~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年11月29日 (木) | 編集 |
私は仕事柄、平日に休みが多いのです。
しかも食べ歩きをするのは昼間がメイン。

だから結構近くにあっても
なかなか食べにいけないお店がでてくるのは
仕方ないといえば仕方ない・・・

幸いにも、土日だけでも昼間から営業してくださる店は
これまた幸いにも、土日に休みが取れたら
数日前から、楽しみで楽しみでウキウキしてくるんです。

(自分の目の前に餌を釣って仕事を頑張るわけです・・・^^;;;)



さて、そのウキウキしながら
行くのを心待ちにしていたお店は



威風堂々!

麺哲(豊中)

(写真は、以前撮ったもの。この日は紺色の「のれん」でした)


今回は10人並んでた・・・

まぁ、ここは早いから・・・

やっぱり
15分もしないうちに入店
早速注文してから
茶を飲む


おおおお!?
麺哲のお茶、だいぶ改良されたな!
水質もいいし、茶の味もしっかり出ている!
氷で薄まらないよう気も配っている。

旨い!
茶が旨い!

だが、ゴミ箱と同じポリ容器で
茶を仕込むのはやめてくれーーーーo(><)o

元の容器を見た瞬間、茶を噴出すかと思ったよ・・・ (←ウケたってこと)



さて今日頼んだのは

今日の若頭さんは、機嫌がよさそうだった

薄口醤油又焼鶏(1200+トッピング煮卵100円)

又焼鶏=ちゃーち と読みまする

もちろん、ここの鶏は「名古屋コーチン」
煮卵も「名古屋コーチン」

贅沢をしてしまったんです    ワーイ(ノ^∇^)ノ▼←ラーメン

スープのベースは、もちろん名古屋コーチン
薄口醤油なので、とっても綺麗な色合い。
そして、より麺と具の味が際立つ気がします

麺の旨さは、いまさら言うまでもなく
ネギ2種類は鮮度良く、酒を利かしたプリプリの鶏団子
白身も上品で旨い煮卵、ザクザクのメンマ
そして凄く弾力のある名古屋コーチンの肉!  (固いのではなく、弾力がある)



ウメ━━━(゚∀゚)━━━ェェェ!!!!!


この価格を提示するだけの事はある!
スキのない、気合の入った見事なラーメンでした。


不景気不景気といっても
凄く旨い物には、皆お金を出すんです。
今は実力主義の時代です

全国の美味しいラーメン屋さん、頑張ってくださいね

麺哲


 定休日:月曜
営業時間:平日 18:00~25:00
     土日 12:00~23:00
電話番号:06-6841-1252
  席数:10席くらい
 駐車場:なし
  住所:大阪府豊中市岡上の町2-2-6 → 地図
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2007年11月27日 (火) | 編集 |
休みの日に「ラーメン食べ歩き」なんてやってると
最近あの店に行ってないな・・・なんてしばしば思うんです。 (←思うなよ!)

今日の胃袋は、そのために使うことにしました♪ (←この表現は許されるのか!?)


交差点より、50mくらい北です

麺屋 五大力


若い女性の家族連れが目立ちます
このお店の味を考えたら、客層も納得

私今回で、五大力は5回目なのですが
まだ、このお店の名物を食べていなかったので
それが目当てで、ノコノコ来てしまいました。


ちなみにランチタイムは大盛りサービス
通常120g、大盛り180gって、店員さんが話してました♪


老若男女安心して食べれる一杯

らーめんミネストローネ(850円)


お・・・おおおお・・・・・・・・・(゚〇゚;)

やっぱ、香りからすばらしいー!
ほんわかとしたコンソメとトマトの優しい香り

(初めて見て下さる方のために書いておきます
 コンソメと言っても、市販の固形コンソメとは別物です
 イチから取った本物のコンソメスープ)

にんじん、玉ねぎ、チャーシュー(切れ端)、キャベツ、白菜
野菜の自然な甘味も、ほんのり入っていて嬉しいですねぇ。

麺にスープは綺麗に絡まるし
凄く食べやすくて胃にも優しいし
途中から粉チーズを振りかけて食べると
また違った風味が楽しめるし・・・



旨いなぁ・・・(^-^)
オシャレでしみじみ旨いと感じるラーメンです



そういえば、冬限定の「坦々麺」があったな・・・
コンソメスープで作る坦々麺なのかな?
次回はこれにチャレンジだ!


麺屋 五大力


 定休日:月曜
営業時間:11:00~15:00
     17:00~24:00
電話番号:06-6857-5559
  席数:20席弱
 駐車場:少しあります
  住所:大阪府豊中市東豊中町5-30-25 → 地図
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2007年11月22日 (木) | 編集 |
前回行ったとき、すぐに再訪したいと思っていたのですが
再訪するまで、1ヶ月以上あけてしまいました・・・

2号線から登ってくると
この看板が目に入ったときが嬉しいんですo(^^o)
そう、それは

落ち着いた雰囲気

旨蔵麺(しくらめん)


マスターは私のことを覚えてくださってました
(ありがとうございます、マスター)

まぁ、ラーメン屋さん行くのに
迷子になって店に電話する阿呆なんて
私くらいのものでしょうから・・・ゞ( ̄▽ ̄;)


しかし雰囲気いいよな、このお店は・・・
広いテーブルには、さりげなく鉢植え
小さな小さな花なので、香りもほんのり

調理の音は、とても静かで
店全体に落ち着いた空気が流れています。


そして水!
ホントおいしいなぁ、ここの自然水は・・・
「六甲のおいしい水」なんて商品がありますが
嘘でもなんでもないです。
六甲の水はおいしいです

ただ、マスター
氷いれすぎですぜ(; ̄3 ̄)チベタイチベタイ

ポットには真夏並みの氷が、入ってた
(ホント真面目なお人だ・・・^^;;)


さて
前回味噌だったので、今回醤油です


欲張りすぎた・・・

Bセット(700円)+餃子(250円)
(醤油ラーメンと麦とろ御飯)


(すみません・・・
 見てのとおり、全部入れようとして
 写真失敗しました・・・反省~・・・\(T∇T)/  )


餃子ですが、皮がモチモチの食感
そのため、となりとくっつくのは御愛嬌♪
具は綺麗に口の中でほどけていきます。

麦とろ御飯は、麦が2割くらい
麦を少し柔らかめにしてあるので
お年寄りでも、安心して食べれる食べやすさ


いよいよ
目を閉じて、スープを静かに飲む・・・
一般的なウマイラーメン店よりも、少しだけ塩分は控えめ
滑らかで丸みのある白湯スープ(鶏と野菜がメイン)

舌の上でスープの糸がほどけるようなイメージで
醤油の香りが広がっていきます。




うまい・・・・・・・・




しみじみうまい・・・・・・・・・







何度も何度も口に運ぶ・・・


うまい・・・・・・・



うまい・・・・・・・・・・・・・






って、うぉぉぉぉぉぉい!
麺食べるの忘れてるぞ俺!
(((( ;゚Д゚)))がーん





キケンだ、ここのスープ・・・


(いや・・・私がアブナイ人間なのか・・・? おそらく後者・・・)


麺は中細麺、加水率が少し低く
優しいモッチリ感が楽しめます。

具の海苔も糸唐辛子も大根も
あくまでも麺を楽しむための脇役

そしてチャーシュー
なかなか兵庫では見られないタイプかと。

まわりは醤油ダレで少し煮てあります
プリンプリンの舌触り
口に入れた瞬間に、ほろほろと解けていきます


本当に綺麗です

この綺麗さをなんてたとえたらいいんだろう・・・



花に例えます

「しゅはり」「麺野郎」などのスターダム的な名店を「蘭」だとすると
「旨蔵麺」は「白梅」なのです

ひっそりと小さい花を咲かせ
優しく風景に溶け込む

そんなイメージを持たせてくれるのです


味も店作りも、狙ってやっている
計算された演出ではないのです。
これは人柄からにじみ出たもの。

私は小売ですが
同じサーヴィス業として
私は、マスターのようになれるのだろうか?

マスターを見ていると、
自分はまだまだ粗野な人間あることを痛感します。





・・・・・・・・・・おっといかん

話を元に戻します
こちらは、味噌・醤油のみのお店
個人的には、味噌のほうが
より素晴らしいと思います

メニューの

A:味噌
B:醤油

からも察するに
マスターとしても、
味噌のほうが自信がおありなのでしょう。

味噌と醤油で、少しトッピングを変えるのも
アリなのではないかと思いました。



ああ・・・これで心置きなく伊丹に帰れる・・・
次回は、味噌チャーシュー麺にしよう。
あのチャーシューを、贅沢に食べてみたいな(^-^)


旨蔵麺(しくらめん)



  住所:兵庫県神戸市灘区曾和町2-1-2 メゾンクレール曾和 1F
  電話:078-811-6686
営業時間:11:30~22:50
 定休日:火曜日
  席数:24席(カウンターは無し)
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2007年11月16日 (金) | 編集 |
<初来訪>2007年11月10日

堺市といえば、もっとも有名な店は「龍旗信」です。
今では、龍旗信出身の方が独立するなど
龍旗信旋風が吹きあれています。

旋風、つまり堺市は
今ラーメン熱が高まっている街なのです。

その良い例が、今回ご紹介するお店

場所は、南海堺駅から東へ歩いて30分弱
(私は競歩で行ったので、15分くらいでした)
高野線堺東駅近くにある


大通りから外れた場所なのでご注意・・・

麺座 ぎん


今日は珍しくツレがおり
一番奥に座ったら・・・

店内なのに「小屋」って書いてるのがカワイー

おお
自家製麺ですかぁ!

水は、微カルキだし
間違いなく、旨いのが出てくるなぁ
(店内の香りもいいし♪)


私並に声のでかいツレとダベって
ウキウキしながら待ってたら・・・

おや?あのビールは・・・!
噂に聞いたことのある地ビールを置いていたので
それも注文


噂には聞いていたが・・・麺プリプリ♪

左:特製ラーメン(850円)
右:特製つけ麺 (950円)
ラーメンビール (500円)



そう、ラーメンビール!
単体で飲んだら、後味でスパイシーさと酸味が少し残って
「ふーん」位のものなのですが
ラーメン食べた後に飲んだら、このスパイシーさと酸味ゆえに
スープの後口を綺麗に消してくれる

寿司で言うところの「がり」のようなビールです


私は、特製つけ麺だったのですが
動物系の背景に
濃厚な魚介の旨味が濃縮
煮干、カツオ、サバなど
さらに魚粉まで投入されて、必須アミノ酸がたーーーっぷり!

麺は、つるつるプリプリ
チャーシューは、ほろりと優しく
煮卵の黄身の色といったら・・・

(おもわず、「きゃー」って言いたくなる・・・?)


うん、こりゃ旨い!


ラーメン好きの方に分かりやすく言うと
旨味の濃さは
「煮干ラーメン玉五郎」と「洛二神」の間くらい

「龍旗信」は、ラーメン好きの方は絶対スキの店
「麺座ぎん」は、ラーメン好きでない方でも喜んでもらえる店

ってなとこかな。

スタッフさん
忙しそうだったので
話が出来なかったのが残念ですが
味の感想は、私の顔を見て理解してもらえたようです。


また来るね(^-^)


麺座 ぎん

  休日:日曜 、 祝日は昼のみで夜休み (←ここ、ご注意くださいませ)  
営業時間:11:00~14:30
      18:00~23:30
電話番号:072-232-0044
  席数:カウンター15席弱
 駐車場:なし(100円パーキングがまわりに結構ありました)
  住所:大阪府堺市堺区北瓦町2‐3‐23



注意点:ラーメンブロガー様や、グルメ情報サイトなどで
     「店員さんが若く、接客が悪い」なんてのを色々見かけました。
        
     接客が悪い? 
     断じて違います、彼らはシャイなんです
     目を合わせて人と話すのが慣れていない
     そんな年ごろなんです
     顔見知りになったら、色々と話してくれるのでしょう。
     それの証拠に、彼らの眉間にシワなんて寄ってません。

     食べた後でにっこりと微笑んであげるだけでも
     彼らの表情はやさしくなります。
     食べる側が、これを理解してあげれば
     彼らはいつかすばらしいラーメン店の店主になるのでしょう
     温かい目で見守ってあげてくださいね
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2007年11月16日 (金) | 編集 |
<残念ながら、閉店しました>



山手幹線は、2号線と違ってラーメン屋さんの数が少なめ
でも、わざわざ来るだけの価値のある店と言えば


目立つのだが、読みにくい・・・

あじゅち屋

あじゅち屋は昼休憩なし(ランチタイムサービスは3時まで)
本当にうれしい!


水は微カルキ
アルバイトの女の子、かわいいなぁ・・・ (←コラ!おっさん!)


だいぶ前に来たとき
気になってたものを頼みました


この泡が、豚骨ではワクワクする

つけ麺(650円)
あじゅち丼(330円)


ランチタイム時間中は
ラーメン頼んだ人だけ、丼ものが100円引き
つまり今回は、合わせて880円


あじゅち丼は、いわばチャーシュー丼です。
ネギの水分がもう少し多かったら、文句なし。
(この店は大量に切り置きするので、ネギが乾燥している・・・)


つけ麺は、太麺・細麺が選べ
今回は太麺をセレクト

よく冷水でシメてたので食べる前から期待できました。

漬け汁は、こちらでは「元味」(スタンダードスープ)の
タレそのままで、スープ量が少ないもの。

相変わらず見事な醤油豚骨です。

ただ太麺にしたのは失敗でした・・・
ここのスープは、細麺に絡めてこそ
最高の魅力を発揮する。

漬け汁が少ないのに (←少ないこと自体は、問題無しです)
器を温めていないのと
麺がしっかり冷えているので
途中から漬け汁が完全にさめてしまい
ここのスープのウリが味わえない状態になってしまいました。

(こちらの熟成麺自体が好きな方は、
 太麺でも良いと思うのかもしれません。
 それは好みです)


しまった!
これは私のミスでもある。
何も考えずに注文してしまったから・・・

次回細麺でリベンジだぁ!

あじゅち屋

  休日:無休  
営業時間:11:30~24:00 (日曜は23:00まで)
電話番号:078-413-9990
  席数:23席
 駐車場:8台
  住所:神戸市東灘区森北町2-2-21 → 地図    (スシローの東側)
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2007年11月16日 (金) | 編集 |
<初来訪>2007年10月29日

豊中と言えば、「麺哲」「五大力」「来夢来人」など
豊中市北部の店が有名です

ですがですがですが!

豊中市南部にも、驚くべき実力があることを
御存知でしょうか?

場所は庄内駅より西に50m


これならわかりやすいかな?

志みづ(しみづ)


ここはいわば「ラーメン居酒屋」のスタイルです。

中に入れば、酒飲みの団体さんが二組
芋焼酎と、「れんと」「高倉」をはじめとする黒糖焼酎の数々


ラーメンだけ食べに来た私
完全に浮いてるかな・・・

メニューを見れば
ラーメンで1枚、黒豚料理で1枚   

・・・おや?
柱に、フードジャーナリストの「はんつ遠藤」さんの名刺が
まるで縁起物のお札のごとく貼り付けられてる・・・


なるほど、この店は・・・(*^ー^)



(「なるほど」の意味は、後で説明するとして)




お水は・・・・・・・・・・・・ほっほー(..*)

浄水器ってだけでなく、しばらく冷蔵庫で置いているため
綺麗なだけではない。
旨味は少なめですが、とても良い水です。


これだけでも待つ間
ラーメンに対する期待ができます




頼んだラーメンはこちら

見事な・・・!


徳之島ラーメン(980円)


横にある皿は
黒豚のてんぷら(580円)
(塩でいただく、塩はモチロン・・・♪)


徳之島の名の指すとおり
徳之島の材料で作られています(黒豚、塩など)
種類で言えば、塩ラーメンです。


器は、「麺屋巧」「洛二神」と同じもの
この器で、ここまで盛り上がっていると言うことは
かなり量があるのがわかります。



スープはとても綺麗で・・・

おおおおおおおおおおお!!


う・・・うまぁぁぁぁい!
(((( ;゚Д゚)))これは!


豚骨はほんの少しで、魚介系がメイン
昆布や煮干を中心に何種類か入ってそうです。

伊勢海老のダシを別に加えているそうなのですが
香りは正直、他の具材のためマスキングされてますが
旨味の重厚感たるや素晴らしい物があります。

しかもバランスが見事。
やや荒削りな「しゅはり」のようなイメージです。

麺は太麺
加水率が低く、モッチモチの食感。 (←大好きなタイプ!)


そして
具がまた多い!

ネギ、白髪ネギ、のり、ゴマ、メンマ
舞茸、エリンギ、玉ねぎ、煮卵、豚肉、そーき(豚の角煮)

11種類ですよ!

麺とともに、具も口の中で踊ります。
食べてて飽きることの無いラーメン。

しかも、季節によって具は変えているらしく
年中楽しめるでしょう。



うおおおおおおおおおお!
こんなにおいしいんだったら
もっと早く来れば良かった!
何をやっとるんだ俺はぁぁぁぁ!
(((( ;゚Д゚)))がーん

って後悔しちゃう旨さです


ところで、このお店のことを書いているブロガー様方が
「居酒屋形式ですが、ラーメンだけでも大丈夫だと思います」

って書いているのをよく見かけます。



少し違います
(さきほどの「なるほど」につながるのですが)


・ラーメンのほうが明らかに原価率が高い
・夜だけの営業なのに、多種のラーメンを用意している
・スープの命である水への気遣い

こちらの御主人
ラーメンに最大の情熱を注いでいるのは間違いありません。



(この部分は私の推測ですが)
黒豚などの材料を取り寄せるのにも
ある程度まとめてとらねば、割に合わない。

だからチャーシューだけでなく
黒豚料理の数々がある。
そうなると、お酒があったほうが回転は早い。

そんな理由で「ラーメン居酒屋」になったのでしょう。



つまりこのお店は

ラーメンだけ    : ベター
ラーメン+黒豚料理 : ベスト


です。

ラーメンは必ず食べましょう~。


いやぁ
おいしかった!
久々の「激旨印」が出たな・・・♪


黒豚らーめん 志みづ



   住所:大阪府豊中市庄内西町2-20-30 → 地図
   電話:06-6333-0182
営業時間:17:00~25:30
 定休日:火曜 (今、不定休になってるとの噂も・・・)
  席数:20席くらい
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2007年11月16日 (金) | 編集 |
<初来訪>2007年10月23日

TV番組で「カレーVSラーメン」なんてのがございます。
いざ昼になって、

「うおおおおおおお! どっちにしよう!?」( ̄ロ ̄lll)

なんて悩む方、きっといるはず! (←いない?・・・・・・・いや、いるはず!!)


そんな方の悩みを、一笑するほど
この店は満足感を与えてくれます

場所は
地下鉄南森町、JR大阪天満宮駅より西へ徒歩5分

めだちます!

ミスター・パピー


なーーーーーーーんと
カレーラーメン専門店!



残念ながら店主さんにはお会い出来ませんでしたが
若いスタッフさんが3人、にこやかにしておりました。

(店主さん、ブログやってはりました…→ここ



水は、この近辺(大阪梅田から南東)の標準



普通にカレーラーメン食べようと思ったら…


い…イカスミカレーラーメン?



これが目に止まってしまいました

そういえば、JR立花駅に近くにも
イカスミカレーラーメンを出す店があったな…

でも向こうは普通のラーメン屋
こっちはカレーラーメン専門店だし…


運がいいことに、
私が来ている今日のシャツは黒!

ペーパーナフキンを完備しているお店ですが
ナフキン無しで挑戦!



量多いです!

イカスミカレーラーメン(900円)



キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!


すげーー
スープの量多いなぁ!

綺麗で滑らかなカレーベースに
イカスミの香りがマッチ!

水菜の食感・さわやかさ
トマトの酸味
イカの身もたっぷり入っていて…


おおお
食べ応えがるぞぉ!

他のイメージが良くて
麺の印象が薄くなってしまうほど(^◇^;

ライスを注文して
残ったスープに入れるのがベストな食べ方です。

ああ、いい汗かいたぁ!
また行こう!


このお店は、コナモン協会の企画に
よく参加されているようです。
ゆえに、夜限定ラーメンがあるときも・・・


ああ!
もちろん、普通のカレーラーメンも
多種類ございますので、誤解なきよう~


ミスター・パピー



   住所:大阪市北区西天満3-6-27
   電話:06-6311-0086
営業時間:11:30~24:00     (←ここポイント♪)
 定休日:日曜・祝日
  席数:22席

テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2007年11月16日 (金) | 編集 |
<初来訪>2007年10月23日

基本おいしいラーメン屋さんって
昼営業・夜営業ってありますよね
少ない人数・仕込み量などを考えると
それはどうしても仕方の無いことかもしれません。

ただ、食べる側からすれば
昼ごはん食べたいの我慢して仕事を終わらせ
やっと店に行けたら昼営業が終わってた・・・

これって、すんごい精神的ダメージを受けるのです・・・\(T∇T)/アア・・・アアア・・・

( 周りに誰もいなかったら、「なぜだぁぁぁぁ!!」って泣き喚きたいほど・・・ )



でも御安心
昼営業無しで、ぶっとおし営業している店を見つけてきました。

場所は、梅田南東部にある南森町の
天神橋筋商店街にある

商店街から東に30m

じゃんぷ亭

旭川ラーメンを名乗ってます
カウンター8席の小さなお店

看板メニューの味噌ラーメンを注文
塩・醤油もあります。

水は、備長炭を入れているので、ややカルキですんでます


スープはトンコツベースのようです。
寸胴はひとつで、タレで味を変えているようですね。

中華鍋で野菜(モヤシ、たまねぎ)をいためて
スープを投入
タレを入れた丼にスープだけ入れて、
中華鍋に余ったスープはまた寸胴に戻す。
麺を入れてから、具を入れる。

なるほど
効率を考えたやり方ですね。
チャーシューは常温のものを
毎回切ってます。


味噌ダレが決め手

味噌ラーメン(750円)


うん
味噌ダレがうまい!
赤味噌ベースで味噌がブレンドされてます。
(たぶん2種類、赤味噌をメインにパンチを利かせているなら
 3種類以上にする意味は、あまり無いので)

麺は、かなりのちぢれ麺
中央は生っぽい食感です。
麺の旨味をアピールさせてるのですね。
(すこしゆっくり目に食べたら、スープを吸って印象が変わります)


素直に「うまいやん」って言えるラーメン
落ち着きます。



じゃんぷ亭



  住所:大阪市北区天神橋3-1-4
  電話:06-6354-3221
営業時間:11:00~21:00
 定休日:日曜日
  席数:カウンター7席 (2階もあるとか・・・)

テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。