~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年08月07日 (日) | 編集 |
<初来訪>2011年8月4日

木曜の昼に一乗寺へ
昼ご飯食べたいが、時間はそんなになかったので
中待ちでも並ぶ事は不可
木曜なので軍団さん・池田屋さんは休み
差し迫る時間、ここはどうかと


SH3K1133
龍の鈴さんへ急行

水は普通、即注文



SH3K1134
とんこつらーめん(600円)


スープは綺麗な豚骨
部類で言えば、皆が口をそろえて
「ライトトンコツ」と言うでしょう。

麺は、「合っている」というより
「互いの邪魔をしていない」という表現の方が
適切なように思えました。
これはタレの味が弱いからでしょう。
綺麗だけど引きが無い
タレが味を奥まで運んでくれない。

そして具は葱とチャーシューだけ
チャーシューも丁寧ですが
食感などの存在感に欠ける…
これで600円・しかも一乗寺

他のエリアならまだしも、
一乗寺となると
正直厳しいと言わざるを得ません。

丁寧さは美徳です。
でもそれで勝てるほど一乗寺は甘くない…

総じて
普通に美味しいのですが
あと「ふた押し」欲しい!


特に
オンリーワンな武器が必要です。
頑張ってくださいませ…!

龍の鈴
   住所 : 京都市左京区山端大城田町26
   TEL : 075-703-1267
営業時間 : 12:00~15:00
        18:00~22:00
  定休日: 不定休
  駐車場: ?
  席数 : 6席?(5席?)

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2011年05月15日 (日) | 編集 |
「麺屋極鶏」さんのあとのお話

一乗寺を後にして
同行の方と話し合って行ったのは
誰しも予想しなかったであろう(笑)
私は未訪だった「志七そば 吉田屋」 さん

ところがなんと…

SH3K0608
今年から土曜日が定休日ぃぃ!?
(((( ;゚Д゚)))がーん

(食べログでは、木曜定休のまま)

そこで、足を伸ばしました。



<初来訪>2011年5月7日

SH3K0609
「大文字焼き」の山のふもとにある
これまた私は未訪だった、京都の老舗


SH3K0611
ますたに本店さん

(本店と言う人もいれば、今出川店と書かれているところもある
 ますたにだけのところもあれば、看板には中華そばますたに…
 こちらでは、本店と書かせていただきます)


SH3K0610
小さな川の前
木漏れ日をもたらす柚子の木
非常に素敵なロケーションの中にあるんですね!

ですが驚いたのは
こんなロケーションの中で
クサウマ豚骨そっくりの発酵臭が
周囲にプンプン漂っていること(笑)

中外合わせて10人過ぎの待ちでしたが
15分はかからずに入店
水は普通
店員さんが注文をとりに着てくれるまで
じーっと我慢の子


SH3K0612
ラーメン(並)(600円)

麺がヤワイそうですが
まずは…と思い、何も言わずに注文

元々ブレはあるお店で
今日の出汁感は「中の下」とのことでした。

唐辛子を入れた味噌などの塩分のあとに
濁った鶏の味わい、辛味
ホワイトペッパー、背脂の甘み、少しの臭味
これが、結構いいバランスを取っており
中に入っているアレを目立たせること無く
なかなかに飲ませる味わいを持っている。

麺はそんなに柔らかくなく
しかも麺量は多いCP
具は、麺・スープを邪魔しないアクセント

これで「中の下」だったら
最高峰の「ますたに」さんを
是非一度食べてみたいものです。


京都の歴史を物語るラーメンたる
「豚骨醤油」「鶏白湯」
その片方を支えてきた老舗。
今なお行列があるのは、納得のお店でした~!

ますたに本店
  住所 : 京都市左京区北白川久保田町26
   TEL : 075-781-5762
営業時間 :  10:00~19:00(日祝は、18:00まで)
      (売切れ次第終了)
 定休日 : 月曜日、第3火曜日
 駐車場 : 2台あり
   席数 : 22席


ブログランキングに参加しております
ワンクリック・・・お願いしますー!
  ↓

テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2010年12月14日 (火) | 編集 |
この日は珍しく
食べ歩き以外の事で二条にヤボ用

その前に腹ごしらえ
暮れも近いし、いっちょ宿題を終わらせておきましょ♪と


パチンコ屋の北側
中華料理 大鵬さんへ

宿題だったのは
こちらで名物の


てりどん
てりどん(580円)

テリヤキ豚丼なのですが
塩分が単調でなく
一歩踏み込んだ深さのある味わい

(後で、日本・中国の醤油をブレンドしてると聞きました。
 合わせ味噌の要領なんですね)

それに香辛料などもあり、食いつかせる味

さらに絶妙なのが油分
結構、多目なのですが
「これ以上多いと、クドイ」
「これ以上少ないと、ごはんとの絡みが悪い」
という、
非常に絶妙なバランスをもっておりました。

てりどん通は、
黄身トッピ・ネギ多目で頼むとか
それも旨そう~(笑)

これ、ハマる方が多いのもナットク!
また食べに来るとしましょう(^◇^)/


そしてラーメンは


普通
五目汁そば(730円)
具は
人参、玉ねぎ、モヤシ、白菜、木耳
海老、イカ、豚肉、卵
と具沢山

味は綺麗なトリガラでした♪

中華料理 大鵬
   住所 : 京都市中京区西ノ京星池町38-27
   TEL : 075-822-5598
営業時間 : 11:30~14:30
         17:00~23:00
  定休日 : 火曜
   席数 : 30席
  駐車場 : あり


ブログランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
  ↓


過去の「中華料理 大鵬」さんのレポ 
1:担々麺
2:汁無し担々麺
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2009年09月12日 (土) | 編集 |
「しゃかりき」さんの後、同行者とバスで移動


「京都 つけ麺&和え麺サミット」 4 : タンポポ


佛教大から、歩いて3分
タンポポ (写真は、「味噌饗宴」のときのものです・・・)

外待ち5人、割り込もうとするオッサンまで (Θ_Θ)オイ・・・

イベント中ではありますが
多くの方が定番を頼んでいますし
佛教大のそばでありながら
店内の大多数は中高年

地元密着型
多くの常連さんに支えられているのが分かります。
そんなタンポポさん
今回は、つけ麺でエントリー


コーラ(爆)
辛つけ麺(800円)



・・・・・・・・・・・・(・_・ )



コ・・・コカコーラ!?
(((( ;゚Д゚)))がーん




そう・・・



なんと250ミリのコカコーラ付きです(爆)
(ライスもついてます、言えば出してくれます♪)

麺は、味わいのある平打麺
少し固めにシメられてますが、つけ汁がアツアツなので大丈夫


そのつけ汁ですが・・・

まっかっか

はい、まっ赤っ赤です (///∇//)ポ・・・

動物系の味がしっかり出ており、
醤油ダレと一味・ラー油が鋭角的に利いている。

中には、
ネギ、玉ねぎ、生姜、チャーシューのミンチ

これらが麺に絡みますが
麺を全部つけ汁に付けると
麺が負けるので、半分位まで付けると良いでしょう

チャーシューは食べやすくて、味付けは優しくて
個人的に好きなタイプのチャーシューです♪


そしてコーラ!!(いえい♪)


つけ麺ひとしきり食べた後のコーラ


 カシュッ

    ごくっ・・・ごくっ・・・

        ぷはー・・・・・・



( ゚∀゚)合う!!


飲んだら合う合う(爆)

普段、コカコーラは飲まない私ですが
コカコーラが旨いと感じる・・・・・・何故だ!?

つけ汁をペロンとなめて
もう一度コーラ


(電球光!)
( ゚∀゚)なるほど!塩分と油分だ!!


ポテチとかハンバーガーにコーラが合うのと同じ原理
これは面白ーい!


 つけ麺食べて・・・コーラ!


   つけ麺食べて・・・・・・はいコーラ!!


技ありの仕掛けもあって楽しませて頂きました(^O^)/
遊び心を持ってるお店、大好きです!
しかも
タンポポさんのカラー「赤」が
しっかり出た良いつけ麺かと存じます。


ちなみに同行者が頼んだのは「ラーメン」

でふぉ

しっかり出てる動物系
ビシッとした醤油ダレ
ネギに背脂に一味!!

気になったんで、食べれて良かったです。
常連さんが多いのも納得の味でした(^^ゞ

タンポポ
   住所 : 京都市北区紫野西蓮台野町57UK
   TEL : 075-493-8594
営業時間 : 月~土曜 11:30~25;00
           日曜 11:30~15:00
               17:00~21:00
   休日 : 第3月曜
   席数 : 18席
  駐車場 : 3台分あります

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓


今回のタイトルは
満席のとき、テーブルに・・・カウンターに
赤い花が満開に咲いてるかのような光景に
なぞらえてみました♪
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2009年05月13日 (水) | 編集 |
ラーメン屋さん同士での、冷やし麺戦争
うどん屋さんの「ひやかけ」 VS ラーメン屋さんの「冷やし麺」
などなど各地でヒートアップ
ある意味、ラーメン屋さんにとって頭がいたいはず・・・

そんな中、
もう1個頭を悩ませる事があるお店もあります
それは
「細麺or中細麺のつけ麺をしたい!」

+アルファが「つけ麺」であるラーメン屋さん「麺野郎」さん
その「麺野郎」さんが出店された辺りから
関西のつけ麺は加熱の一途をたどってきました。

各店が「つけ麺」を出し始める中
一部のお店では
より濃厚に、より麺は太く、より個性的に・・・・・・
となってきたは良いのですが
今後を考えた上での問題点がふたつ

・濃厚or個性は、いくら美味しくても飽きられるときがくる
・太麺は待ち時間の長さゆえ、来店動機を失う可能性がある
 (特に、ビジネス街・周りに飲食の多い地域は・・・)

この解決策は
・飽きられにくい「つけ麺」を作る
  バランスが凄まじく優れている
  つけ汁だけでは物足りないけど、麺をつけたらバッチリ味が完成するタイプ
・細麺、中細麺のつけ麺&スピード感

ってクチで言うのは簡単ですが
これを実際やることの、いかに難しいことか・・・いかに悩ましいことか・・・!

そんな中、
以前からお話を聞いていて
行きたいと思っていたお店にお伺いすることが出来ました。


<初来訪>2009年5月9日
湖国の帰りで(この話は次回に・・・)
JRに乗っていたため、足を向けた私

場所はJR長岡京駅から、ひたすら東に10分くらい

パナソニックのお向かい

途中ツツジを楽しみながら、名神高速まで突き当たり
北へ向いたすぐのところにあるお店
風来房

入り口は、写真右側面にあり ←入り口はこちらの面
    ↑
これは入り口ではありません・・・

こちらはなんと「つけ担々麺専門店」

入ってみれば
いくら土曜とはいえ、1時半過ぎでも満席&店内待ち多数・・・
比較的若い方が大半
店員さんも、若い方4人で回してらっしゃいました。

しかも
あれよあれよと回転していき
そう待つことなく、座ることが出来るので
待つことは、苦にならないと思います。


メニューは分かりやすく
「白虎」(白胡麻つけ担々麺)
「玄武」(黒胡麻つけ担々麺)
「朱雀」(酸辣つけ担々麺)(読み方は「しゅじゃく」ですって)
「青龍」(担々ぶっかけ?) ←7.8月のみの限定

(あともう1個あったな・・・辛いの・・・鳳凰? 失念です・・・)

私はもち、一番の基本をみたかったので「白虎」を注文
「冷たい麺」と「熱い麺」が選べるというので「冷たい麺」を選択
水は、弱アルカリ性の綺麗な水
好感が持てます!

次々と替え玉が飛び交う中、
やはり、そう待つこともなく出てまいりました。

おもろー!
白虎(670円)

おお・・・
麺はやはり、中細麺(より心持ち細い)
そして、
卵の風味満点の低加水麺


つけ汁には、軽く桂皮がふってあります
粘度は軽めです。
基盤となる胡麻ペースト等は、さすがに「アレ」
これは、しゃーないっすかね・・・

(胡麻ペーストを自分で作るほうが鬼ってるわ ^ワ^)

それを、
鰹や昆布などのスープで割って
白すり胡麻をふって「つけ汁」にしています
まぁ、胡麻が前面に出ているので
鰹などは感じにくいですが、
つけ汁全体が、滑らかになるし飽きにくいです。

上手に個性を出しているのが「自家製ラー油」
山椒が結構効いており
最初滑らかな味わいを感じ
途中から、強烈な辛味が襲ってくる!

つけ汁の軽い酸味と、山椒の相乗効果で
「しっかりとした酸味が味を引き締めている」
と感じられる方が多いことでしょう。

チャーシューは太棒状で
少し八角が利かせてありました。

また
替え玉も「冷たい麺」と「熱い麺」が選べます。
(中には「熱い麺のカタメ」って注文してた方もいらっしゃいました)

たとえ冷たい麺で替え玉しても、
おそらく、つけ汁は冷たくはならないでしょう。
(私、替え玉はしなかったんです)

熱い麺は、軽く湯きりし
さっとだけ上から冷水をかけ
スープで割ったタレ?らしきものをかけてからしっかり湯きり

さらに盛られた麺を持ち上げたら
麺がくっつくことなく
湯気がホカホカたっておりました

(店内暑いのに、
 多くの方が「熱い麺」を頼んでいたのは、訳がある…・・・
 皆までは言いません)

そして、とどめ!とばかりに
カウンターに常備されたステンレスポットには、
カツオと昆布の熱い出汁が入ってるので
好きなときにスープ割が自分でできるし
店員さんも、手間がかからず回転が速いし
辛さが欲しい方のために
カウンターの上には「自家製ラー油」も常備


( ゚∀゚)天才!


このシステムを考え付いた方が凄いです!
元々の価格は手ごろ(店側も無理はまったくしてない)
替え玉まで選択肢があるので、お得感もある。
これだとFC展開などもしやすいでしょう。

店内待ち多数なのも納得
喜ばれるお店だと思います。

こちらの御主人
職人気質ではなく、経営者気質の方だと思いますが
見事なまでに、人々の心に刺さってます。

面白かったっす~♪

風来房 
   住所: 長岡京市神足大張8番地
電話番号: 075-951-1747
営業時間: 11:30~15:00
        18:00~21:00
 定休日: 不定休
 駐車場: あり
  席数: 10席

<お知らせ>
2009年5月の、風来房さんの休業日は
12日、18日、25日の模様です



ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

    ↑
更新速度遅くなってますけど
応援お願いいたします。。。
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2009年03月28日 (土) | 編集 |
<初来訪>2009年3月25日

こちらがオープンされてから、色んな方に・・・


(* ̄▽ ̄)「弟さん、がんばってるよ!」

(* ̄3 ̄)「長男、早よ行ったれや・・・」



なんて言われ続けていたお店
ついに行くことができました。

場所は、円町交差点(西大路丸太町・・・でいいのかな?)
から北へ30mのところにある

紅い提灯が目印
山麺二郎

そう
  私 : 「麺多浪」 : 麺たろう
お店 : 「麺二郎」 : 麺じろう

なので、
「弟」やら「長男」やら言われてたんです・・・(; ̄3 ̄)

お若い御夫婦でされてるお店
内装は、淡い色の器や壁で占められており
落ち着きを与えてくれます


音をなるべく立てない丁寧な調理
湯切りも、
重いときはゆっくり、軽いときは素早く
など、細かい御配慮がちりばめられております。

綺麗~(ハート)
塩らーめん(750円)

スープは
とても綺麗な鶏とカツオの香りと味わい・・・
野菜やら昆布やらも入っている感じ

なるほど
ダシの強さは麺乃家さんほどではないですが、
味の構成と、
素材を飛び出させていないバランス感は
麺乃家さん出身を彷彿させてくれます。

ひとかけらの柚子が
かなり良い芳香を放ち
スープをクチに入れたとき、鼻から柚子の香りが入り
まるでスープに柚子が入っているかのような感覚になります。


麺は、極わずかに全粒粉がブレンドされた平打麺
やや加水率の高い麺を固めに茹でてます。


(3/30追記)
他の方の、この塩ラーメンのレポをいくつか拝見しましたが
全粒粉に関する記述は見られなかったので
もしかしたら、日によって変えているかもしれません。
(追記終わり)


いきなり麺から行ったら、
歯の噛み合わせ次第では、麺が歯に付くかも…?

なので
まずはのんびりスープから楽しんで下さい。
心静かにスープを楽しんだあと
麺は、ちょうど良い固さになっております。
しかも、この自家製麺
加水率がやや高いので
スープを吸いすぎることはありません。

のんびり麺を噛みながら
スローライフ感覚で食べていくのがオススメです。

シナチクは、ザックザクの食感
チャーシューは、ほんのり味が入れられて
肉の食感と味わいが、優しく優しく伝わってきます。

葱の繊細な食感も、ソフトなアクセントとなり楽しいです。


ガツガツ食べるより
のんびり余韻を感じながら食べてもらいたい・・・
そんなメッセージを感じる一杯でした。

中高年女性には、かなりウケが良いはずです。
ラヲタは、私も含め
食べ方に品が無いから
賛否両輪分かれるかも(爆)

お会計のとき、「美味しかった旨」を伝えると
嬉しそうに思わず・・・「ニヤッ」って顔をされてました。
また来ます!(^^ゞ

山麺二郎
   住所 : 京都市中京区西ノ京円町1-8
   TEL : 075-463-1662
営業時間 : 11:30~14:00
         17:00~22:00
  定休日 : 不定休
   席数 : 10席くらい
  駐車場 : なし (すぐ南側近くにパーキングあり)

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

    ↑
最近苦戦ちゅ♪
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

2009年02月15日 (日) | 編集 |
まごころ味噌と匠達の饗宴 : 9 「しゃかりき」

久々のしゃかさんです
和え麺サミット以来なんで、めっちゃ久々・・・(^▽^;)

昼の方が、カッコイイ?
しゃかりき

この日は、夜営業開始直後に入店
(すぐ行列になりますしね・・・)
目当てはモチロン

初焼きラーメン
味噌焼きラーメン (500円)

以前、○○県で
ハリガネ麺を焼いて味付けただけの
あまりにもヒドイ焼きラーメンを食べたことがあり
ひとくち目はおそるおそるだったのですが
ひとくち食べて、
「やっぱ、しゃかさんだな・・・」と安心

極細麺の、
少しカタメの茹で加減はもちろんのこと
やっぱり、脂の使い方からちゃうので
ストレートに「旨い!」と多くの方が思うことでしょう・・・

それに、味噌トンコツスープを加えており
甘味は押さえて、ドロッとさせています。
全体的に見て、味噌を少し立ててる感じ

これに具は、キクラゲ、ネギ、チャーシュー
ひとくちひとくちのヴォリュームは、結構あります。
「すする」というより「食べる」という食感なので
「すする」感覚が欲しい方は、
生卵(100円)を注文して、溶いて途中から入れてしまいましょう♪

しかし、夜限定数量限定メニューなのに
たった500円で仕上げてくるとは・・・

普通だったら、もっと単価の高いものを出したいものですが
麺や具の量をどかっと増やせば、
最後の方は麺が伸びる可能性がある・・・からか?
この辺の御配慮が、人気のひとつなんでしょうね・・・

ところで
私が最も驚いたのは「ネギ」!!
とってもジューシーで鮮度がいい。
このネギの、素晴らしい味の引き算が
この一杯をコストパフォーマンスを
格段に引き上げているのは、もはや言うまでもありません(^-^*)


しゃかりき

   住所 : 京都府京都市中京区聚楽廻東町3-9
   TEL :  075-813-5198
営業時間 : 11:00~14:30
        18:00~24:30
  定休日:  第1・3火曜日
  駐車場: なし(道路はさんで南西方向にパーキングがあるそうです)
  席数 : 16席

ランキングに参加しております
nwahaha.gifワンクリック・・・お願いしますー!
    ↓

    ↑
私、何位だと思います?
自分で見て「うぉぉぉぉぉい!!」って叫んでしまった・・・ゞ( ̄▽ ̄;)
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。