      18:00~22:30 ( 金土は、23:30まで)
 定休日:水曜日
 駐車場:なし (近くにパーキングあり)
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2008年01月11日 (金) | 編集 |
皆様、おそくなりましたが
新年明けましておめでとうございます。

昨年2月より、意識してラーメン食べ歩きを初めた私
ラーメンブロガーとしては、まだまだ「見習い」の段階ではございますが
本年も、旨いラーメンに愛情を注いで生きたいと思いますので
皆様、本年もよろしく御願い申しあげます

ではでは
2008年一発目は、こちらのお店から・・・



<初来訪>2008年1月9日

見つけたきっかけは、関西麺類研究所が出していた
ラーメン屋の、年末年始の営業日程を見ていたことでした。


おや?(・_・ )



みつか坊主@豊中





聞き覚えのない名前だな・・・
詳細を見てみたら、家から原付で10分もかからない場所
しかも味噌ラーメン専門店?

(しかも、麺野郎からさほど離れていない)


いかなきゃ!

これはいかなきゃ!




速攻飛んで行きました
場所は伊丹空港のすぐ東にある

入り口から、個性的


みつか坊主


店内は、小料理屋を思わせるたたずまい
厨房に立つのは、若女将ではなく
イケメン3人組ですが・・・・・・・・・ゞ( ̄▽ ̄;)

早速注文してお茶を飲む


おや?


香りの出し方は、まだ弱いですが
これルイボスティですね
味は良い良い♪

外が乾燥していたこともあって
あっさり3杯飲んでしまいました(^◇^;;


お仕事ぶりを拝見していたら・・・

味噌玉を皿に1人前ずつ盛ってあって
注文はいるたびにラップをはずして入れているのですが
シャモジについている味噌玉の残りまで
丁寧に取って入れてます。

麺は振りザルで、優しく細かく湯切り
絶対安心できる調理です。

(あとで知ったのですが、日本料理出身だそうです)


つくねが、食欲をそそる

赤味噌ラーメン(750円)

いい香りだぁ!
赤味噌だけでなく、数種類ブレンドしてると思います。

そして、酒粕のまろやかさもしっかり感じます

スープのベース自体おいしい。
豚骨を中心とした動物系+魚介系のWスープ

「系」と書いたように
何を使っているのかは
正確には見抜けなかった。
味噌は難しい・・・

見た瞬間に動物系は分かるし
複雑味、味噌の香りの際立ち方で
魚介系が入っているのは分かる。    ってなとこなのです。

そして、味噌や酒粕のバランスは
スープの旨味に少し勝るくらい。

このバランス感が
濃厚なだけでなく、全体のまとまりも構成しています。


うん、旨い!(・_・ )


一口スープを飲んだだけで、
「うんうん」うなってしまう旨さです。

加水率の高い、ややモッチリした中太麺
太く柔らかく、優しい味付けのメンマ
柔らかくジューシーなチャーシュー
ネギとかいわれ大根

そして、「つくね」です

柔らかい肉質
軟骨を細かくしたものを少しだけいれ
歯を入れた瞬間に、柚子の香りが口いっぱいに広がります


この「つくね」がニクイなぁ!
チャーシュー2枚より
チャーシューと「つくね」の方が嬉しい


うん、これは旨い!(*^^)      
      ↑
(何度も「うん、うん」言ってた気がします・・・・・・)


私オススメの「旨蔵麺」の味噌ラーメンが
食べた人を穏やかにさせる「柔の味噌ラーメン」ならば

こちらのお店の味噌ラーメンは
食べたら気合が入る (気合を分けてもらえる・・・とも言うな)
「剛の味噌ラーメン」


食べたら気合の入るラーメンなんて
あんましないんですよ。

(例を挙げれば、「しゅはり」「麺哲」「龍旗信」など)

このお店は、これからもっと多くのラーメンブロガーさんたちが
褒め称えることでしょう




また、こちらも頂きました


小さいながらもボリューミー

DON ~みつか~(350円)



夜限定の丼
チャーシューは端っこだけではないのかも
ヴォリューム感は、かなりあります。

味付ももしっかりしており
豚汁がメニューにあったら
丼と豚汁って頼む方が間違いなくいそうなほどの存在感





ところで・・・

もしかしたら

DON ~坊主~
 

ってのがじきに出てくるんだろうか?
「つくね丼」だったりして・・・ゞ( ̄▽ ̄;)



2月末まで、グルメウォーカーのクーポン持って行ったら
な、なんと2割引!

でも、2割引でなくても
このお店は通います。

旨かったーーーーーーーーー!


また、こちらのお店は「スィーツ」も充実しております。
凄く誘惑に駆られました。


私ラーメン食べた後
かなり高い確率で、アイス食べるんですよ (しかもハーゲンダッツかチェリオ・・・)
これは昼に来たときに頂きたいです。
またレポート致します!


みつか坊主 

   住所: 大阪府豊中市蛍池北町3-3-13
電話番号: 06-6850-3532(FAXも同じ)
営業時間:        平日 11時30分~14時 18時~25時
       日曜or連休末日 11時30分~15時 17時~22時
 定休日: 月曜日+第2火曜日
 駐車場: なし
  席数: 15席くらい
 ブログ: あり → みつか坊主日記
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。