~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年07月29日 (日) | 編集 |
<初来訪>2007年6月19日

出張などで、梅田にこられた方
梅田で食事を済ませるのではなく
JR環状線で隣駅の「天満」まで移動してください。

ここに良い店があるのです

大通りから、西に10mです

洛ニ神(らくにじん)

以前、コンビニ限定でカップ麺が出ておりました
なかなか美味しかったので、本物は格段に旨いだろうと思い来訪

器は、「麺屋巧」と同じ

スペシャル(1000円)

通常の中華そばが700円、味玉100円、チャーシュー200円です


ここで出されたお冷は、
正直、梅田とその周辺のお店に共通する水質・・・

ですが、スープは実力でねじ伏せていました!

あまりにも凄い、濃厚な煮干の香り
トリガラの旨味も素晴らしく感じますが
それを超える色とりどりな魚介系の香りと濃い旨味

煮干だけでなく海老の香りも最高です!

やや固めの、やや細ちぢれ麺に良く絡み
箸が進む進む!

ラーメンに集中させ、かつ夢中で食べさせてしまう。

これを「旨いラーメン」と言わずしてなんと言いましょう!


程よい柔らかさのチャーシュー
プーリプリの味玉
食感を演出する、キクラゲ、ネギ
そして、欠かせぬ海老

期待以上の味でした!



ひとつ難点があるとすれば
「旨すぎる」事です。

この旨すぎるラーメンを毎日食べれるか?
私には無理です。

それだけ、このラーメンは「ごちそう」のようなラーメン


必須アミノ酸は、ハンパじゃなく含まれていますので
女性には凄くオススメなのです。

この価格で
ここまで旨味を出しているラーメン店を
私は他に知りません


洛二神


 定休日:日曜
営業時間: 11:30~14:30
      18:00~25:00 (土曜は夜のみ)
電話番号:06-6371-1088
  席数:約10席
 駐車場:なし
  住所:大阪府大阪市北区浪花町4-22 → 地図
スポンサーサイト


2007年07月29日 (日) | 編集 |
<初来訪>2007年6月24日

今日は豊中駅近くにあるお店に行きました
ここは平日は夜しかやっておらず
土日だけ、昼からも営業しているのです。

私が行ったときには
まだ早くて営業していなかったので
近くのスーパーで時間つぶし

12時営業開始だったので
12時5分に行ったら・・・



威風堂々!

もう、並んどるがな!
(((( ;゚Д゚)))がーん



写真は、帰りに撮ったものですが
私が行ったら、店内満員
外に二人並んでました・・・

恐るべき麺哲・・・


そう、今日は私が来たのは
大阪でも屈指の名店「麺哲」

とあるラーメン店が
この店のラーメンを食べて目覚めた!
と言わしめるくらいだとか・・・

せっかく日曜日の休みなのです
ここに行かなくてなんとする! って感じだったんです。


15分待ってようやく入店
そして後がつかえているので即注文


待ってる間は、もちろん「おひや」のチェック
ここは、お茶でした。

水質は普通だと思います
あとは、お茶の出し方が薄い・・・
もうちょっとです。


さぁ、ラーメンが出てきました
私が頼んだのは

ついに食べるときがきたか!

肉醤油+味玉(900+100円)

おおおおお!
チャーシューは、薄いのと厚いのが入っているではありませんか!

スープがまた綺麗・・・
名古屋コーチンを使っているとのことですが
トリガラの旨味はしっかり
他にも食材は入ってますが、鶏の旨味を最も感じさせてくれるスープ
塩分は、他の名店よりも若干薄め

麺は、中太ちぢれ麺だったのですが
この麺がまた旨い!
弾力があって、よく噛みたくなる旨さ
スープを綺麗にしているのは、麺の旨さをより明確にさせるためですね。

ちなみに自家製麺ですって
もちろん名古屋コーチンの卵も入ってるそうです。

また具は、ネギ、白髪ネギ、のり、メンマ、チャーシュー

チャーシューがまた凄い弾力感!
固いのではなく、弾力があるのです。
脂身すらも弾力があります。

薄いほうは、麺と共に食べ・・・
厚いほうは、麺の合間に食べ・・・

私が旨そうに食べてるので
隣の人たちが、何度もチラ見してきています。

そして、名古屋コーチンの味玉!
プリプリトロトロで
黄身の旨味とクリーミーな滑らかさがたまんねぇぇぇ!


替え玉もやっているそうなのですが
行列は外にどんどん増えているのでやめました。

食べて、口周りを整えてから即勘定
これも我がラーメン道です。


今日は、この1杯で大満足でした!



麺哲


 定休日:月曜
営業時間:平日 18:00~25:00
     土日 12:00~23:00
電話番号:06-6841-1252
  席数:10席強
 駐車場:なし
  住所:大阪府豊中市岡上の町2-2-6 → 地図


2007年07月29日 (日) | 編集 |
今年の夏は
冷麺戦争が激化しています

そんな中、間違いなく他のラーメン店よりか
ランクがひとつ上だと思っている物がございました


食べたことはないが、おそらくそうだろう・・・

食べたことはないが・・・
















よし
食べに行こう!
  (←えええええ!?)




交差点より、50mくらい北です

麺屋 五大力


(写真は昼間のものです。
 私が行ったこのときは、夜の11時半でした)


そう、元イタリアンシェフのラーメン店
絶品のコンソメスープは、いつぞやお話したとおりの素晴らしさ


(ちなみに、このお店の「お冷」も普通においしい)



私の目当ては、これでした!



インパクトあるなぁ・・・

冷やし拉麺
ジェノヴェーゼ 830円



おおおおおお!
なんか凄いぞぉぉぉ!
(((( ;゚Д゚)))がーん



写真では見えませんが
麺の下に、冷たい自家製コンソメスープがございますし
麺は、オリーブオイルがしっかり絡まったバジルペーストを和えています

具は、サラダ菜、イカ、タコ、海老、枝つきミニトマト
さらには、トマトベースでピリ辛の漬け汁まで付いてます。


う・・・
旨い!!

器はしっかり冷やしているし
塩味のコンソメスープだけでも綺麗に食べれて美味しいのに
漬け汁に付けて食べると、トマトの旨味も加わって、また旨い!

麺はモチロン、デュラムセモリナ粉で作っている自家製麺
細くて、しっかりしめており、弾力感もある!

さらに具の魚介は、
(スープと同じ)岩塩でしっかりと下処理がなされているので
スープにマッチして食べ応えもある。


インパクト、ボリューム、味
ふたつの味を楽しめるしかけ
コストパフォーマンスを感じる価格設定


完璧だ!
非の打ち所がないラーメン

ヤバイ!
この店はハマる!


もう日が変わってましたが
気分良く家路に着いた私なのでした。



麺屋 五大力


 定休日:月曜
営業時間:11:00~15:00
     17:00~24:00
電話番号:06-6857-5559
  席数:20席弱
 駐車場:少しあります
  住所:大阪府豊中市東豊中町5-30-25 → 地図


2007年07月29日 (日) | 編集 |
<初来訪>2007年6月8日

実は私、伊丹に来てから1年以上たつのに
自分の足で、隣の市である大阪府豊中市に行ったことがなかったんです。
距離的には、西宮に行くくらいの距離でしょうか?
ただ、車そのものの台数は少ない為、凄く行きやすかったです。

さて、おそらく一生忘れないであろう
大阪初めての、原付食べ歩きラーメンに選んだお店はこちら!


交差点より、50mくらい北です

麺屋 五大力(ごだいりき)


イタリアンテイストの「ミネストローネらーめん」などが
よくグルメ系ブロガーさんのページに載っています。

これだけ書かれているのを見ると
特殊なタイプのお店かと思われそうなのです。
実際、粉チーズをかける店なんてありましたし・・・
(そこはイマイチでしたし・・・)

でも、今まで色々なラーメンを食べてきた勘で

「ここは、なーんか違う。 そんなんじゃない」(・_・ )

と思って気になってたんです。

店内はとっても清潔感あふれた明るい雰囲気
昼は、大盛り(1.5倍)がサービスですって

私が頼んだのは、ベースとなる「五大力らーめん」に味玉が加わった・・・


トン吉は、今の時期に白菜が乗ってるのが気に入らないようです・・・

熟玉らーめん(しょうゆ)(730円)


う・・・美しい・・・(゚∀゚*)    (←誰かコイツを止めろ!)


なんて綺麗なスープなんだ
具だけでなく、麺の存在感すらも大きく感じられます。

スープを香れば、トリガラと野菜(香味系は特に)、そしてミネラル



・・・ミネラル?


まさか・・・?



スープを口にした瞬間
複雑味があって綺麗なコンソメの風味が
乾いた砂に染み込む水の如く、口の中を流れていきます。

そして、塩の旨味が凄く良く感じられるのです。

イタリアンテイストってんだから、使っているのはイタリアの岩塩?
もしかしたら、ここのおすすめは、醤油より塩だったのかもしれない・・・

ちなみに
スープに魚介系は使ってないと思います
(私の舌では、感じ取れなかっただけ?)


スープを堪能した後、麺をすする
少し固めに感じられるが、麺の旨味を感じてもらうための趣向ですね(^◇^*)


(後から調べたら、デュラムセモリナ粉を入れた特注麺でした
 食べて気づけよ、俺・・・。      まだまだ修行が足りぬ・・・_| ̄|○ )


具は
白髪ネギ、白菜、そして

熟玉と言われる味玉、肉厚のチャーシュー
共に味が優しく染みており、
各素材の良さ・素材の味の引き出し方の両立を感じられる素晴らしいものです。

おもわず「うん!」と言ってしまい
店員さんにチラ見されてしまいました(^ワ^;;;



だって、おいしかったんだもーん・・・



いやぁ~
スープがスイスイ喉に入る
とっても上品な旨さを持った一杯でした!

兵庫にないタイプのラーメンですね
さっすが大阪!
いきなり素晴らしいラーメンに出会ってしまいました!



ところで
例えラーメンが美味しくて
メニューが色々あっても
気にならない店って、たまにあるんですが


ここのラーメンは、
気になる気になる気になる・・・!

「特塩らーめん」とか、
有名な「ミネストローネらーめん」とか
冷麺の「ジェノヴェーゼ」とか・・・!

絶対近いうちに、また来よう!



麺屋 五大力


 定休日:月曜
営業時間:11:00~15:00
     17:00~24:00
電話番号:06-6857-5559
  席数:20席弱
 駐車場:少しあります
  住所:大阪府豊中市東豊中町5-30-25 → 地図


2007年07月16日 (月) | 編集 |
<残念ながら、閉店しました>



<初来訪>2007年3月16日

銀座、駅前の百貨店が立ち並ぶ通り
そして築地・・・

この2つを結ぶ道沿いには
実は意外と店がない

そして、その道のさらに裏通りに
こんな店があったと誰が思ったことだろう・・・

一条流名物の、骨がないな・・・

らーめん勇


がんこ一条流の元10代目だそうです
つまり塩ラーメンが名物

そして口数少ない頑固オヤジ
ラーメン作ったら、さっさと2階へ上がっていってしまいました

「旨い」以外の感想は無いと信じているのでしょう

ラーメン屋に接客を求める方は、行かないほうが良いでしょう
私はこのくらいならOK


頑固オヤジ、やるなぁ!

塩ラーメン(800円)

綺麗なスープです
トリガラと乾物ですね

キリッとした塩味も適度で
揚げネギの香りが上品さを引き立てています
ややちぢれ麺だけでも旨く
チャーシューをからめて食べるのも旨く・・・
ネギを絡ませて食べるのも旨く・・・

1杯の丼で、複数の楽しみを演出しています

(ネギの鮮度が悪いところは、これが無い。
 だから私はうるさく言うのです)

見事だオヤジさん!
さっさと2階へ引っ込むだけの実力はあるな!

だが、後に残される
おばちゃんは、とってもかわいそうだぞ!o(>▽<)ノ彡

ちなみにここの名物の一つに
黄身が二つある特注卵がある

ぜひ御賞味ください


らーめん勇


 定休日:土日、祝日
営業時間:11:30~15:00
     17:30~21:00
電話番号:非公開
  席数:10席
 駐車場:なし
  住所:東京都中央区銀座8-15-6 → 地図


2007年07月16日 (月) | 編集 |
<初来訪>2007年3月16日
東京駅前、日本橋
並々ならぬ交通量
百貨店ををはじめとする名店の数々
そしてラーメン屋はひっそりと待っている・・・

ここで私が選んだラーメン屋

それは
物静かな門構え

支那そば 八島

「支那そば」と言っても、佐野実さんとは関係がありません
ラーメンは昔「中華そば」とか「支那そば」って呼ばれていたのです
それゆえのこと

中は20席以上あり、おばちゃん一人で
お昼の営業を回しています。
でもテキパキと仕事をこなしているのは、やはり東京の名店ならではですな。

八丈島の塩を使っているのがウリらしく
店内には八丈島の名物焼酎「黄八丈」が並んでいます。


名物は、塩エビワンタンメンらしいのですが
私が頼んだのは

スープ少なくして原価率抑える、これも手法か・・・

肉ワンタンメン(850円)

スープはトリガラがメイン
少し濁ってるから、トンコツも入れてるでしょうし
乾物も入れてそうな上品さのあるスープ

麺は普通の麺なので
スープの味を素直に感じさせてくれます

そしてワンタン!
弾力のある肉の旨味
そして皮にからむスープ・・・!

うん! いいなぁ!(^◇^*)


スープ・具主体のラーメンは
どこかおかみさんの目に浮かぶ風景を想わずにはいられない・・・


文句無しの一杯です
ごちそうさまでした。


志那そば 八島

 定休日:日曜・祝日
営業時間:11:00~14:00
     17:30~22:30 (土曜は11:00~15:00)
電話番号:.3-3666-9891
  席数:22席
 駐車場:なし
  住所:東京都中央区日本橋兜町16-1 → 地図


2007年07月16日 (月) | 編集 |
<初来訪>2007年3月15日

東京都町田
そこは東京の中心部からかなり西にある町なのですが
多くの洗練された人・物・情報
そしてラーメン屋が集まる町


つづいては、もはや町田の名物ともいえるお店です


期待がふくらむ門構え

九州ラーメン 火の国

熊本ラーメンの店ですって
私初めてなので、ワクワクして入りました。
店内の席数が多いので、並ぶことなく座れ一安心

目の前には
「気軽に話しかけてくださいね インスタントラーメン食べてるわけじゃないんだから」

って書かれた紙が張られています
この1枚で、お店の雰囲気が凄く良く感じます



さて
ラーメンだけ頼もうかと思いきや・・・



(*^◇^)「はい、名物ヤキメシ~♪」


おかみさんが、嬉しそうな声で手渡しているではありませんか!

なにぃぃ? 名物ぅぅぅぅ!?

















うまそーーーーーーーーーーーーー!おかみさんにやられた・・・

満腹セット+餃子



結局一式頼んどるやんけ!
(((( ;゚Д゚)))がーん



いや、仕方ないでしょ
伊丹から来てるんですよ・・・
あとから「ああ、食べとけば良かった・・・」って思いたくないもの・・・


のり、ねぎ、胡麻、キクラゲ、チャーシュー、プーリプリの味玉♪
うーんワンダホー
麺はもちろんストレート麺

トンコツと香味油のパンチのある香り

一口飲んで驚いたのは、凄くさらりと飲めること!
おそらくこちらは、トンコツとトリガラスープ

パンチあれど飲みやすい
しかも飲んだ後に、トンコツの臭味が全く残りません
これは食が進みます!
やばいです!

ラーメンの衝撃度が高すぎて、ヤキメシが普通に感じましたよ(^ワ^;;
餃子は、タレが特に面白かったです

ラー油も入っているのですが、少しトロンとしています

会計のときに、女将さんに
「味噌でも入れたんですか?」と聞いてみましたが

(*゚ー゚)ニヤニヤ「それは教えられませんなぁ」 って言われました。


なんだろー!?
(((( ;゚Д゚)))がーん


女将「ちょっとしょっぱくなかったですか?」 (-_-;)

 私「いえ、おいしかったですよ」(*^◇^)


女将さんは、凄く嬉しそうに「また来てねー♪」って言ってくれました
ええ、またいつか来ます

ただでさえ美味しいラーメン屋さんなのに
名物女将までいる

いい店だぁ!


こんな素敵なお店は
HPも御紹介しちゃいましょう! → お店のHP


九州ラーメン 火の国


 定休日:水曜
営業時間:11:30~14:30
     19:00~24:00 (土曜は26:00まで)
電話番号:042-729-0444
  席数:15席
 駐車場:8台
  住所:東京都町田市森野6-69-1 → 地図


2007年07月16日 (月) | 編集 |
<初来訪>2007年3月15日

ここは町田・・・
私が何故町田にいるのか
上記の日付の本ブログを御覧あれ・・・


さて、町田に来た目的となる店
近づくたびに気分が高揚する!

そして
曲がり角を曲がって眼に飛び込んできたのは
行列・・・(-_-;)


く・・・

だが・・・

だが、伊丹からわざわざ町田まで来たんです
ここで引き下がるわけには参りません!!

ならびました!
30分!
小雨が降る中!

そうしてようやく中に入れました

小雨振る中・・・

らぁ麺 胡心房(こしんぼう)

ここは、スタッフ全てが女性
10品目サラダや、ヘルシー麺など女性ならではの心配り
店内には、女性一人の方・女子高生数人組など女性が目立ちます


私が注文したのは

丼もオシャレ

肉らぁ麺(1050円)

のり、キクラゲ、メンマ、ネギ、香味油
そして、チャーシュー5枚!

スープは・・・おおお!
凄く分りやすい、トンコツとカツオのダブルスープ
さらに玉ねぎなどもしっかり入ったスープです!

一番驚いたのは
トンコツスープ、チャーシュー5枚、香味油
この組み合わせなのに、全く脂っこくないことです!
凄くあっさりとしたスープ!

脂身あれど
チャーシューの脂をしっかり落としています
麺は、やや細めのストレート麺
これも、あっさり感じさせるポイント


隣に座っていた男性二人連れが
「なんか普通のラーメンだね・・・」ってボヤいてましたが
そりゃそうでしょう

脂をおとし、香味油も控えめ
トンコツではなく、魚介と野菜も入れたスープ
つまり、
強いインパクトをあえて出さないようにしているんです

インパクト = 旨い!

っていう御意見があるのは仕方ないことかもしれません
でもこのラーメンを食べて理解できました

ここは
女性に心置きなくラーメンを
バクバク食べて欲しくて営業しているお店なのですね

美味しかったです!
私まだ関西で旨いトンコツラーメンに出会ってないので
凄く嬉しかったです♪



後から知ったのですが、
ここのトンコツスープは一度冷ましてから脂分を取り除いて、
それから魚介系とあわせているんですって

行列できるくらいのお店ですよ!? 
一体何食分のスープを冷ましてるんだろう・・・
凄く手間をかけてるんですね

お見事でした <(__)>



らぁ麺 胡心房


 定休日:月曜
営業時間:12:00~15:00
     18:00~21:00 (日曜は12:00~20:00まで)
電話番号:042-727-8439
  席数:14席
 駐車場:なし
  住所:東京都町田市原町田4-1-1 → 地図


2007年07月14日 (土) | 編集 |
<残念ながら、閉店しました>


1日30食限定らしいのですが、これも御紹介いたします

手書き黒板がとっても素敵です

麺翁 百福亭


ここで食べていない麺のメニューがあり、それを注文

待つ間は、もちろん百福亭名物「ルイボスティ」を堪能
正直、これが飲みたくて来ている部分もあるのです。


数杯飲んだところで、出てきました。


写真がちと暗めでした・・・

つけ麺 (800円)

おお
いい香りだ!

ヒヤアツ(麺は冷やし、スープは熱い)です。

スープのベースは「元味」
つまり、トリガラ、トンコツ、昆布、煮干、椎茸
「元味」よりも、少し魚介を鋭角的に感じるところが私好みです。

スープには元々ネギの白い部分のみ入ってます。

具は、煮卵、メンマ、チャーシュー(人肌)
そして、ネギの青い部分です!

これだぁ!
この、ネギの青い部分を別で出してくるところが素晴らしい。

チャーシューはしっかりと脂は抜けていますが
それでも「つけ麺」に入れて食べると
ある程度の脂は残ります。

それを最後は、ネギで引きしめて食べ終えて欲しい。 という意図です。

百福亭のチャーシュー(表面を炙っている)は、
この出し方が一番マッチしていると思います。

うん、旨い!
「巧」のつけ麺とは、また少し趣の違う旨さがある。

ひとつだけ惜しかったのは
麺が中細麺だったこと。
この味の構成なら、もう少し太い「中太麺」の方がより合うでしょう。

いやいや堪能させていただきました。
満足です!



麺翁 百福亭

 定休日:無休
営業時間:11:00~24:00
電話番号:072-750-3129
  席数:40席くらい
 駐車場:なし
  住所:大阪府池田市満寿美町2-10 →地図




2007年07月10日 (火) | 編集 |
<残念ながら、閉店しました>


<初来訪>2007年3月22日


今回の記事は、
<再訪>2007年7月9日のお話


2号線ラーメン街道は
芦屋から西になると
途端に件数が増えてきます

そんな激戦区の中で
JR住吉駅から歩いて3分のところに
素晴らしいお店があるのです


島田○○ではない、あしからず

神助

なんと豚骨ではなく
神戸牛の牛骨ラーメンのお店です

夜には餃子やら再仕込みラーメン等があるということですが
今の私の生活上、夜に神助に行くなど至難の業。。。

(いつの日か・・・いつの日か・・・)


さて
お昼には、カレーとのセットがあり
それを注文♪


神助自慢の「お冷や」パイウォーターを飲みながら待つ


チャーシューは、紀州岩清水豚ですって

こってり塩ラーメン(600円)

ミニカレーを付けると、プラス150円


目の前に置いた瞬間、牛脂の良い香りがします
美味しい牛肉を食べたことのある方ならお分かりいただけると思いますが
脂の乗った牛肉を焼いた時に広がる、あの香りです。

これはモヤシを牛脂で炒めているからです。
写真をとる前に、一瞬香りに心を奪われます・・・

ブロガーとしては、いきなりやられた!って嬉しくなりますね。

そしてレンゲをスープに入れて
またビックリ!



トロリ・・・?



そう、スープはトロリとしております。
それだけ煮込んでいるし、コラーゲンたっぷりなのですね

野菜も一緒に煮込んでいるらしく
優しい口当たり
じわりじわりと牛骨の旨味が広がっていきます

豚骨のようなガツン!という旨味ではなく
染物が染まっていくような感じで、旨味が広がっていくのです。


初めてここで食べたときは、塩分が薄いと感じましたが
このスープは
すべて食べて人体にちょうど良い塩分量。

シューシーなフルーツトマトに
塩やドレッシングをタップリかけるのは邪道です。
ほんの少しの塩で、ちょうど良く旨さを感じる。
そんなタイプ
朝でも平気で飲めるスープです。


始めてきたとき食べた、
「あっさり醤油ラーメン」はホントにあっさりでしたが
今回の「こってり塩ラーメン」は、旨味がホントこってり・・・

言葉に偽りなし! 
好きだなぁ、この仕事ぶり

ここの御主人は、水戸黄門で言うと「格さん」のような雰囲気の方
凄く実直な感じを受けます。


そして
麺は中太ちぢれ麺
しっかりスープがからんで食べ応えがあります。

そうそう麺で思い出したのですが
ここの御主人は、平ザルを使って湯切りをしていました。

大阪のとある激旨店も同じく平ザルを使っていましたが
そこは湯切りをするたびに、麺が細かくちぎれて
あっちこっちに飛んでいるたのですが

こちら神助さんは、まったく飛んでいない
もちろん湯切りはバッチリできてます。
この点からも、御主人の丁寧な仕事ぶりが伺えたのです。


さらに具は、
ネギ、牛ひき肉、キクラゲ、細いくらげ(唐辛子和え)、細かい一味唐辛子
そしてチャーシューです。

チャーシューは噛み応えがあるだけでなく
この優しいスープのため、
チャーシュー自体の肉の旨味が、凄くよく分かるんです!


牛肉入りのミニカレーも食べました(牛骨スープ入り)
ですが、ラーメンの旨味の前には
カレーですら霞んでしまいます。


素晴らしい・・・!


唯一気になるのが価格。
600円は、どう考えても安すぎる!

「安くて旨い」は、嬉しいですが
「安すぎて旨い」は、個人的にはどうかと思います。



偽者を出すチェーンが高利益を得て
本物を出す個人店の方が低利益ってのは、
ラーメン好きにとっては、ちとブルー入ります。

私にできることは
しっかり宣伝することくらい・・・


と言うわけで


神助


 定休日:火曜
営業時間:11:30~14:00
     19:00~25:30 (日曜は24:00まで)
電話番号:078-843-0333
  席数:12席
 駐車場:なし
  住所:神戸市東灘区住吉宮町6-14-12 → 地図
  (住吉郵便局の西隣です)


月曜に旨いラーメンを食べたいって方は、絶対ここ!!


2007年07月10日 (火) | 編集 |
暑い日が続くので
ここらで冷たいラーメンいっときましょう!





先日「麺道 しゅはり」に行ったとき


5/1~6/○まで
ローソンにて
当店監修の
冷潮ラーメン発売中!



探しましたよ、ローソンを
でも、どこにもありゃしねぇ!

こらローソン!
って思い続けるのも嫌な話なので
行ってきましたよ


周りに「ラーメン」って看板あることもあるので、間違えないようにしてくだされ

再び「しゅはり」へ


そしてこれが・・・

ホントおしゃれなラーメンだなぁ・・・

冷潮らーめん(850円)


びゅ・・・びゅーてぃふぉー! (゚〇゚;)


麺は同じく、中太麺
スープは、冷やして脂を取ったものを寒天かなんかで、優しいジュレ状にして
そこに、潮ダレを加えています

からむ・・・ジュレが麺に綺麗にからむ・・・
そして爽やかに食べれます

見事だなぁ~(゚ー゚*)


具は、
レモン、かいわれ、海苔、味玉、白髪ネギ、唐辛子
そして、ジャージャーメンのような自分でたたいたひき肉

この筍が何ともいえぬ・・・



かりっ



(((( ;゚Д゚)))?

筍じゃない?




もう一度、かりっ・・・



こ・・・これは・・・ピーナッツだ!
無塩ピーナッツ!

それをしっかり炒めて、この味を出しているのか!

だとしたらレモンは・・・
やはり無農薬レモンか! (←レモンの種まで食べた)


見事な驚きの連続でした!


ああ・・・来て良かった(ハート)

遠方から来ても
必ず期待に応えてくれる一杯がここにあります!

麺道 しゅはり

  休日:月曜(祝日の場合は翌日)  
営業時間:11:30~14:00
     18:00~23:00
電話番号:078-843-1806
  席数:9席
 駐車場:なし
  住所:神戸市灘区桜口町5-1-1
       ウェルブ六甲道5番街1番館 → 地図
(1番館の最北西の店)


2007年07月10日 (火) | 編集 |
西宮と言えば、ここも忘れることはできません

しかも月曜日にやっている、激旨のラーメン屋・・・

不定休なので、電話にて確認したほうが良し


支那そばや 一光


やっぱ、ここしかないでしょう~!
やはり店内は満員です

前回訪問したとき
気になっていたラーメンがありました


それは「黒豚チャーシューメン」

月に一度しか、黒豚が入荷しないそうです
つまり限定のラーメン

塩と醤油が選べるのですが
塩でお願いしました    (あくまでも塩がオススメ)


そしてこれが

まるで花のよう・・・ウットリ・・・ (←誰か止めてくれ!)

黒豚チャーシューメン(1000円)


早速スープの香りを・・・


魚介系の香りと共に、チャーシューの香りも感じます

飲んでみると驚くことに
このお店の、普通の塩ラーメン以上の重厚感があります。

気のせいだろうか・・・?
ベースのスープ自体が、前回よりも重厚感が増しているのかもしれない・・・


細かくご説明しますと (←私の舌で感じたままの説明ですが・・・)
スープのメインとなっているのは
トリガラと昆布 (特に昆布は旨い!)

カツオとサバ節も入っています
ただ香りには主張してこず
味の厚みを増す、「縁の下の力持ち」のように感じます。

そして、チャーシューは常温より少し冷たいくらいの温度なので
すぐに旨味がスープにとけ
香味油、フライドオニオンと共に、旨味を構成しています。


麺は、極細のストレート麺
ベストな選択です。

具は、
白髪ネギ、水菜、メンマで、
シャキシャキの食感3重奏を演出

そして、もう一度写真を見て下さい
チャーシューはピンク色です!

味付けはシンプルにしてあり、肉の旨味を楽しめるようになっています。



(お店によっては、チャーシューにしっかり味付けして
 スープの味を壊している店があります。これはまさに本末転倒)



色がピンクってことは、低温でじっくり熱を入れているのですね
手が込んでるなぁ~。


麺とネギと水菜をチャーシューでまいて、バクシ!




。≠( ̄~ ̄ )モグモグモグモグ




旨ぁぁぁぁ(゚∀゚)ぁぁぁぁい!


スープの重厚感ゆえ
塩がとんがって感じることもなく
スープはモチロン、最後まで頂きました。


ホント旨いなぁ・・・
ますますホレたよ


支那そばや 一光

 定休日:不定休
営業時間:11:30~15:00
      18:00~26:00
電話番号:0798-63-0647
  席数:16席
 駐車場:なし
  住所:西宮市甲子園口3-29-20 →地図

<注意点>
・完全不定休ですので、電話をしてから訪問がベストです
・オススメは、あくまで「塩」の方です。


2007年07月10日 (火) | 編集 |
<残念ながら、閉店しました>



もうひとつ満月ネタです


満月もう一つの名物「白味噌ラーメン」(850円)
にしようかと思ったのですが・・・

実は麺は伸びてたし、チャーシューの端が焦げてた・・・。一番高いメニューなんだから丁寧な仕事をしなさい。。。

白味噌チャーシュー麺(1350円)

にしました。
薄いチャーシュー3枚とメンマで、+500円か  (もうけとるな・・・)

他に具は、かいわれ、モヤシ、ゴマ、練り唐辛子、ニンニク


モヤシを炒めて、塩コショウ
スープを加えて、味噌ダレ、香味油を加えるか・・・ふむ


ここのマスターが味を調えていたのに
あとからオバちゃんが、味噌ダレをもうひとさじ加えていたので
ちょっとしょっぱかったですが


基本的な部分は旨い!
ニンニクと味噌だけで、ここまで厚みのある味が出るか?
(帰って調べたら、4種類の味噌のブレンドしてました。納得!)


具とスープが多い為、麺があっという間に消えてしまいました


お腹がすいている方は、
はじめから「ダブル」(2玉)を注文したほうが良いでしょう

ちなみに替え玉は、やってくれないんです。
でもダブルにすると、早く食べないと伸びやすくなる・・・。


しっかしニンニク凄い量だな・・・
口で息したら、ニンニク臭が凄いわ・・・

人と合う予定がない場合にのみ、オススメですね

ちなみにチャーシューがないほうが
値ごろ感は感じます。


手打ちラーメン満月

 定休日: 月曜(祝日の場合、翌日)
営業時間: 11:30~14:00
      17:30~21:00 (麺が無くなったら終了)
電話番号: 0798-65-8655
  住所: 西宮市薬師町6-25 
       ↑
(クリックしたら地図が出ます)


2007年07月10日 (火) | 編集 |
<残念ながら、閉店しました>



伊丹が終わったので、次は近場西宮
一番近いところから・・・となると、やっぱここ



建物は地味だが、周囲は畑に囲まれているので、目立つかも?

手打ちラーメン 満月

初めて行ったときの記事で
この店の普通のラーメンは旨いだろう。と書いておりました

旨いはずだ・・・
  ↓
俺の舌に間違いはねぇ!
  ↓
食べたぁぁぁぁい!!!

こうして我が欲望は積乱雲のようにムクムクとわきあがり
再び来てしまったのです。


今回頼んだのは

愛してるよ・・・   (←コイツ終わってる!)

辛ネギらーめん
(850円)

醤油ラーメンなのですが
具に、ラー油で和えた白髪ネギ、胡麻、油で煉った七味
そしてチャーシュー(端っこの部分を、小さめに切ったもの)



スープ自体の構成(思想)は、梅田にある「おちゃらんや」と同じく
少し薄めで、上品で優しく、毎日飲んでも絶対飽きないタイプ


そして何よりは「手打ち麺」です!!


ツルツルで、モッチリした歯ざわり
そして強いコシ!


見てください
表面はデコボコしているので・・・

本当に見事な麺だ!

スープが良く絡むんです!

(だから、すこし薄めが良いんですね)



そして、端っこのチャーシューもおいしく

「チャーシュー入ったやつにすれば良かったぁぁぁぁ!」

って皆思わずにはいられぬでしょう・・・
それが狙いでやっているのかも。。。?

何せ、チャーシュー1枚200円になってますからゞ( ̄▽ ̄;)


とにもかくにも素晴らしい!
一般的視点で言えば、「麺が他の店と断然違う!」
って誰でも分かるところに、人気の大きな部分があるのでしょう。

夜遅くまでやってたら、私絶対行ってしまうだろうな・・・


手打ちラーメン満月

 定休日: 月曜(祝日の場合、翌日)
営業時間: 11:30~14:00
      17:30~21:00 (麺が無くなったら終了)
電話番号: 0798-65-8655
  住所: 西宮市薬師町6-25 
       ↑
(クリックしたら地図が出ます)





2007年07月08日 (日) | 編集 |
前回の記事の続きで
続きましては、「麺屋 巧」のつけ麺です


つけ麺730円

つけ麺 (730円)


麺はしっかり冷やし
スープは熱い
いわゆる「ヒヤアツ」です


スープは、巧ラーメンよりも
煮干とカツオの風味がより明確に浮き彫りになっております
ひく肉、ニラ、そして明太子
ゆえに軽くピリ辛で、麺にしっかり旨味がからみサイコーです!

チャーシューがふんだんに乗っているので
チャーシューで麺をまいて、スープを付けて食べるのもオツ♪


麺の量も多いので、しっかり食べたい方は
かなりオススメです



麺屋 巧

 定休日:月曜
営業時間:平日  18:00~25:00
     土日祝 11:30~25:00
電話番号:072-785-3835
  席数:14席
 駐車場:1台
  住所:伊丹市行基町3-16-9
        ↑
(クリックしたら、地図が出ます)


2007年07月08日 (日) | 編集 |
今までいくつか
美味しいラーメン屋さんを御紹介させていただきましたが
1件で1種類しか食べてないわけではございません

美味しい!と思ったお店は
基本すべてのメニューを食べねば気がすまない。

当ブログを御覧になっている皆様なら
その心情お分かりいただけるのではないでしょうか?

今回からしばらくの間
そんな記事を書いてまいりましょう

では、まずは私住む伊丹市から・・・



伊丹と言えば「麺屋 巧」でございます。
伊丹から全国区に自慢できるラーメン屋さんは
ここしかない! と断言できるお店


「麺屋 巧」は「巧ラーメン」(醤油)だけでなく
「塩」「つけ麺」も絶品です


その塩ラーメンはこちら

今日の写真は、旨くとれた気がする


塩ラーメン(630円)


麺は、中太麺
具は、ネギ、モヤシ、ワカメ、チャーシュー(もち豚)

スープは、
ニボシを筆頭に、カツオ、サバ、昆布の魚介系
トリガラスープ、そして干し椎茸

系統で言うと「無化調魚介系Wスープ」になります。

魚介系に苦味はなく
トリガラスープとのバランスが完璧で
両方の味を同等に感じることができ
スープのバランスが取れているゆえに、塩の旨味を素直に感じ取ることができます

ネギの鮮度も良いし・・・ホント見事です!

麺屋 巧

 定休日:月曜
営業時間:平日  18:00~25:00
     土日祝 11:30~25:00
電話番号:072-785-3835
  席数:14席
 駐車場:1台
  住所:伊丹市行基町3-16-9
        ↑
(クリックしたら、地図が出ます)



2007年07月04日 (水) | 編集 |
<初来訪>2007年5月12日

兵庫県に住む方ならば
一度は是非足を運んでいただきたいお店がございます。
そして、兵庫にこんな凄いラーメン屋さんがあることを
他県の方に自慢して欲しい。

食べ物・お酒に口やかましい私が
1杯で惚れ込んでしまったお店はJR六甲道駅から南にある


周りに「ラーメン」って看板あることもあるので、間違えないようにしてくだされ

麺道しゅはり

兵庫最強の一角とウワサされるお店です
厨房を中心に円形に9席並んでいます 
(これって、肝がすわってないと無理だぁ・・・)

添加物は無添加、使っている塩は沖縄の「ぬちまーす」
(どっちの料理ショーの特選素材にもなった塩)

仕事ぶりをジーっと見ていたのですが
麺は、ひと玉ひと玉別れているものではなく、
大きな入れ物にドカンと入っていて
1回1回計量しています。

こっちの方が、コストが安くなるからでしょう
手間は惜しまない方なのですね。

(後から知ったのですが、麺哲から仕入れてるそうな・・・
 それであの麺の箱だったのか、納得)


私が注文したのは

盛り付けも丁寧です


潮らぁめん+チャーシュー丼セット (750+200円)


いい香りだぁ・・・
具は、海苔、メンマ、味玉、わかめ、チャーシュー、白髪ネギ、桜海老

中央のネギと桜海老が、
まるで網で水揚げされた海老のように魅せている気がするのは私だけでしょうか?


ではスープをひとくち・・・(-_-)ドレドレ・・・


へ?(((( ;゜Д゜)))がーん


スープをすすって唖然としました
香りは、ぬちまーすのミネラル感が結構出ています
でも口に含むと、あまりにも多くの味が詰まっているのです!
しかも繊細にして、塩の旨味も綺麗に感じられます。

カツオ、昆布、貝柱、干海老、椎茸、後は野菜が・・・

え? 20種類以上の食材が入ってる?
旨味の良く出る物が中心だとは思うのですが、
さすがに全部分かりません


麺は中太麺、
スープと麺、どっちが勝つでもなく、綺麗に口の中へ入っていきます。
チャーシューはとっても柔らかく・・・
味玉の良さは語るまでもなし


す・・・すげぇ・・・
これだけの複雑味を出しながら
食材がピンポイントで主張するわけでもなく・・・

まるでオーケストラだ!
丼のなかに楽団が形成されてますよ!




そして、先ほどの写真上部に写っている「チャーシュー丼」

味付けは、刻み海苔、醤油タレ、わさび
これって・・・・・・・・・・・・・・・そう!「鉄火丼」の味だ!

チャーシューが脂っこく無く、恐るべき柔らかさだからこそ
できうるのか!

うううう・・・旨-------(゜∀゜*)-----いっ!!



伊丹から来た甲斐があったぁぁぁぁ!!
ああ・・・ここでしばらく余韻に包まれていたい・・・ (←頭おかしいよコイツ!)

今まで食べた塩ラーメンの中で、間違いなく最強です!
これは断言いたします!

兵庫の中で「ラーメン四天王」を創る事になれば
多くの方が「麺道しゅはり」の名を挙げるでしょう


麺道 しゅはり

  休日:月曜(祝日の場合は翌日)  
営業時間:11:30~14:00
     18:00~23:00
電話番号:078-843-1806
  席数:9席
 駐車場:なし
  住所:神戸市灘区桜口町5-1-1
       ウェルブ六甲道5番街1番館 → 地図
(1番館の最北西の店)


2007年07月04日 (水) | 編集 |
<残念ながら、閉店しました>



<初来訪> 2007年5月12日

看板に「○○ラーメン」って書かれると

「なんだ御当地ラーメンかぁ」っておっしゃる方いませんか?

ここは違います。
そんなイメージを、実力であっさり覆す

紀州和歌山らーめん
あじゅち屋


(前で道路工事してたので、店の写真は撮りませんでした・・・)


入った瞬間、オトコのラーメン屋さんって感じが伝わりました(^ワ^;;
テーブル席もしっかりあります

店員さんは赤いTシャツ
単独店で赤いTシャツは珍らしいのでは?

そう思っている間に、ラーメンは出てきます。


食べたのは

泡立ってるよ・・・


中華麺 熟成 (600円)


醤油トンコツです
具は、ネギ、海苔、チャーシュー、メンマ
見た目からして、スープに自身がありそうです♪

トンコツだけでなく、トリガラも入ってます (モミジもタップリ入ってそう・・・)
スープだけすすると
トンコツ特有のガツンとした味
旨味だけでなく、トンコツの旨味の一部ともいえる苦味や臭味もありますが、
トリガラの旨味が、全体をまろやかにしています

唇に脂はつきますが、口の中では全く脂っこく感じません。


そしてなにより
一番驚いたのは、麺をすすったときでした

麺は細いストレート麺
これをすすったとき
まるで裸体の上に革ジャンを着たかのごとく
麺が旨味をまとうのです


おおおおおおおおぉぉぉ!!

こ・・・これは・・・!?

直接スープをすすったときよりも
麺をすすったときの方が
スープに対する印象の良さが全然違う!


荒い部分が影を潜め、旨味が強調されてくる・・・!


それに気が付いた瞬間
夢中で麺をすすっていました!

うおおお!
ここのスープは、全部麺に絡ませて食べぇぇぇ!!


もし
「替え玉 ○○○円」とか目の前に書いてたら
絶対あと2玉くらい逝ってましたね、私・・・・・・・・・・ゞ( ̄▽ ̄;)

それぐらい、夢中ですすりました


これで600円は、見事だぁ \(´▽`*)

今まで、いわゆる御当地を名乗るラーメンはハズレばっかりでしたが
初めて、オススメしたい旨い店に出会えました。

でも「カップルで行く」よりかは、
「野郎どもを連れてきた」って雰囲気の方が
より楽しめそうなお店です


あじゅち屋

  休日:無休  
営業時間:11:30~24:00 (日曜は23:00まで)
電話番号:078-413-9990
  席数:23席
 駐車場:8台
  住所:神戸市東灘区森北町2-2-21 → 地図    (スシローの東側)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。