~ほほえみ めんゆいき~
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年12月25日 (金) | 編集 |
フラストレーションこそが、
私にブログを書かせる原動力だった。


先日私は、こう書かせていただきました。

10年以上前に、高知市から伊丹市へ引っ越して、
約半年でラヲタになった私

その当時の関西のラーメン業界は
大阪府第一主義的な状況で
兵庫県のラーメンは、侮られていました。

虎一番さんのような、凄いお店もありましたが
「凄いお店の絶対数」が足りない。

そして、当事者である兵庫県の店主さんの多くは
俺のラーメンの方が絶対おいしいのに、何であの店が・・・!
という歯がゆい思いをされていました。
当然、その状況を私も面白いとは思っていませんでした。

そんな中、とあるお店のオフ会で
とあるお店の店主さんや、大阪のラヲタさんたちに出合いました。
飲みながら熱くラーメンを語るうちに
ラヲタの「S」さんから、こんなことを聞かれました。


Sさん : あなたの目的は、なんなんですか!?

私 : 伊丹市を一乗寺のようにしたいです!


酒を飲んだ勢いとはいえ、
今思えば、凄いことを口走ったな・・・なのですが
この一言が、私のブロガーとしての真のスタートでした。

そう、このブログに目的ができたのです。
「伊丹市をラーメンで盛り上げたい。
 美味しいラーメン屋さんで満たされる伊丹市の姿を見たい」
という目的が。

そして私は、阪神間のラーメン屋さんを駆け巡りました。
私は昔から、コレクターではなくリピーターだったので
懇意にさせていただく店主さんが増えました。

私の目的範囲が少し広がり
「伊丹市」→「阪神間」になりました。

私がそこから、ブログ以外にどういうことをしてきたのか。

そんなことをいちいち明言はしませんが、
当ブログを読んでくださってた方なら
お察しいただけていることでしょう。

非常に手間のかかることでしたが
今でも、名前が残っているお店もあります。
ありがたいことです。

その活動を通じて、月日はたつ。
店主さんたちも、その間に色々次へ進まれました。

・自分のお店だけでなく、地域活性化を始めた店主さん。
・信念を貫き続け、強固な行列店へと磨き上げた店主さん。
・新しいコンセプトに挑戦された店主さん。
・毎月限定を作るようになり、新名物を次々生み出していった店主さん。
・チェーン化を目指して、経営者としての自分を磨いた店主さん。
・ラーメン好きの飲食店から、行列ラーメン屋さんを作り上げた方。

もちろん、そんな素敵な店主さんばかりではありません。

・同業者に、ラーメンの作り方を教えてと詰め寄る人。
・勝手に作り方をしゃべりだし、後に「作り方を教えてやった」と豪語する人。
・料理に疲れて、プラモデル化した人。
・お客さんに乱暴な接客をするようになった人。
・営業中に、厨房から店員さんをガミガミ怒る人。

こんな人たちも出てきました。
「成功すれば本性が出る」
多くの店主さんと接しながら、そのことを実感してきました。

喜んだり悲しんだり、ツライ時もありましたが
阪神間の環境は、徐々に変わってきました。

そこから、ビッグイベントをする方々が現れ、正直ホッとしたものです。
このビッグイベントから、メディアの露出度が変わってきたと思います。

もう、これで大丈夫だ。

そう思ったとき
私の中から、このブログを書く目的である
フラストレーションが消えていきました。

そのため、徐々に書かなくなったのですが
このブログは日記ではないので
終わるなら終わると書こうと、ようやく少し書く時間を作りました。


さぁ、
ラストレポは、そんな私のラヲタ活動の間
次々と名物を出されながらも、マイペースを保ち続け
多くの方に、笑顔と美味しいラーメンを提供されてきた
「すっぽんラーメン太尊」さん。

太尊さんは、ご実家の事情で2015年年末を持って閉店され
森下店主は、ご実家の豊橋へ移られることになりました。

お店自体は、先代から15年されてましたが
その間

太尊の前に太尊なく
太尊の後に太尊なし


の状況です。
関西における、究極のオンリーワンのひとつでありましょう。
閉店の報を受け、当然お伺いいたしました。



20151127_202657_656.jpg
すっぽんラーメン太尊さん



(*^∀^)あら麺多浪さん、いらっしゃーい♪


と明るくお声掛けいただいた後
太尊さんのホスト達のお出迎えです。

20151127_202823_464.jpg
ペケ爺・ペケ大臣こと「ペケ君」。
元ホストです(笑)


20151127_212211_757.jpg
現ホストの「サンカク君」

ふたりとも元気だねー♪
猫好きの私としては、ここからすでに癒されます。

20151127_215149_382.jpg
サンカクのホストぶりにメロメロです(笑)

20151127_215201_270.jpg
あー可愛い!


そうこうしながらも、オーダーしました。

20151127_204510_464.jpg
餃子2人前

すっぽんスープをかけて焼く餃子。
「風味」を好む者にとって、これを超える餃子はありません。


ウメェェェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェェェ!!!!!


しっかり意識を持っておかないと
さらに食べてしまいそうです。
ラーメンへ行きましょう(笑)


20151127_220737_560.jpg
20151127_220725_414.jpg

すっぽんという特殊素材を扱う太尊さんが成功されたのは
ただの「すっぽんラーメン」だけでなく

価格帯の違う、松・竹・梅に相当するラーメンがあったからです。
上記写真の2つは「竹」に相当するもの。

すっぽんを足して土鍋で煮込んだ「超すっぽんラーメン」
すっぽんに朝鮮人参など薬膳要素を足した「参亀湯ラーメン」

そして、「松」に相当するのは
すっぽんの肝を足して煮込んだ「VIPラーメン」


(  ̄▽ ̄)おんや?


ここで思いついてしまいました。

「VIPラーメン」に薬膳要素を足したらどうなるのか?
聞いてみれば、+500円でできるとのことでしたのでオーダーしました♪


20151127_210220_240.jpg20151127_210225_753.jpg
どどーんと、やってきました!

20151127_210237_357.jpg
この日いた、ツレが頼んだのは
超すっぽんラーメン

そして私が頼んだものは

VIPラーメン(3800円)+朝鮮人参(500円)というバージョンなので
VIPを超える名前を付けさせていただきました。

ここはやはり、朝鮮人参と
このお店を支えてきたペケ君(ペケ大臣)をかけて・・・


20151127_210252_280.jpg
亀大臣ラーメン(4300円)

香りが強烈です!
奔流というより濁流!

20151127_210708_455.jpg
身、キモ、キンカンの影響で、ただでさえ
舌全体を塗りつぶすほど、強烈すっぽんスープなのに加えて
朝鮮人参が加わることにより、香りとボディの増え方がハンパない!


ウメェェェェェェェ━━━(゚∀゚*)━━━ェェェェェェェ!!!!!


スープのひとくちひとくちに、心を揺さぶられます。
舌の上を、濃密な味が流れていくことに対し
自分の世界に浸ってしまいます(笑)

飲み込んだ後に残る、なんと強く長いアフターか・・・
万単位のワインでも、ここまで長い余韻を残した記憶がない。
なんと恐るべきスープか・・・

20151127_213043_266.jpg
もちろん、スープを残して
雑炊も願いしました♪


太尊の前に太尊なく
太尊の後に太尊なし


まさしく「革命の一杯」です。


今回の「亀大臣ラーメン」は
太尊さん、最後の裏メニューです。

きちんと「亀大臣ラーメン」と言って
オーダーしてください。


年末で疲れている方には、最高級の癒しになるでしょう。
4300円しますが、同じ価格で食べる食べ物では決していたれない癒し度合。

太尊さんは、年末まで営業されます。
ファンの皆様、ぜひ味わってください。

すっぽんらーめん太尊
   住所 : 西宮市小松東町3-8-16 → 地図
営業時間 :  11:30~13:30
         17:00~22:00
電話番号 :  0798-48-4443
  定休日 : 店主さんのブログ、ツィッターにて
   席数 : 14席
 駐車場 : なし(外への監視カメラあり(爆) )


nwahaha.gifワンクリック、ありがとうございましたー!
    ↓



過去の「すっぽんラーメン太尊」さんのレポ
1:すっぽんラーメン
2:どて丼
3:VIPラーメン
4:舞茸と水菜の鍋焼きラーメン
5:カレーラーメン
6:味噌すっぽんラーメン
7:超すっぽんラーメン
8:すっぽん野菜ラーメン
9:キャンドルナイト
10:カレーライス +冷麺
11:VIPラーメン+餃子×2
12:野菜すっぽんラーメン (キャンドルナイト)
13:土鍋野菜カレーラーメン
14:超すっぽんラーメン
15:味噌すっぽんラーメン
16:参亀湯らーめん
17:参亀湯ラーメン
18:土鍋カレーラーメン+餃子
19:野菜味噌すっぽんラーメン ~からあげ復活祭~
20:塩すっぽんラーメン(ポッカポカ麺ロード限定麺)
21:超すっぽんラーメン
22:亀人冷麺 (水無月 冷麺華祭)
23:塩すっぽんらーめん
24:韓流あえ麺 カメ・マゼタ (わくわく和え麺ろ~ど限定麺) (←亀を使った和え麺、日本初!?)
25:すっぽんラーメン 塩
26:VIPラーメン
27:亀蒟根(カメコンコン) (Smiles for MISO 限定麺)
28:塩すっぽんラーメン (春限定バージョン)
29:太尊のだしっ! (ヒヤリンピック限定麺)
30:太尊のだしっ!
31:ビストロ・カメ(秋の麺華祭 中華麺仮装大賞)
32:特濃 参亀湯らーめん
33:超すっぽんらーめんクロ (リアルブラック2 限定麺)
34: 塩すっぽんらーめん+味噌すっぽんらーめん


森下店主
長い間本当にお疲れ様でした。
豊橋に戻られてから、次のステージまで
いろいろ乗り越えないといけないことがあるとは思いますが
時が来れば、私をはじめ多くの方が会いに行くことでしょう。
ですから、「また、お会いしましょう!」でシメさせていただきます。


さて
当ブログを読んで下さった方
本当にありがとうございました。

ラーメンに対するフラストレーションが
別の形で湧き上がってくれば、書くことがあるのでしょうか?
いやいや、もう次の世代にお任せいたします。

私は、OBとして
OBらしい活動を行いたいと思います。
と言いますか、行動はすでに起こしています(笑)
決して表に出てこないものではありますが
私の新しい活動が
皆様に素晴らしいラーメンとの出会いをもたらしてくれると嬉しいです。
それはきっと、私の新たな原動力になるでしょうから。

皆様の笑顔が、素敵なラーメンで結ばれますように。




スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。