~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年06月13日 (水) | 編集 |
<残念ながら、閉店しました>



<初来訪>2007年6月12日

私は伊丹市の北側に住んでますので
北隣の川西市
川西市の東隣の大阪府池田市 共に比較的短時間で行けます


そして池田市と言えば、インスタントラーメン発祥の地


今回訪れたのは、インスタントラーメン発明記念館から北に行ったところにある


手書き黒板がとっても素敵です

麺翁 百福亭(めんおう ももふくてい)


このお店は
インスタントラーメンを発明した
日清食品創業者会長だった、故 安藤百福氏が
インスタントラーメンではなく、
ラーメン屋として創っていたらどんなラーメンが生まれていただろうか?
というコンセプトで『博多 一風堂』のオーナー河原成美氏が立ち上げたお店だそうです


店に入ってメニューを見るまで、
立ち上げたのが河原氏だと知らなかったのですが
なるほど
店員さんの受け答えやオーダーの通し方は
一風堂式の鍛えられたものでした。


落ち着いた店内で、居心地の良さがあります
椅子は、肘掛が左側だけにある珍しいタイプ



ここは主に2種類のラーメン

先ほどのコンセプトで作られた「元味」 (しょうゆ)
時代に合わせて作り上げた  「新味」 (とんこつ)  の2種類


上手だよな・・・
普通に「しょうゆ」「とんこつ」と書かれるより
「元味」「新味」と書かれると、2回は必ず行きたくなる。

そして豊富なサイドメニューはあるし
おむすびは毎日具が変わっているようです。

この飽きさせない仕掛けは、ホント良いお店だと思います



そして驚いたのはお茶でした



赤茶色? (・_・ )


色は最初ジャスミンティかと思いました。

飲むと・・・違う・・・・・・・・・・・でも間違いなく何度か飲んでる味だ・・・



結局分からず店員さんに聞くと「ルイボスティ」でした。

ルイボスティは、ミネラルが豊富で、抗酸化作用もあります
しかもノンカフェインなので、ガブガブ飲んでしまいました (^ワ^;;



私が頼んだラーメンは、モチロンお店の基礎となる

色鮮やかだ・・・

元味+おにぎり (800+150円)

今日のおにぎりの具は「豚キムチ」



早速スープをを飲んでみました

綺麗なトリガラがベース
味の厚みがあるので、トンコツを少し使っている
魚の風味は感じず、乾物でも使っていそう

色が薄いのは
醤油ダレ、塩ダレの2段構えでなく
薄口醤油を使っているから

ってのが第一印象でした。

(醤油は、ここのを使っているようです。→ 北伊醤油のページ  )


食後にメニューをじっくり見たら
スープの割合まで書いてました。 →ここ

上にはゴボウ香味油
具は、卵、ほうれん草、かまぼこ、ネギ、ゴボウの素揚げ、メンマ、チャーシュー
かと思いきや、食べ進めると下からキクラゲも登場!

これ、心ニクイなぁ(^◇^*)


麺は中ちぢれ麺、替え玉もやっています。
(おむすびを頼んでいたので替え玉は頼みませんでした)

チャーシューは、スープと煮たのか
少し旨味は薄れてましたが、後から丸ごと味を焼付けてました。



うーん、旨いラーメンだ!
スープの重厚感は、「ややある」ってとこです。

これはおそらく、昆布や煮干のランクによるもの
昆布や煮干のランクが上なら、もっと重厚感は出るのでしょうが
コンセプト・新味の存在、を考えると
このくらいの方が、むしろ正解だなと思いました。



そして、おむすびですが
具がいっぱい詰まっているので、ボロボロ崩れやすかったですが
まぁ、具は豚キムチだし
150円で、この具の量は素晴らしいです。


サイドメニューをまともに頼むと
1000円を軽く超すので
多人数で行って、サイドメニューを分け分けした方が
より楽しめるでしょう


私の家から原付で15分くらいのところにあるお店なので
出かけるルート次第で、ちょくちょく行きたいと思わせる
とても良いお店でした。



麺翁 百福亭

 定休日:無休
営業時間:11:00~24:00
電話番号:072-750-3129
  席数:40席くらい
 駐車場:なし
  住所:大阪府池田市満寿美町2-10 →地図
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。